ミニチュアダックスフンドに服を着せるメリットとは?手作りする方法も解説!

ミニチュアダックスフンドに服を着せるメリットとは?手作りする方法も解説!

3166
update

ミニチュアダックスフンドに服を着せる方は少なくないでしょう。服を着せることには賛否両論ありますが、服を着せるメリットは決して少なくありません。今回は服を使うメリットと、手作り服の作り方を紹介します。

3166
update

はじめに

みなさんは愛犬に洋服を着せていますか?愛犬が服を着ることに関して肯定的にみている方もいれば、どうして動物が服を着るんだ?と思われる方もいます。ただ、犬が服を着ることには様々なメリットもあります。

特にミニチュアダックスフンドが服を着ることには様々なメリットがあるんですよ。しかし愛犬にぴったりの服を見つけることは簡単なことではありません。ぴったり合った服選びに苦労されている方は少なくないようです。それなら自分で愛犬のための服を作ってはみませんか?思っているよりも簡単にできますよ。

ミニチュアダックスフンドに服を着せるメリット

服を着ている二匹のダックスフンド

Liliya Kulianionak/shutterstock.com

服を着ている犬を見たときに、ある人たちは、「動物が服なんか着てなんなんだ?」と思うことがあるようです。もしかしたら飼い主さんのエゴで服を着せられているんだ、と感じているのかもしれませんね。確かに可愛い愛犬をもっと可愛くするために可愛い服を着せている方もいることでしょう。

しかし犬が服を着ることには数々のメリットがあるんです。

ではここではミニチュアダックスフンドが服を着ることのメリットを紹介したいと思います。

抜け毛、臭い予防

一つ目は抜け毛やにおいの防止です。

毛の生えている犬や猫はどうしても抜け毛の問題が発生します。特に年に2回の換毛期には大量の毛が抜けるようになって、毎日掃除をしても間に合わないくらい毛が抜け落ちることがあるでしょう。

ミニチュアダックスフンドはダブルコートの犬種ですので、換毛期の抜け毛の量はかなりの量になります。換毛期にはもちろん毎日ブラッシングを行いますが、それでも抜け毛をゼロにすることは不可能です。

そんなときに服を着せることで部屋の中に落ちる抜け毛の量を減らすことができるのです。これによって掃除もだいぶ楽になるでしょう。

さらにすべての犬に共通することですが、犬には独特の体臭があります。これも服を着せることによって体臭を閉じ込めることができるので臭い対策になるともいえるでしょう。

ノミやダニから守る

被毛のある犬や猫はどうしても「ノミ、ダニ」などの寄生虫が寄生しやすくなっています。特にお散歩で外に行ったときに草むらなどで寄生される可能性が高くなっています。

ノミやダニなどの寄生虫が寄生しないように予防薬を飲んでいるかもしれませんが、被毛の長い犬や猫は被毛に付着する可能性が高く、そのまま家に持ち帰ってしまうなんていうこともあるでしょう。こうして持ち帰ったノミやダニの死骸や糞などがアレルギーの原因になることだってあるのです。

しかし散歩の時に服を着せていれば、直接被毛にノミやダニがつくことを予防できます。

特にロングコートやワイヤーコートのミニチュアダックスフンドは服を着ることで、ノミやダニが寄生することを予防することができるでしょう。

暑さや寒さから守る

ミニチュアダックスフンドは寒さに弱い犬種だといわれています。

ミニチュアダックスフンドは3種類の被毛「スムースコート」「ロングコート」「ワイヤーコート」がありますが、特にスムースコートは被毛が短い短毛種です。被毛が短いため体温を被毛の中に閉じ込めておくことができないため、冬場は寒さに弱いという特徴があります。特に日本の冬は寒くて乾燥しているため寒さが身にしみます。

また冬だけだなく夏でも寒さ対策は必要です。

ロングコートやワイヤーコートのミニチュアダックスフンドでも、夏は毛を短くするサマーカットをするかもしれませんね。そうすると冷房の効いた室内では寒さを感じるかもしれません。そんなときでも服を着ていれば寒さ対策ができるのです。

そして暑さ対策という面から考えると、夏場は日差しが強くなって散歩をするときにも陽が直接当たるとかなり暑くなります。また太陽に熱せられたアスファルトはかなりの熱さになっています。照り返しも厳しくなっています。ミニチュアダックスフンドは胴長短足なため体の位置が地面に近くなり影響を大変受けやすいといえます。そのため熱中症になりやすかったりやけどしやすいといえます。

こうした暑さから身を守るためにも服を着せると良いということができるのです。

・跳ね上げ汚れ防止 跳ね上げ汚れ防止もミニチュアダックスフンドならではです。

ミニチュアダックスフンドは胴長短足のため、悪天候の中や濡れた地面を歩くとおなかの毛が地面について汚れてしまいます。スムースコートのミニチュアダックスフンドでしたら汚れたとしても、簡単にきれいにすることができるかもしれませんが、ロングコートやワイヤーコートのミニチュアダックスフンドとなると汚れを取るのが大変になります。汚れたたびにシャンプーをするというのも手間ですね。

だからと言って、散歩をしなかったら運動不足になって肥満になってしまいます。運動の好きなミニチュアダックスフンドにとっても散歩に行けないことは大きなストレスとなってしまいます。

ですからこんな時にも服を着せれば、跳ね上げ汚れを防止することができます。特に雨の日は犬用のレインコートや撥水加工の服がおすすめです。

ミニチュアダックスフンドに服を着せるときの注意点

飼い主の膝の上にいる可愛いダックスフンド

Dora Zett/shutterstock.com

このようにミニチュアダックスフンドに服を着せることには多数のメリットがあります。ただし服を着せるときにはいくつか気を付けてほしい点もあります。

無理やり着せない

今まで服を着たことがなかった犬に突然服を着せると嫌がるかもしれませんね。中には素直に着せてくれる子もいますが、ふつうは嫌がるものです。

そんなときは無理やり着せるのはやめましょう。無理やり着せることはストレスの原因になりかねません。

でも服を着せることには多々メリットがあります。ですから服を着せるのにも少しずつ慣らしてあげることが大切です。着やすい服を短時間着せて徐々に慣らしましょう。

長時間着せっぱなしにしない

服を着せることにはメリットもありますが、長時間着せたままにしていると、毛玉ができたり蒸れたりすることがあります。特にロングコートやワイヤーコートのミニチュアダックスフンドの場合は、服を着せることで服の記事と被毛がこすれて毛玉ができやすくなります。ですから服を着せっぱなしにするのではなく、たまに服を脱がせて丁寧にブラッシングをしてあげましょう。

冬場は服を着なくても大丈夫なような快適な空間を用意してあげるといいですね。

服のサイズ表記に注意

ミニチュアダックスフンドは他の犬とは違って胴長短足な特殊な体系をしています。

そのため洋服のサイズ表記も他の犬とは異なっています。間違ってチワワやトイプードル用の服を買ってしまうと胴の長さが足りなかったり、胸の部分が苦しかったりするでしょう。

既製服を買う場合は「DS」「DM」といったように最初にダックスフンドの「D」がついています。よく確認してから買いましょう。

そしてサイズのあったものを選んであげましょう。サイズが違うものを選ぶと、窮屈なためストレスを与えたり、大きくて怪我につながったりもする可能性があります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー