猫の里親になる条件は厳しい?トラブル防止などの理由についても解説

猫の里親になる条件は厳しい?トラブル防止などの理由についても解説

1371
update

飼い主のいない猫ちゃんの里親になりたい。と思う方と里親を待っている猫ちゃんが出会えたらとってもいいですね。双方にとって最高です。ところが、里親になるためには厳しい条件があることを知っていましたか?ではどんな条件があるのか、なぜなのか見てみましょう。

1371
update

猫の里親

Gray and red cat isolated on a white background.

Oleksandr Lytvynenko/shutterstock.com

里親になりたい時NPO法人や自治体、ボランティア団体に問い合わせて、猫を探すことができます。

捨てられた猫や、以前の飼い主がやむを得ない時事情で飼うことができなくなってしまった猫、子猫から老猫まで里親を待っている猫は様々です。

そんな猫たちを少しでも助けるために里親募集は常にしています。

猫の里親の条件

いろんな団体によって多少違いはありますが、大体に共通しているものをあげたいと思います。

まず年齢です。 20~60歳、60歳以上の方は万が一飼育できなくなった後代わりに世話してくれる人が同居していればOK。 6歳以下の子供がいる家庭は不可(猫をおもちゃにして猫がストレスを感じないため)。

他には終生愛情を持って飼うことができること、途中で転勤や引越しで手放さなければならない環境にないこと。

飼育に関して家族の同意を得ていること。

完全室内飼いができること(脱走防止対策や迷子防止対策ができていること)。

アパートだったらペットを飼う許可を得ていること(大家さんの許可書必要)。

販売、動物実験目的でないこと。

猫の登録をし、ワクチンや予防接種を受けさせること。去勢、不妊手術をすること。などがあります。

これらは当然のことといえば当然のことですね。 ところがもっと厳しい条件を付けているところもあります。

例えば、単身不可。男性不可。学生不可。未婚カップル不可。固定電話ない人不可。フリーメールでのお問い合わせ不可。猫が8時間以上留守番する環境になる場合は不可。猫の飼育歴ない人不可。ペット可の賃貸住宅でも不可。子持ち不可。などです。

さらに提出義務証書というものがあって、例えば世帯主の源泉徴収書もしくは預金残高証明書、勤務先電話番号(本当に勤務しているか確認するため)、顔写真提出、身分証明書コピーの提出を求めるところもあります。

里親になった後の義務として毎週写メール等で近況報告すること、寄付、餌の指定(良質なもの)、アポ無し自宅訪問、アポ有り自宅訪問などがあります。

なぜ条件が厳しいの?

Persons hand and a cats paw making a heart shape.  Instagram toned effect.

Suzanne Tucker/shutterstock.com

これらの条件を満たしている人はかなり限られてくることでしょう。

しかし上記で述べた不可条件が一つでも該当する場合、また義務が守れない場合は猫を虐待したり捨てる可能性があるということで里親になれません。

里親を求めている猫たちはほとんどが一度捨てられたり、飼い主と別れる辛い経験をしているので、そんな猫たちに2度と同じ思いをさせたくないという思いから、このような厳しい条件になっているのだそうです。

そしてこれだけ厳しい条件の背後には他にもあるトラブルがあるからなんです。

それが「里親詐欺」「猫虐待事件」です。 里親詐欺とはあまり聞かないかもしれませんが、その実態は善意で猫を譲り受け、その後様々な方法で猫を不幸にします。

そのほとんどは虐待です。 他にも動物実験のために転売したり、別の里親を探して飼育料を請求するなど、目的は様々です。

いずれにしても人間の欲にまみれた結果、猫が犠牲になるという悲しい結果です。

これだけの条件を付けていても里親詐欺や猫虐待は無くなりません。 ですからどんどん条件も厳しくなっていくのかもしれません。

本当に純粋に猫が好きで、里親になりたいと思っている方が多いのも事実です。

一匹でも多くの猫が、ステキな里親の元で幸せに暮らせるようになるといいですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

我が家の猫が出産するとき、家族から離れた静かな環境で育てることが出来るように納屋で出産させたら、子猫たちを誘拐しようとしていた人がいたので家族で身柄を確保して警察を呼んだら、猫の保護団体所属だといっていた。

警察官が「猫を誘拐するような保護団体ってなんだよ。誘拐団体じゃないか」と突っ込んでいました。

生まれたての保護猫は殆ど誘拐したものです。母猫が餌を探しに離れているときに誘拐することが多いみたいです。

こんな人たちもいるので、猫を飼うときは、知り合いや動物病院、ペットショップやブリーダーから迎えてください。

3 名無しさん
通報

猫飼いたくて探してるけど一人暮らしの人は不可ってところが多すぎて全然見つかりそうに無い。出来れば保護猫からって思ってたけどもうペットショップで買った方が楽な気がしてきた…

2 うるうるん
通報

猫の里親になる条件が厳しくなるのはわかりますよね。条件を厳しくすれば貰い手が少なくなってしまうから、譲渡する方も悩むところなんでしょうけど、一度不幸なお別れを経験している猫が多いので、きちんと飼える人じゃないと渡すこともできないし。。。

1 名無しさん
通報

昔ウサギ飼ってて多く産んだから 里親探してたけど まったく人を選ばなかった それとどこが違うんだろう

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー