犬の皮膚が伸びるのはなぜ?首周りに脂肪がある理由も解説

犬の皮膚が伸びるのはなぜ?首周りに脂肪がある理由も解説

2868
update

犬を飼育している方であれば、愛犬の首周りや頬っぺを伸ばしたことがあるのではないでしょうか?”どうして犬の皮膚はこんなに伸びるのだろう?”と不思議に思われた方もいることでしょう。この記事では、犬の首周りにはなぜ脂肪があるのか?という疑問についてお答えしていきます。

2868
update
犬の皮膚が伸びるのはなぜ?首周りに脂肪がある理由も解説

犬の皮膚が伸びる理由とは?

柴犬 皮膚 伸びる

shutterstock.com

柴犬の頬っぺや首周りがよく伸びるという噂を検証するために、愛犬の頬っぺを伸ばした写真がSNSに投稿され話題になっていましたが、みなさんはご覧になりましたか?

犬を飼育している方であれば、愛犬の首周りや頬っぺを伸ばしたことがあるのではないでしょうか?”どうして犬の皮膚はこんなに伸びるのだろう?”と不思議に思われた方もいることでしょう。柴犬に限らず、犬の皮膚は体の部位によってよく伸びたり伸びなかったりします。ではなぜ犬の皮膚は伸びるのでしょうか?

それは外敵から身を守るためです。犬は他の犬や動物に噛まれたとき致命傷に至らないよう、特に狙われやすい首周りや外側に露出している背中、大事な器官がある頭周りの皮膚は伸びやすくなっています。

犬や猫の母親が自分の子どもを運ぶときに首の皮をくわえて移動させるのをみたことはありませんか?このように首周りの皮膚が伸びることは犬猫にとってとても大事なことなのです。

ご家庭で犬を飼育しているのであれば、愛犬の身体の内側にあるお腹の皮膚と、背中や頬の皮膚の伸び方の違いを確認してみてください。犬のお腹の皮膚は下部に近づけば近づくほど伸びにくくなっていることに気づかれることでしょう。

また四肢の皮膚は、外側は比較的伸びやいのに対し、内側は伸びにくくなっています。ですから犬の首周りに脂肪があるのは、外敵から身を守る必要性の高さから皮膚が伸びやすくなっていることによるのです。

犬の体のどの部位の皮膚が伸びやすい?

犬の体

Africa Studio/shutterstock.com

では、犬の体のどの部位の皮膚がよく伸びるのでしょうか?

・頬っぺ 犬種を問わず多くの犬の頬っぺは横や縦に伸びるようです。そのため飼い主さんが頬っぺを伸ばしても犬は特に嫌がりません。もちろん、愛犬の頬っぺを伸ばした顔が可愛いとしても、伸ばしすぎには注意しましょう。

・耳 犬の耳の皮膚は想像以上に伸びるものです。特に耳の裏の皮膚は伸びやすいので、伸ばしながらやさしくマッサージをしてあげることができるでしょう。

・眉間 眉間は指でつまめるほどしか伸びません。おそらく眉間周辺には頭蓋骨が脳を守ることができるので、あまり皮膚が伸びないのかもしれません。

・唇 犬にとって唇はとても敏感な部位ですが、頬っぺのように伸びやすくなっています。愛犬が嫌がらない程度に伸ばしてみることができるでしょう。

・首 犬の体の部位の中で、特に首の皮膚は良く伸びる部位と言えるでしょう。マッサージしてあげると喜ぶことでしょう。

・背中 背中の皮膚は頬っぺや耳の皮膚よりも伸ばしがいがある部位です。”愛犬が太ったかも?”と勘違いするほど、伸びやすい皮膚がたるむこともあります。

皮膚が伸びやすい犬種とは?

比較的短毛で皮膚がピンと張ったタイプの犬種は、皮膚が伸びにくい傾向にあります。たとえば柴犬、ドーベルマン、グレイハウンド、ブルテリアなどが挙げられるでしょう。

一方、ダックスフンド、パグ、レトリバー、バセットハウンドなどは比較的皮膚が伸びやすい犬種として知られています。

愛犬の皮膚を伸ばすアンチエイジングマッサージ!

マッサージをしてもらう犬

leungchopan/shutterstock.com

美容意識の高い方の多くは、食事やスキンケアでアンチエイジング効果を期待しています。それと同様、犬の皮膚が伸びることに注目した愛犬のアンチエイジングが近年注目されています。では、犬のアンチエイジングケアの方法についてご紹介しましょう。

1、まず愛犬の頬をつかんでリフトアップする。 愛犬の頬っぺの皮膚を掴み、もみほぐしながら上に持ち上げることで、血流アップ効果を期待できます。

2、頬の皮膚を後ろに引っ張る。 口元に手を当て、頬から耳に向かって皮膚全体を後ろに引っ張り、皮膚のたるみに刺激を与えます。

3、首周りの脂肪を揉む。 続いて首周りや顎周辺の脂肪などの皮膚のたるみをやさしく揉みほぐしていきます。それによりリンパの流れがよくなり、顎ラインをシャープに見せる効果を期待できます。

4、口角を上に向かって持ち上げる。 口元のたるみを引き上げるように口角を上に向かって引っ張ります。

皮膚が伸びることにはデメリットもある?

犬の皮膚が伸びることには外敵から身を守るなどのメリットがある面、デメリットもあります。それは皮膚が伸びやすい部位に菌が入り込みやすいということです。

伸びやすい皮膚と皮膚の間は隙間ができます。そのため、そこに傷があると菌が入りやすくなり、最悪の場合は菌が入り込んだ部位が壊死するケースもあります。

このような最悪のケースにならないために、愛犬がケガをしたなら動物病院へすぐに連れていき、適切な処理をしてもらうようにしましょう。

犬の皮膚を触って健康チェックをしよう!

愛犬の皮膚を毎日触ることで、健康状態のちょっとした異変を気づくことにつながることもあります。

特に7歳以上の犬の場合は皮膚を触り、よく観察することで病気の早期発見につながるでしょう。皮膚の伸び方やたるみ方、被毛のツヤ、被毛の量、においなどの変化に気を付けることがポイントです。

多くの犬にみられる代表的な皮膚トラブルには、アトピー性皮膚炎、感染症、角化症、皮膚腫瘍、甲状腺機能亢進症や副腎皮質機能低下症などのホルモンバランスの病気などが挙げられます。

また肝臓や腎臓の機能が低下しているときやガンなどの病気が隠れているときも、急激な体重現象の影響で皮膚が急に伸びるなど皮膚に異常があらわれることがあります。さらに皮膚が伸びすぎてたるんでしまうエーラスダンロス症候群という病気を発症することもあります。

まとめ

ブルドッグ

WilleeCole Photography/shutterstock.com

犬の首周りの皮膚が伸びる理由についてみてきましたがいかがでしたか?

犬は首周りだけでなく、頬っぺや背中などの皮膚も外敵から身を守るために伸びやすくなっています。部位によってはマッサージをしてあげるなら喜ぶことでしょう。

ただし愛犬の皮膚を伸ばす際には無理矢理ではなく、優しく伸ばしすぎには気を付けるようにしてくださいね。もし皮膚がいつもの状態と違うなどちょっとした異変に気づくなら、大きな病気へと進行する前に早めに動物病院を受診して適切な処置を受けるようにしましょう。

愛犬の皮膚から健康状態のチェックをし、愛犬とのペットライフを楽しんでくださいね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー