平日は大忙し!犬飼いさんの慌ただしい日常あるある

平日は大忙し!犬飼いさんの慌ただしい日常あるある

4017
update

社会人にとって平日は仕事を頑張る日ですが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、自宅でのリモートワークや外食自粛など、多かれ少なかれ生活に変化が生じたことでしょう。この記事では、ひとり暮らしで犬を飼っている人の「平日あるある」をご紹介します。

4017
update

犬を飼っていると「リモートワーク中に愛犬に邪魔されて仕事がはかどらない」もしくは「自分がかまいたくなって仕事に集中できない」など独特の悩みが生じますよね。

特にひとり暮らしの場合、散歩や食事の支度など、犬のお世話も家事も全て自分一人で行うので、仕事を終えてからの時間配分を上手にしないと、全てをこなすことができません。

そこで今回は、ひとり暮らしで犬を飼っている人の「平日あるある」をご紹介していきます。仕事・犬の相手・お世話・家事など、たくさんのことをどのようにこなしているのかな~?と気になっている人はぜひお読みください。

リモートワークは集中できない!

仕事をしている男性の隣にいる犬

pixabay.com

リモートワーク中の「平日あるある」で一番多いのは、「愛犬のせいで仕事がはかどらない」です。犬が文字通り仕事の邪魔をするだけでなく、イタズラをして困らせたり、構ってもらえないとすねたりすることで発生する現象です。また飼い主さんの方が遊びたくなったり、気になって集中できなかったりという理由でも起こります。

しかし、ちゃんと仕事ができないとなると、社会人として大問題です。皆さん、仕事をきちんとこなせるようさまざまな工夫をしておられますが、ここでは多くの愛犬家が実践している2つの効果的な方法をご紹介します。

コングに夢中にさせる

犬の「構って攻撃」をかわすには「愛犬が集中できる大好きなモノを与えること」がとても効果的です。その点「コング(KONG)」は良いツールです。

「コング」とは、中にドッグフードを入れることができる犬用知育玩具です。遊びながらドッグフードをご褒美のように食べることができるので、大抵の犬は長時間、黙々と遊び続けてくれます。

不規則な動きで転がって犬を楽しませたり、犬が脚で抑えることによってフードを出したり、ゴムの部分を噛んでストレス解消したりなど、犬を楽しませる仕掛けが随所にあります。ひとりでもコングに夢中になって、飼い主さんの存在をしばらく忘れてしまうほどでしょう。犬が夢中になっている間に、一気に仕事を進めましょう。

KONG公式HP

膝の上で寝かせる

甘えん坊のワンちゃんの場合、膝の上に寝かせる方法もありです。抱っこしない限りグズグズすねるワンちゃんであれば、なだめるだけ時間の無駄になります。いっそのこと抱っこして大人しくさせてしまえば、意外とスムーズに構って攻撃を解消できるかもしれません。

「犬が気になって仕方ない」という飼い主さんにとっても、犬の温もりをずっと感じられるので気持ちが仕事に向くようです。

基本的に毎日散歩

2匹の犬の散歩をしている人

pixabay.com

仕事が終わったら、お待ちかねのお散歩タイムです。ワンちゃんたちはこの時間を待ちに待っているので、どんなに予定が立て込んでいる時でも、散歩は必ず行ってあげましょう。

「散歩に行くのが少し面倒」というのも犬飼いあるあるです。しかし最初は行く気がしなくても、ちょっと頑張って出かけたところ「良い気分転換になった」といわれる飼い主さんは多いです。

30分くらい外を歩いて、外気を吸い、体を動かし、街の様子を観察し、愛犬の喜ぶ姿を見て一緒に遊ぶのは、リフレッシュになります。

散歩の機会を利用して、公園でボール遊びをしたり、ダッシュしたり、犬のエネルギーを日々発散させてあげましょう。そうすると、愛犬もストレスがたまらないので、仕事の邪魔をしにくくなるみたいですよ。スムーズなリモートワークのためにも散歩は欠かさず行くようにしてください。

食事の時間も一緒!

ご飯を待っている犬

pixabay.com

「以前は帰宅途中に定食屋でパパッと夕食を済ませたり、同僚と飲みに行ったりしていた」という方は少なくないでしょう。しかしコロナ禍で、自宅で自炊する機会が増えた方も多いはずです。そんな中「どうせ自炊するなら愛犬と一緒に夕飯を楽しみたい」という飼い主さんも増えました。

愛犬に人間と同じものを食べさせるわけにはいきません。しかし飼い主さんが自分用にお鍋を作ったら、具材のお肉を茹でてドッグフードにもトッピングするなど、ほんの少しの共通点を持たせることはできます。

ひとり暮らしだと、テレビやSNSを見ながら夕食を食べる機会も多いと思いますが、愛犬と同じタイミングで話しながら一緒に夕食を囲めば、より家庭的な雰囲気になるでしょう。

しかし近くで夕食を一緒にする場合は注意が必要です。「犬が飼い主さんのご飯を食べたがる」「飼い主さんも少しならいいかとあげたくなる」、これらは危険なあるあるですので、愛犬がどんなに欲しがっても絶対にお裾分けはしないでくださいね。

まとめ

社会人の方にとって、平日は時間の自由があまりないものです。愛犬に合わせてあげることは難しいですが、メリハリをつけて愛犬との時間を楽しんでみてください。

散歩や夕飯など愛犬が楽しみにしているルーティーンをしっかり守って、お互いにストレスをためない自粛期間を過ごせたらいいですね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー