ノルウェジアン・ブーフントの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

ノルウェジアン・ブーフントの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

4108
update

ノルウェジアン・ブーフントの性格や飼い方や歴史についてご説明します。

4108
update
ノルウェジアン・ブーフントの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介
Portrait of a dog

Lenka Molcanyiova/shutterstock.com

名称:ノルウェジアン・ブーフント 性格:勇敢で活力に満ち、人なつっこい 寿命:12~15歳 体重:12~18kg 体高:41~47cm 毛色:ウィートン(ビスケット)、ブラック 値段相場希少犬種のためペットショップでの取扱いはほとんどなし、ブリーダー不明

ノルウェジアン・ブーフント Norwegian Buhund
ノルウェジアン・ブーフント Norwegian Buhund
ノルウェジアン・ブーフント Norwegian Buhund

ノルウェジアン・ブーフントの性格

日本国内で犬籍の登録や血統書の発行などを行っている一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)によると、ノルウェジアン・ブーフントはノルウェー原産の中型犬です。

パワフルな牧羊犬らしく脚などは筋肉質で、力強さとすばしっこさを感じさせる体型をしています。ピンと尖った耳やくるりと巻いたしっぽは日本の柴犬や秋田犬とよく似ており、一回り大きい柴犬のようだと思う人もいるかもしれません。

性格は勇敢で活力にあふれており、仕事をするのが大好きです。人なつっこさも兼ね備え、家族はもちろんのこと、子どもやほかの動物とも仲良くなります。犬との暮らしをアクティブに楽しみたい人にぴったりの犬種だといえるでしょう。

ノルウェジアン・ブーフントの平均寿命

ノルウェジアン・ブーフントは小さめの中型犬で、平均寿命は12~15年です。サイズからすると平均的な寿命だといえるでしょう

ノルウェジアン・ブーフントの平均体重

ノルウェジアン・ブーフントの体重は、ジャパンケネルクラブにおいてオスが約14~18kg、メスが約12~16kgとされています。この範囲内に収まっていれば理想体重だといえるでしょう。

ノルウェジアン・ブーフントの平均体高

ノルウェジアン・ブーフントの体高は、ジャパンケネルクラブにおいてオスが43~47cm、メスが41~45cmとされています。

ノルウェジアン・ブーフントの毛色(カラー)

ノルウェジアン・ブーフントの毛色はウィートン(ビスケット)またはブラックです。ウィートン(ビスケット)はさまざまな色調のものが見られます。 いずれのカラーも、ホワイトはできる限り少ないほうが望ましいとされています。

ウィートン(ビスケット)
Norwegian Buhund Running on a Dog Walk at an Agility Trial

Mark Herreid/shutterstock.com

  • ウィートン(ビスケット)
  • ブラック

ノルウェジアン・ブーフントが成犬になるまでの期間

ノルウェジアン・ブーフントは、体重が15kg前後になる小さめの中型犬です。成犬になるまでにはおよそ10~12カ月ほどかかります。

※成犬とは身体的な成長が止まることです。

ノルウェジアン・ブーフントの鳴き声

ノルウェジアン・ブーフントは、不審者や侵入者を察知すると吠えて飼い主に知らせる番犬でもありました。そのためよく吠える犬種で、吠え声は大きくて甲高く、都市部や住宅密集地では周囲に響いて気になるかもしれません。

無駄吠えを減らすしつけが重要なのはもちろんのこと、ある程度は吠えても問題ない環境のほうが適しています。

ノルウェジアン・ブーフントがかかりやすい病気

病名時期や症状治療費
股関節形成不全股関節が変形し、歩行に異常が見られる。遺伝が多い。約40万
フォン・ヴィレブランド病出血が止まりにくくなる遺伝性の病気。根本的な治療法は存在しない。不明
白内障目の中の水晶体が白く濁る病気。失明することもある。外科手術を行う場合は20万円~
皮膚炎皮膚に炎症が起こり、湿疹や脱毛といった症状が出る病気。外科手術を行う場合は20万円~

※症状や病院によって金額は変わってきますので、かかりつけの動物病院で確認してください。

ノルウェジアン・ブーフントは基本的に丈夫で健康な犬種です。 しかし北欧原産の犬ゆえに高温多湿の環境には弱く、環境が引き起こす皮膚炎や熱中症に気をつけなくてはいけません。

気温が22~23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。陽気を感じる季節になったら、窓を開けて風を通し熱がこもらないようにするなどの対策を始めましょう。夏期には昼も夜もエアコンをつけ、快適な室温と湿度を保ちます。

ノルウェジアン・ブーフントの体臭

ノルウェジアン・ブーフントはほとんど臭いません。短い被毛は定期的なブラッシングだけで清潔に保つことができ、手入れも簡単です。被毛が臭うときは汚れがたまっている証拠でもありますので、お風呂に入れてあげましょう。

ノルウェジアン・ブーフントの飼い方

ノルウェジアン・ブーフントは湿気や暑さに弱い犬種ですので、基本的に室内で飼育します。小さめの中型犬ではあるものの、活動的でよく吠えるため、集合住宅や住宅密集地で飼うのはあまり向いていません。屋内・屋外を問わずある程度自由に動き回れるスペースがあり、多少の吠え声は気にならないような環境が必要になってくるでしょう。

無駄吠えのしつけは必須ですが、賢く独立心があり、トレーニングしやすいため初心者にも飼いやすい犬種だといえます。人間の子どもや猫などの小動物にもやさしく、子犬のうちから一緒に過ごせばすぐに仲良くなるでしょう。被毛の手入れも簡単です。

活発なことに加え基本的に健康かつ頑丈で、犬と一緒に積極的に体を動かしたい人に適した犬だといえます。

ドッグフードの量・回数

基本的に成長に合わせた総合栄養食を、記載量の通りに与えていれば問題ありません。

フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的には1日2回で問題ありません。

成長が止まったら、成犬用のフードに切り替えます。成犬に栄養を与えすぎると肥満の原因にもなります。子犬用のフードでは栄養過多になってしまいますので、適切な時期に切り替えるのが重要です。

食べさせてはいけないもの

犬が食べてはいけない食べ物ネギ類全般(にんにく・ニラ・玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般
犬は避けたほうがいい食べ物ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず

上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

犬に与えてはいけない食べ物!食べてしまった時の対処法もご紹介!

犬という生き物は、いい香りがしたりすると食べ物じゃなくても口に入れてしまいます。 でも、犬には食べさせてはいけない食べ物も存在します。食べてしまうと命の危険もあるので要注意です。 今回は、そんな食べ物を食べてしまった時の対処法も合わせてお話していきます。

https://mofmo.jp/article/19619

また犬が苦手な食べ物として、犬は臭覚が優れているため酸み・辛み・苦みに対する感覚がとても敏感で、においを嫌がります。

  • 柑橘類
  • 酢類
  • スパイス類
  • クセのある葉物野菜

上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。

抜け毛の量

ノルウェジアン・ブーフントはダブルコートの犬種です。被毛は短く密に生えており、抜け毛の量はやや多めです。 通常は週に2〜3回、ラバーブラシやスリッカーブラシなどを用いてブラッシングしてあげましょう。

春と秋の換毛期には抜け毛がさらに増えるため、ブラッシングの時間や回数を増やして念入りにブラッシングします。

お風呂の入れ方

ノルウェジアン・ブーフントは、こまめにお風呂に入れなければならない犬種ではありませんが、汚れがひどいときや臭うときはシャンプーしてあげましょう。被毛が短いため、洗うのにも乾かすのにもさほど手間はかかりません。

小さめの中型犬ですので、人間用のバスタブなどを利用してお風呂に入れることが可能ですが、犬用のバスタブなどがあるとなお便利です。 お風呂に入れる前にはブラッシングをして、ある程度汚れを落としつつ毛並みを整えておきます。

シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。
また、子犬のお風呂は初めてのワクチンを接種してからにしましょう。それまでに体が汚れてしまったら、濡れタオルやウエットティッシュで拭くだけにとどめます。

子犬と成犬それぞれのお風呂の入れ方について紹介します。

ノルウェジアン・ブーフントの子犬のお風呂の入れ方

  1. 怖がらないようおもちゃなどで遊ばせつつ、やさしく声をかけながら、ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。飽きたり怖がったりすると動き回ることがあるため、手早く行います。顔や鼻には水がかからないように注意します。顔は濡れたタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。

ノルウェジアン・ブーフントの成犬のお風呂の入れ方

  1. ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。顔や鼻には水がかからないように注意し、耳の中にも水が入らないようにしましょう。顔は濡れタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。
  4. 送風口から30cm以上離してドライヤーで乾かします。

最適な散歩時間

ノルウェジアン・ブーフントは活発で運動量が多い犬種ですので、散歩が大好きです。1日2回、1回につき1時間程度を目安に連れていってあげましょう。

歩くだけではなく、ダッシュしたり、フリスビーやボールを追いかけたりとハードな運動を取り入れると効果的です。仕事をして役割を果たすことを好むため、ドッグスポーツに打ち込むなど、肉体的にも精神的にも満足させてあげましょう。

ノルウェジアン・ブーフントのしつけ方法

ノルウェジアン・ブーフントは警察犬や介助犬を務めるほど賢く、訓練性能が高い犬ですので、しつけはしやすいといえます。トレーニングは短時間で集中して行い、上手にできたときは褒めましょう。食欲旺盛なため、音とおやつでしつけるクリッカートレーニングも効果的です。

しつけのためには、飼い主と犬との信頼関係が重要です。人間がリーダーだと教えるために、感情的にならず毅然とした態度で接し、日常的に正しいコミュニケーションをとりましょう。

トレーニング中に失敗したとしても、叩いたり頭ごなしに叱ったりするのはもってのほかです。人間の子どもと同じように上手にできたときは愛情を注いで褒め、根気よくルールを覚えさせていきましょう。

トイレのしつけ方

室内で犬を飼うときに重要なのがトイレのしつけです。子犬を迎えたら、すぐにトイレのしつけをしましょう。 しつけの開始時期が遅れると、犬が自分でトイレの場所を決めてしまい、矯正するのが難しくなってしまいます。トレーニング中に失敗したときは淡々と片づけ、イライラしないのが大切です。

もし、里親制度や保護犬譲渡制度を利用して成犬を引き取るのであれば、子犬以上に根気よくしつける覚悟が必要です。

成犬になると排泄回数が減るぶん、トレーニングには時間がかかります。ただ、ノルウェジアン・ブーフントは日本ではほぼ飼育されていない犬種ですので、成犬を引き取る機会は訪れないかもしません。

  1. 身体の大きさに合ったトイレトレーをケージ内に設置します。トイレを覚えるまではケージ内に他の物を置かないようにすると良いでしょう。
  2. 起きた後や食後は排泄のタイミングです。うろうろしたり床のニオイを嗅いだりし始めたら、やさしくトイレに誘導してあげましょう。
  3. 上手にトイレができたら思いっきり褒めてあげることも大切です。トイレが済んだらケージから出してあげましょう。

無駄吠えのしつけ方法

ノルウェジアン・ブーフントを飼育するうえで、無駄吠えのしつけは欠かすことができません。声も響くため、よく吠える犬になってしまっては飼い主や周囲が困ることになります。 番犬を務められるだけの注意深さがあり、吠えて野生動物を追い払うことを仕事としていた犬種ですので、どんなときに吠えるかを見極めながらしつけていきましょう。

また、運動不足によるストレスから吠えやすくなることもあります。場合によっては散歩の時間や運動の内容を見直すことが必要です。

  1. 犬が吠えているときはその原因について探ります。原因を取り除いたり、慣れるようにトレーニングしたりすることによって無駄吠えも落ち着いていきます。
  2. 子犬のうちから他の犬や生活音などの刺激に慣れさせておくことも大切です。
  3. 無駄吠えをしたときは反応しないようにしましょう。吠えても何も起こらないと学習すれば、無駄吠えも自然と減っていきます。

噛み癖のしつけ方法

ノルウェジアン・ブーフントは吠えやすい一面はあるものの、攻撃性の高い犬種ではありません。もしも人や動物を噛んでしまうときは原因を探り、噛んではいけないことを教えていく必要があります。

歯が生え替わる時期は、しきりにものを噛もうとします。これは乳歯が抜ける前の違和感による行動で、通常は永久歯が生え揃えば落ち着くため問題ありません。 噛んでもいいおもちゃなどを与えましょう。

  1. 手などを噛まれたときに大きな声を出してしまうと、喜んでいると犬は勘違いしてしまいます。絶対に反応しないようにしましょう。
  2. 噛まれたときはおやつを握った手を鼻まで近づけ、気をそちらに向けさせます。犬が噛むのを止めたらおやつを与えて褒めてあげましょう。これを繰り返し、噛むのを止めれば良いことが起きると学習させていきます。

待てのしつけ方法

犬の行動をコントロールするための「待て」は、いたずらをやめさせるときなどに役立つしつけです。ドッグランやドッグカフェ、動物病院など、社会性を求められる場所でも効力を発揮します。いざというときに衝動的な行動を制御するためにも、「待て」のしつけは重要です。

「待て」は、「おすわり」や「伏せ」ができることが前提のしつけです。「待て」の前に、「おすわり」「伏せ」のトレーニングをしておきます。

  1. おやつを用意し、「待て」の合図を出してから1秒後にそれを与えます。1秒待てたら2秒、2秒待てたら3秒、という風に少しずつ間隔を長くしていきます。
  2. 10秒まで待てるようになったら、待ての合図後に一歩下がってみましょう。できたら徐々に距離を取っていきます。
  3. 同時に解除の合図を出して、食べても良いタイミングについても覚えさせるようにしましょう。

留守番のしつけ方法

1匹で留守番をさせるときに、犬が寂しさや不安を感じていたずらをすれば後で困ったことになります。声がよく響く犬種ですので、もしも留守番中にずっと吠え続けるようなことがあると近隣への迷惑にもなりかねません。 とはいえ、ノルウェジアン・ブーフントは自立心のある犬種ですので、きちんとしつければ上手に留守番できます。

留守にする前に犬が快適に過ごせるよう夏や冬などはエアコンを効かせ、飲み水をたっぷり用意しておきます。

  1. まずは別の部屋に移動するなどして、短時間の不在から始めてみましょう。問題がなければ不在時間を徐々に長くしていきます。
  2. 留守番の前には犬が快適に過ごせる環境にしておきましょう。室温や飲み水、お気に入りのおもちゃなどを準備しておきます。
  3. 犬が寝ている間に出かけるのも一つの方法です。外出前に遊びの時間をたっぷり取ったり、食事の時間を調節したりするなどしておくと、犬もお昼寝しやすくなります。

保護犬の里親情報をチェック!

shutterstock.com/foster_parent

家族として犬を迎えることを検討されている場合は、「保護犬の里親になる」という選択肢もぜひご検討ください。 新たな飼い主さんのお迎えを待っている子たちがたくさんいます。

中型犬の里親情報を見る
※外部サイトへ移動します。
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー