犬にスヌードやネックウォーマーを着用させるメリットとは?自宅で簡単に手作りに挑戦してみよう!

犬にスヌードやネックウォーマーを着用させるメリットとは?自宅で簡単に手作りに挑戦してみよう!

3404
update

大きなたれ耳がチャームポイントの犬に「これは便利!」といま人気になってきているアイテムがあります。それは犬用のスヌードです。ネックウォーマーとも言われています。今回はそんな犬用のスヌードのメリットについて、また実は簡単に手作りできるその作り方をご紹介したいと思います♪

3404
update

犬にスヌード!?

マフラーを巻く犬

Vitaly Titov/shutterstock.com

大きなたれ耳がチャームポイントのワンちゃんたちに、今「これは便利!」と人気になってきているアイテムがあります。それがワンちゃん用のスヌードです。ネックウォーマーとも言われています。

犬にスヌード!?って思った方もいるかもしれませんが、大きな耳を持つワンちゃんにとってこのアイテムは、大事な可愛い耳が汚れることを防いでくれたり、耳の中の通気性をあげてくれたりする便利なアイテムだったんです。ペット用品を扱うショップなどで、犬用のスヌードやネックウォーマーを見かけたことのある方もいることでしょう。

今回はそんな犬用のスヌードのメリットについて、また実は簡単に手作りできるその作り方をご紹介したいと思います♪

スヌードをするメリット

スカーフを巻く犬

Eric Isselee/shutterstock.com

毛の長い垂れ耳を持つ愛犬と暮らしている飼い主さんにとって、スヌードは必須アイテムと言う方も多いでしょう。また、顔周りの毛の長いワンちゃんや、鼻の短い鼻ぺちゃワンちゃんを飼育している方も愛用しています。

犬用のスヌードもしくはネックウォーマーとは、人間でいうところのヘアバンドのようなものです。髪の長い女性はとくに、顔を洗うときや何か活動をするときに、顔周りの髪が汚れないようにヘアバンドで髪をとめることは多いでしょう。

被毛が長い、または大きな垂れ耳を持つ犬種にとっても、顔周りの被毛や耳の汚れを防ぐためにこのスヌードが活躍してくれるんです。では、犬用のスヌードまたはネックウォーマーを使用している飼い主さんが感じているメリットを具体的にみてみましょう。

メリット①耳が汚れない

スヌードを使用する最大のメリットは、なんといっても耳が汚れるのを防ぐという事です。大きな垂れ耳を持つ愛犬と暮らしている飼い主さんにとって、愛犬の食事のときに愛犬の耳にフードがついて汚れてしまうという経験は当たり前のことでしょう。

どうしても前かがみになって食事をしますから、大きな耳が前に垂れてごはんの中に入ってしまい、汚れてしまうんですよね。だから、ごはん中に耳が汚れないように、いつも飼い主さんが横についているという方もいるかもしれません。

でも、それでは飼い主さんも大変ですし、ワンちゃんもゆっくり食事ができません。そんなときにスヌードをすれば、ワンちゃんの耳が汚れることを心配せずに、ワンちゃんも飼い主さんもゆっくり食事の時間を楽しむことができます。

また、お散歩のときに耳が汚れるのを防ぐために使用している方もいます。いろいろなところを嗅ぎたいワンちゃんにとって、耳が汚れることなんかお構いなしかもしれませんが、飼い主さんにしたら毎回お散歩のあとに耳の汚れを落とすのは大変ですね。ワンちゃんが嫌がっているとなおさらかわいそうに感じてしまうでしょう。

メリット②顔周りの長い被毛の汚れ防止にも!

大きなたれ耳を持つ犬種以外でも、顔周りの飾り毛が長くて、食事中にどうしても顔周りが汚れてしまうという事もあります。細くて繊細な被毛を持つ犬種だと、汚れが固まると拭いてもなかなか取れずに困るという事もありますよね。

そのままにしておくのはもちろん衛生的に良くないし、愛犬にとっても可哀想です。だからごはんの時にはスヌードをつけて、顔周りの被毛を汚さずに食事ができるようにしている飼い主さんもいます。

特に、ドライフードではなく手作り食だったり、ウェットフードを与えていたりする飼い主さんにとっては必需品だったりしますね。

メリット③耳のしもやけ防止になる

日本の冬はとても厳しいですが、それでもワンちゃんは外にお散歩に行きたがるかもしれません。外の空気を吸ってお散歩するのは、ストレス発散のためにも健康のためにも良いことです。

でも、ときに耳がしもやけのようになって、かさぶたができるほどになってしまうワンちゃんもいるようです。耳の血行が悪くなることでかさぶたができ、それが進行するとなんと出血や膿が出てしまったというワンちゃんもいるようでした。

そのような時にはもちろん病院に連れていき、適切な治療を受けられるようにしてあげる必要がありますが、予防として愛犬の耳を外気から守るためにスヌードをするという方もいるようです。

犬にとって、耳は周りの大切な情報を収集するための重要な器官の1つでもありますので、お散歩中にスヌードをつけるかどうかは、もちろん飼い主さんがメリットとデメリットを考えて決める必要があります。ただ、寒い季節の愛犬の耳のしもやけ防止の一つとして、このアイテムを活用することもできるわけですね。

メリット④耳の中の通気性がよくなる

垂れ耳の犬種がかかりやすい病気の中に外耳炎があります。なぜかというと、垂れ耳の犬種は湿気が耳の中に溜まりやすいからです。それで、スヌードを使用して少しの間通気性をよくしているという方もいるようです。

でも、ワンちゃんにとって洋服とかスヌードはストレスになってしまうこともあります。もともとそれらを着用する習慣はないのですから、もし長時間圧迫されていたり、不快感が続いたりすると、スヌードを見るだけで嫌がるのも無理はありません。

それで、メリットがあるとはいえ愛犬が嫌がっているのであればあまり無理はせず、少しづつ慣れさせてあげるとよいでしょう。また、愛犬のサイズにあったスヌードを着用するというのも大事です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー