犬がほふく前進するのはなぜ?行動の理由や意味を解説!

犬がほふく前進するのはなぜ?行動の理由や意味を解説!

2674
update

犬が腹ばいになってズリズリと寄ってきたり、ほふく前進をしながら草むらを進んでいたりするのを見ると、滑稽な姿に思わず笑ってしまいますが、どうして普通に歩かずにほふく前進をしているのか疑問に感じてしまいます。この記事では、犬のほふく前進にはどんな意味があるのか、経験談を紹介しながら解説します。

2674
update

ほふく前進とは

子犬

pixabay.com

ほふく前進とは、辞書によると「腹ばいになって、腕と足で地面をするように前進すること」です。

イメージしやすいのは、兵隊さんが敵軍に近づく時や隠れて移動する時などに、地面を這うようにほふく前進している姿でしょう。その影響もあり、多くの方はほふく前進と聞くと、周囲に気づかれないように移動するための手段、自分の姿を見られないための進み方と考えます。

ほふく前進する犬の姿は、人がほふく前進する姿とほぼ同じです。伏せをした状態で足をピンと伸ばし、腕を使ってズリズリと前に進みます。ただ、兵隊さんというよりは、赤ちゃんのズリバイのようで微笑ましい動きです。

犬がほふく前進する理由

人は、周囲に自分の存在を気づかれたくない時にほふく前進で移動しますが、犬も同じ理由で行うのでしょうか?

確かに、獲物を捕らえようとしている野生動物は、体を低くして姿を見られないように獲物に近づきますし、天敵から身を隠すためにも腹ばいになって息を潜めることもあります。

人に飼育されている犬も、自分の気配を消すためにほふく前進しているのでしょうか?

犬がほふく前進している姿を見たことがある方は、とてもそうは思えないといわれるでしょう。獲物も天敵も全くいない状態で、ピリピリした緊張感もなく、むしろ楽しそうにほふく前進していたという目撃情報がほとんどだからです。

犬のほふく前進についての経験談

下記は、実際に犬を飼っている方の「犬のほふく前進」に関する経験談です。

廊下の端から端まで勢いよく尻尾を振りながら、ほふく前進でお出迎えしてくれます。最高に嬉しい時にしているので、その子の最大のアピールの仕方がほふく前進なんでしょうね。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419018084
我が家のチワワもよくします。始めは「お腹がかゆのかしら?」とブリーダーさんに聞いてみたら、パパ犬も嬉しい時や名前を呼ばれた時に、ズリズリほふく前進をしながら亀の子みたいにすり寄ってきていたそうです。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419018084
隣の犬もほふく前進していました。興奮するとやっていたみたいです。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419018084

これらの情報から分かるように、飼い犬がほふく前進するタイミングや雰囲気は、気配を消すというよりは、自分の存在をアピールするためのようです。あえて飼い主さんの前で見られるように、しかもハッピーオーラ全開でしていることがほとんどです。

ということは、飼い犬がほふく前進する理由は、周囲に気づかれないためではないことがわかります。

犬のほふく前進の意味

子犬

pixabay.com

気配を消すためでないなら、いったいなぜ速度も遅く、移動しにくいほふく前進をするのでしょうか。結論から言うと、犬のほふく前進自体に深い意味はなく、2つの犬の心理が現れる行動です。

飼い主さんを喜ばせたい

たまたまほふく前進をした時に、みんなが注目してくれたり、飼い主さんが笑ってくれたり、褒めてくれたりしたら、それが成功体験として記憶されます。

犬は飼い主さんに喜ばれることが生きがいですので、「ほふく前進すると飼い主さんが喜ぶ」と学習したら、繰り返し行うようになります。だからこそ、大好きな飼い主さんをお出迎えする時や、飼い主さんに近づく時によくほふく前進をするのです。

「見て見て!嬉しい!?楽しい!?」と飼い主さんを喜ばせようとしているなんて、なんて健気で可愛いのでしょう。ほふく前進するときの犬の表情が幸せそうなのも納得です。

ワクワク

しつけ教室DOGLYの代表、新井隆嘉先生は、ほふく前進する犬は「野生の犬が獲物を捕らえる前のジリジリと寄っていく感じに近く、飛びつく直前のワクワク感が見て取れる」と解説されています。

飼い主さんに美味しいご飯を十分に食べさせてもらい、安心安全な居住環境で生活している現代犬でも犬の本能は変わらないので、時には野生時代の狩猟の名残がでることがあります。自然が豊かな場所でのお散歩や、激しい遊びなど、何かの拍子で野生スイッチが入り、ほふく前進することがあるのです。

そんな時は、「ワクワク♩何捕まえようかな♩」と楽しい気持ちになっているので、そっと見守ってあげましょう。

多くの飼い主さんが、しつけたわけではないのに気づいたらほふく前進するようになったといわれますが、それもそのはず、犬がほふく前進するのは「リーダーを喜ばせたい」「狩りみたいでワクワクする」という犬の本能に基づく心理から来るからです。

もちろん、トレーニングでほふく前進を覚えさせることもできますが、犬の生活上必要のないことなので、無理して教える必要はないでしょう。ただ、犬のほふく前進する姿があまりにも可愛いので、「芸」として教える方もいます。

犬のほふく前進は、意味はないけれど楽しい気分でしていることがわかったので、一緒に楽しみましょう!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー