エストレラマウンテンドッグってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

エストレラマウンテンドッグってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

5135
update

大きい犬、強そうな犬が大好き!という方におすすめなのが、「エストレラマウンテンドッグ」という犬です。日本ではまだまだ馴染みがない名前ですが、海外ではエストレラマウンテンドッグにご執心の愛好家も多いようです。今回は「エストレラマウンテンドッグ」の魅力、飼いかたなどについて調べてみました。

5135
update

エストレラマウンテンドッグの特徴

www.flickr.com

「エストレラマウンテンドッグ」という名前は初耳でも、もしかしたら一度は見たことがあるかもしれません。

その見た目は凛々しく、佇まいからも勇敢さが感じられます。

ポルトガルが原産の護畜犬で、羊をオオカミから守るとても勇敢で強い犬なんです。

そんなエストレラマウンテンドッグの体型や外見的特徴、寿命などについて説明します。

エストレラマウンテンドッグの体型と外見的特徴

エストレラマウンテンドッグの平均的な体高は、オスが65cm~72cm程度、メスが62cm~68cm程度です。

平均的な体重はオスが40kg~50kg程度、メスが30kg~40kg程度で大型犬に分類されています。

骨太のがっちりとした体格で脚も太く長く、頭も大きいのが特徴です。

力が強く、あごの力も強靭なためオオカミと戦っても勝つことができます。

耳がたれ耳で、目がつぶらでノズルは短めなのが特徴です。

喉の下には「デューラップ」と呼ばれるたるみがあります。

短い被毛のショートコートタイプのものと、長くて豊かな被毛のロングコートタイプのものがいます。

ロングコートタイプのエストレラマウンテンドッグには特徴的な長いタテガミがあります。

これは首から熱が発散してしまうのを防ぐ防寒の役目の他に、敵であるオオカミに噛まれた時に首を守ることができるよう発達したものです。

ポルトガルの寒くて厳しい環境に耐え、オオカミのような凶暴な敵と対峙することもできる非常にたくましい体つきをした犬種です。

長い期間にわたって犬種の純粋性が保たれてきたエストレラマウンテンドッグは非常に素朴感があり、全体に調和がとれた見た目をしているとされています。

「レオンベルガー」という犬種に似ていると言われることがありますが、エストレラマウンテンドッグのほうが骨太です。

エストレラマウンテンドッグの寿命

エストレラマウンテンドッグの平均寿命は10歳から12歳くらいとされています。

一般的な大型犬の平均寿命と同じくらいだということがわかります。

個体によって寿命はことなりますが、大型犬にありがちな「股関節形成不全」や「皮膚病」などに気を付けて、健やかに暮らしてほしいですね。

厳しい環境を生きてきたタフな護畜犬なので、健康管理に気を付けて飼育すれば、平均寿命よりも長く生きることができるでしょう。

エストレラマウンテンドッグの歴史

www.flickr.com

タテガミが発達したということは、エストレラマウンテンドッグは寒い地方で生まれた犬種なのでしょうか?

エストレラマウンテンドッグのはっきりとした起源は定かではありませんが、最初に確認されているのはポルトガル地方です。

ポルトガル北部の高い山脈で、羊飼いのための番犬として長い間働いてきた犬種なのです。

イベリア半島では最古の犬種とも言われ、ポルトガルで長年親しまれてきた犬種です。

6世紀ごろには犬種として存在していた可能性があり、羊をオオカミから守れるよう強くて大きい犬を目指して改良されてきました。

19世紀になると、勇猛果敢な性格と見た目の美しさに惹かれたポルトガルの貴族たちに飼育されるようになりました。

番犬としても優秀なエストレラマウンテンドッグは、貴族たちにより大切に飼育され、贅沢な餌を与えられたようです。

牛ひれ肉のソテー、スープ、ワインまで与えられたというエストレラマウンテンドッグは、羊飼いに飼われていた時よりもだんだんと体格を良くしていきます。

このことは現在の体高や体重の犬種基準にも影響を与えたようです。

その後、牧羊の縮小化や2度の世界大戦により、ポルトガル国内においてエストレラマウンテンドッグは絶滅の危機にさらされることになりました。

しかし貴族に飼われていた個体がポルトガル国外にいたため、種として絶滅することはなく、生き残ることができました。

ドッグショーが庶民の間にも広まると、エストレラマウンテンドッグの繁殖も順調に行われるようになり、個体数を増やすことができました。

その後、イギリスやアメリカでも人気が出ると、イギリスでは1972年に公認され、他の国々でもどんどんと公認されるようになりました。

現在ではその特徴を活かして警察犬や軍用犬としても活躍しています。

主に実用犬またはショードッグとして飼育されることが多く、家庭犬として飼われることは非常に稀な犬種となっています。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー