手ぶらで犬と散歩ができる!「犬が背負うリュック」の用途について

手ぶらで犬と散歩ができる!「犬が背負うリュック」の用途について

2327
update

「犬用リュック」というと、飼い主さんが犬を背負うためのリュックを想像される方もいるかもしれませんが、この記事では犬自身が背負うリュックについてご紹介します。また、犬にリュックを背負わせて良いのか?どんな用途があるか?などの疑問についてもお答えしていきます。

2327
update

犬の散歩に行く時には、水入りペットボトル・エチケット袋・ウェットティッシュ・新聞紙など、いろいろと持っていく必要があります。そのため、「これを全部、犬が自分で持ってくれたらいいのに…」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

「犬は荷物を持てないから…」と諦めていた方も少なくないでしょう。しかし最近では、「犬自身が背負うリュック」が登場しています。このリュックを使えば、犬に自分の物は自分で持っていくようにさせられます。この記事では、犬が背負える便利なリュックについてご紹介します。

犬にリュックを背負わせても大丈夫?

リュックを背負っている犬

pixabay.com

「そもそも、犬にリュックを背負わせて大丈夫なの?」と疑問に思われる方もいますが、結論から言うと、専用のリュックであれば大丈夫です。専用リュックには、体に接する面にプロテクターがついていたり、軽量でバランスが取りやすい作りになっていたり、さらにはマジックテープで微調整ができたりと、犬の体や動きに負担がかからないように作られています。

デザインのバリエーションも豊富なので、飼い犬のサイズやスタイルにあった物を選べます。ただ、持病のある犬や、何か心配なことがある場合は、獣医師や専門家に相談してから着用することをおすすめします。

どんな用途があるの?

リュックを背負っている犬

pixabay.com

犬の散歩の際のマナーポーチとして使うのが一般的です。冒頭でも述べたように、犬の散歩にはいろいろな物を持っていきますが、必要な物を全部犬のリュックに入れれば、飼い主さんは手ぶらでお散歩できます。

マナーポーチは、小さいようで意外とかさばりますし、小さなお子さんがいる方や足元が不安な方は、できるだけ手ぶらでいたいでしょう。

また、散歩のついでに用事を済ませたい時など、マナーポーチと他の物を一緒に持つことに抵抗を感じる場合にも便利です。

別の用途として、ハイキングやバーベキューなど遠出する時に、荷物係として犬に活躍してもらうこともリュックがあれば可能です。重さには気をつけなければいけませんが、大型犬は立派な戦力になってくれますよ。

さらに、犬の筋トレにも使えます。ダンベルみたいにリュックで負荷をプラスして、犬を効率的に運動させてあげるのも良いでしょう。

リュックを使用する際の注意点

注意しないといけないのは重さです。リュックと内容量の重さの合計が、犬の体重の10%~20%以内に収まるようにしてください。例えば犬の体重が15kgなら、リュックの重さは1.5kg~1.8kg以内にします。

特にリュックを使い出した頃は、できるだけ重量を軽くして、犬が負担に感じないようにしてあげてください。リュック自体に戸惑う犬もいるので、必ず飼い犬の様子を見ながら、無理強いしないようにして、徐々に慣らしてあげるようにしましょう。

リュックに慣れたとしても、ちゃんと計測しながら入れて、重さのリミットは必ず守ってください。また、犬の体調や外出先での疲労具合によっても調整してあげましょう。

犬用リュックはとても便利で、安全な設計になっていますが、使い方を間違えると犬の体に悪影響を及ぼしかねません。全ては飼い主さん次第ですので、責任感を持ってケアしてあげてください。

犬にとってのメリット

リュックを背負っている犬

pixabay.com

犬がリュックを背負うことは、手ぶらで散歩できたり、荷物の運搬を手伝ってもらえたりといくつかのメリットがあります。しかし、犬にもちゃんとメリットがあります。

犬にとって、適切な量の荷物を持たされることは決してデメリットではありません。むしろ、メリットなのです。飼い主さんと強い絆で結ばれている犬は、リュックに荷物を入れられると「リーダーから仕事を任せられた」と誇らしく感じます。

そして無事に荷物を運んだり、お散歩を終えて帰ってくると「飼い主さんから委ねられたミッションをやり遂げた!」という達成感を感じます。

群れ意識が強い犬だけに、チームの一員として働けたという意識や仕事をやり遂げた満足感によって、深い喜びを感じることができるのです。

まとめ

リュックを背負っている犬

pixabay.com

犬が背負うリュックには、基本的に何を入れても大丈夫です。ポイントは、それぞれの犬の体重に合わせた重さのリミットを超えないことと、犬の様子を見ながら負担をかけないように調整してあげることです。

このことをしっかり守るなら、飼い主さんは散歩の時にマナーポーチから解放されたり、荷物運びを手伝ってもらえたりできます。犬としても、満足感や達成感を味わったりできます。飼い主さんにも犬にもメリットのある使い方ができるでしょう。

色やデザインもかわいい犬用リュックが、オンラインショップでも販売されているので、ぜひ一度チェックしてみてください。散歩の時間が一層楽しく、快適になること間違いなしですよ。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー