犬にじゃがいもをあげても良い?与える時の注意点やレシピも紹介します!

犬にじゃがいもをあげても良い?与える時の注意点やレシピも紹介します!

2467
update

じゃがいもにはたくさんの栄養素が含まれており、犬にとっても健康維持にたくさんのメリットをもつ食材であると言われています。この記事では、犬にじゃがいもを与えるメリットや、与える時に気を付ける注意点についてまとめました!犬が喜ぶ「じゃがいもレシピ」も掲載していますので参考にしてみてください♪

2467
update

犬にじゃがいもを与えても大丈夫!

犬とじゃがいも

WilleeCole Photography/shutterstock.com

じゃがいもは、日本でもよく食べられている食材です。肉じゃがやコロッケ、ポテトチップス、ポテトサラダなどは有名です。じゃがいもを茹でたり、焼いたり油で揚げたりするなど、私たちの毎日の食卓によく出る食材ではないでしょうか?

そんなじゃがいもの原産国はアンデスです。現在では、じゃがいもは世界各地でたくさん栽培されています。じゃがいもは意外にもナス科の多年生の作物です。じゃがいもは「馬鈴薯」とも呼ばれています。じゃがいもの種類はたくさんあります。例えば、男爵やメークイン、紅丸、農林一号などがあります。

人間にとってじゃがいもは馴染みのある食べ物ですが、愛犬にじゃがいもを与えても良いのでしょうか?実は、じゃがいもは犬に与えても問題ありません。犬は甘味を好む動物なため、甘味を感じることのできるじゃがいもは犬も喜んで食べる傾向があります。

小麦、大豆、米などの穀類にアレルギー反応がある愛犬向けのグルテンフリーのドッグフードがありますが、そのドッグフードのほとんどにじゃがいもが含まれています。そのため、じゃがいもは犬に与えても大丈夫な食材と言えるでしょう。

犬にじゃがいもを与える利点とは?

じゃがいもに興味を持つ犬

Hortimages/shutterstock.com

愛犬にじゃがいもを与える利点があるのでしょうか?じゃがいもには様々な利点があります。いくつかのメリットを挙げてみましょう。

食物繊維で腸内環境をよくする

じゃがいもの利点として挙げられるのはまず、じゃがいもには水溶性の食物繊維が豊富に含まれていることです。そのため、じゃがいもは犬にとって消化が良く、整腸作用に効果が期待できるでしょう。じゃがいもに含まれている炭水化物は、犬が摂取するとすぐに消化吸収されてエネルギー源になります。

じゃがいもは犬の便秘解消にも効果が期待できるため、じゃがいもを茹でて潰すなどするならば、さらに消化しやすくなるでしょう。また、じゃがいもには犬の腸内にある善玉菌を増やすことに貢献してくれる効果が期待できます。さらに、じゃがいもの炭水化物と食物繊維は、犬の腸内にある乳酸菌やビフィズス菌を増やすことに貢献してくれると言われています。

ビタミンで免疫力アップ

また、じゃがいもにはビタミンCやビタミンB6が多く含まれています。じゃがいものビタミンCはでんぷんに含まれているため、特にビタミンCを摂取することができます。なぜならじゃがいものビタミンCは、加熱しても失われることがあまりないからです。

犬はビタミンCを体内で生成することができます。しかし、老化し高齢になるにつれて、犬はビタミンCを生成する力がなくなっていきます。そのため、ビタミンCを摂取するためにじゃがいもは助けになるでしょう。

ビタミンCはコラーゲンの合成を助けてくれますし、肌を健康にキープする働きがあります。さらにビタミンCは免疫力を高めたり、ストレスを解消したりするのにも役立ちます。

カリウムで高血圧予防

他にも、じゃがいもにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは、体の中にあるナトリウムを排泄して、血圧を下げる働きがあります。そのため、高血圧予防にも良いでしょう。

低カロリーでダイエット向け

その他のじゃがいもの利点として、低カロリーであることも挙げられます。じゃがいもはサツマイモと比較して、同じ量を食べたとしても糖質やカロリーを見ても低カロリーです。そのため、じゃがいもは太りにくい食材として考えられています。

糖質でエネルギー補給

さらにじゃがいもは、赤血球や脳に必要なエネルギーの元となる糖質も含まれています。もし糖質が不足すると犬はどうなるでしょうか?そうなると、免疫機能が低下したり、筋肉の量が少なくなったりしてしまうでしょう。

しかし、糖質を多く摂取しすぎると、それが脂肪になってしまうため注意が必要です。

腎臓病の犬にも良い

また、じゃがいもはリンが少ない食べ物です。そのため、腎臓病の犬にはじゃがいもはおすすめの食べ物と言えるでしょう。そうだとしても、腎臓病などを患っている犬の場合、じゃがいもを与える時は動物病院の先生に聞いてから与えることをオススメします。

水分補給になる

じゃがいもには水分も豊富に含まれているため、あまり水を飲まない犬にオススメです。高齢の犬などは水分をあまりとらないことがありますが、じゃがいもをドッグフードとして、またおやつとして与えるならば水分補給にも繋がります。

さらに、じゃがいもはサツマイモと比較してタンパク質を多く含んでいるので、愛犬の体づくりにも最適と言えるでしょう。

安い

じゃがいもは、他の食材と比較しても安価ですし、栄養が豊富です。愛犬のドッグフードやおやつにもピッタリです。犬のドッグフードとして適量を摂取するならば、良いエネルギー源になりますし、腹持ちに良いと言えるでしょう。じゃがいもには、色々な利点があることが分かります。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー