犬はマズルの長さで種類が分かれる?それぞれの特徴や主な犬種を紹介!

犬はマズルの長さで種類が分かれる?それぞれの特徴や主な犬種を紹介!

2596
update

犬は大きさや用途で分類されることがありますが、犬をマズルの長さで3種類に分けることもできます。簡単に言うと鼻が高いか低いかということです。それぞれの特徴や主な犬種を紹介します。さらに飼育をする上での注意点についても解説するので参考にしてください。

2596
update

犬はマズルの長さで種類が分けられる

犬のマズル

Javier Brosch/shutterstock.com

犬を大きさや用途で分類することがありますよね。大型犬、中型犬、小型犬、超小型犬で分類したり、愛玩犬、牧羊犬、使役犬、テリアなどで分類したりすることもあります。

犬をマズルの長さで3種類に分けることもできます。分類の基準となるのはマズルと頭蓋骨(スカル)の長さです。マズルとは口吻とも呼ばれることがあり、目頭辺りから鼻先までのことを言います。頭蓋骨は目頭辺りから耳の付け根くらいまでのことを言います。マズルの長さと頭蓋骨の長さを基準にして3種類に分けることができます。

さて、今回はマズルの長さで犬を分類してみましょう。簡単に言うと鼻が高いか低いかということです。それぞれの特徴や主な犬種を紹介します。さらに飼育をする上での注意点についても解説するので参考にしてください。

長頭犬種

マズルと頭蓋骨の長さが同じか、マズルのほうが長いと「長頭犬種」に分類することができます。

鼻が高くて高貴な印象を与える犬種が多くいます。長頭犬種は全体的に走るのが得意な犬が多いのも特徴です。鼻先が新幹線のようにとがっていて、風の抵抗を受けにくいため、かなりのスピードで走ることができます。

用途によって改良を繰り返し犬種の作成をしてきた歴史がありますが、視覚ハウンドなどは獲物を優れた走力で捕らえる必要があるため、マズルが長くなったと考えることができます。狩猟の他にもドッグレースで活躍する犬種は長頭犬種がほとんどです。中には時速60㎞から70㎞で走ることのできる犬種もいるんですよ。

中頭犬種

マズルが頭蓋骨よりも少し短いと「中頭犬種」に分類することができます。

中頭犬種はもともとの犬の姿だということができます。犬の祖先はもともと中頭犬種でしたが、用途に合わせて改良が行われ、マズルが長い犬種やマズルが短い犬種が誕生するようになりました。スカルの長さで犬を分類すると、この中頭犬種の数が最も多いということができます。

短頭犬種

頭蓋骨の長さに比べてマズルの長さが極端に短い犬を「短頭犬種」に分類することができます。用途によって改良されたと述べましたが、どのような理由でマズルが極端に短い犬を作成したのでしょうか?理由は2つ考えることができます。

1つ目は闘犬として改良された犬たちです。マズルを極端に短くすることによって、噛みつきやすくなります。鼻が上向きになっているので、噛みついたまま呼吸をすることもできます。犬同士を戦わせる闘犬もいれば、牛や熊を相手に戦わせるブルバイティングやベアバイティングなども行われてきました。短頭犬種と言うと怖いイメージがあるのもわかりますよね。

2つ目は愛玩犬として改良された犬たちです。いつまでも子犬のような見た目の愛玩犬を作出するために、鼻ペチャのかわいらしい犬たちが誕生するようになりました。目がクリッとして大きく、鼻ペチャの小型または超小型犬はかわいらしいですよね。

主な長頭犬種の種類と注意点

ミニチュアダックス

NORRIE3699/shutterstock.com

長頭犬種にはどんな種類の犬がいるのでしょうか?主な長頭犬種を紹介しますね。さらに長頭犬種を飼育する上での注意点を解説します。

・イタリアングレーハウンド 日本では「イタグレ」とも呼ばれて人気があるイタリアングレーハウンドは長頭犬種です。グレーハウンドは狩猟犬として優れた能力を持つ犬種ですが、それをさらに小型にしました。ローマ貴族の間で人気が高かったイタリアングレーハウンドは、小型でほっそりとしていながらエレガントな印象を与える犬種です。

落ち着きがあって愛情深い性格のイタリアングレーハウンドは、日本でも人気のある犬種です。とはいえ狩猟犬の血が流れているため、運動が得意で活発でもあります。足が速いので、散歩のときに急に走り去ってしまうことがないように注意する必要があるでしょう。

・ウィペット イギリス原産のウィペットはグレーハウンドを祖先犬としており、小さな頭と長いスカルが特徴的な長頭犬種です。ウサギなどから畑を守るために作出されたとされる犬種ですが、やがてドッグレースでも活躍するようになりました。時速60㎞ほどの速さで走ることができるとも言われている優秀なスプリンターです。

ウィペットの体形は流線型と呼ばれ、バランスの取れた体つきをしていることで知られています。無駄のない筋肉と骨格など、美しくてバランスの取れたルックスは世界中の愛犬家の注目を得ています。おとなしくて争いを好まない性格を持ち、飼い主や家族に愛情深いことでも知られています。

・ダックスフント 胴長短足の代表的な犬種であるダックスフントもマズルが長い長頭犬種です。アナグマ猟で活躍してきた犬種ですが、巣穴に入り込みやすいように改良されて胴長短足になったと言われています。スカルが長いのもそのためかもしれませんね。足が短いですが、素早く走ることができます。

アナグマだけでなく、キツネやウサギなどその他の小動物の狩猟にも適するように、サイズの小さいダックスフントが作出されました。現在ではスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類のダックスフントがいます。

日本で人気があるのはミニチュアダックスフントですね。とても活発で陽気なかわいらしい犬種ですが、頑固なところもあるので手強いとも言われています。

長頭犬種の注意点

長頭犬種は鼻が高いため、運動中やふりかえったときに鼻先をぶつけてケガをすることがあるので注意が必要です。全体的に運動が好きな犬種が多いですので、十分な運動量を確保する必要もあります。またエリザベスカラーをつけるときは、小型犬の場合、Sサイズだとスカルが出てしまうことがあるので注意しましょう。

長頭犬種は走るスピードが速い犬種が多く、散歩中に勝手に飛び出してしまわないようにしっかりとしつけておく必要があります。小動物を追いかけて走り始めると、夢中になって帰ってこないということもあります。

主な中頭犬種の種類と注意点

柴犬

Seregraff/shutterstock.com

1番種類が多いとされる中頭犬種の中から代表的なものを紹介します。中頭犬種を飼育する上での注意点も解説しますね。

・コーギー 日本でも人気のあるコーギーはスカルと頭蓋骨の長さのバランスがいい中頭犬種です。日本でコーギーと言うと、ウェルシュコーギー・ペンブロークのことを指します。似たような犬種でウェルシュコーギー・カーディガンもいますが、どちらもウェールズで牧畜犬として活躍してきた犬種です。王室でも飼育されてかわいがられてきた犬種ですよ。

牛や羊のかかとに噛みついて追いかける仕事をしてきました。その時に踏まれないように、胴長短足の体つきに改良されたと言われています。非常に活発で明るい性格の犬種で、食いしん坊なことでも知られています。食べ過ぎて肥満にならないように気をつけないといけませんね。

・ラブラドールレトリバー ラブラドールレトリバーも言わずと知れた人気犬種ですよね。イギリス原産のこの大型犬は実用犬として非常に高い能力を持っているため、盲導犬、麻薬探知犬、災害救助犬などとして活躍しています。飼い主に対して従順で攻撃性もないので、飼育しやすいとして世界中で人気があります。

泳ぐことが得意で体力があるラブラドールレトリバーは、アクティブな飼い主にとってピッタリのパートナーになるでしょう。性格が良くて判断力にも優れていますが、大型犬なので飼育スペースが必要になります。

・柴犬 日本犬の一種で昔から日本人の生活に身近な存在となってきた犬種です。柴犬は日本だけでなく世界でも人気のある犬種です。狩猟犬または番犬として活躍してきた犬種ですが、現在では家庭犬として人気があります。柴犬を題材にした映画などもたくさんあるので非常に親しみやすいですよね。

柴犬は家庭犬として人気がありますが、初心者にはあまり向いていないと言われることがあります。狩猟犬として活躍してきた犬種であり、指示がなくても自分で判断して行動する能力に優れています。そのため自立心が強く、扱うのが難しいことがあります。

中頭犬種の注意点

スカルが長すぎず短すぎずの中頭犬種はバランスの取れた犬種だということができます。中頭犬種ゆえの注意点はあまりありませんが、それぞれの犬種の特徴をよく知るようにして、特徴に合わせて飼育するようにしましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー