犬にマグロはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にマグロはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3171
update

愛犬にマグロを与えても問題ありません。マグロはドッグフードや犬のおやつにも使用されており、犬に安心して与えることができる魚です。愛犬の健康をサポートするのにも役立つことでしょう。しかし、与え過ぎは良くありません。ここでは、マグロを犬に与えるメリットや、与え方や量で注意できることを解説します。

3171
update

犬にマグロを与えても問題ない?

マグロ

Tim UR/shutterstock.com

マグロは日本人に愛されている、日本の代表的なフードといっても過言ではない魚です。生の刺身やお寿司で食べても美味しいですし、焼いたり煮つけにしたりとさまざまな食べ方を楽しむことができる食材です。

マグロは犬が安心して食べることができる魚です。ドッグフードや犬のおやつにマグロが使用されていますし、マグロにはたくさんの栄養がギュッと詰まっているので、愛犬の健康のサポートに上手に取り入れていくことができます。

犬にマグロを与える時は、生の刺身でも加熱したものでもどちらでも与えることができます。ただ、生のものを与える時は鮮度のいいマグロを与えましょう。生よりも加熱したもののほうが食べやすくなるので、嗜好性が高くなると言われています。

マグロなどの大型の魚には水銀がたくさん含まれていることで知られています。水銀による健康被害を心配される方もいると思いますが、一度に大量に食べさせたり、日常的に与え続けたりさえしなければ問題はありません。

犬にマグロを与えてもいい量

ドッグフードとマグロやサーモン

New Africa/shutterstock.com

マグロは犬の健康をサポートするのに役立つ食材ですが、メインとして与えるべきではありません。また、過剰に摂取させることも健康を害してしまう恐れがあります。「適量」をきちんと守って与えたいものです。

犬は基本的にドッグフードだけで必要な栄養素を摂り入れることができています。ですから、マグロを犬に与える時はトッピングやおやつ程度に与えるだけで十分といえます。愛犬の食欲が落ちている時や、何かのご褒美で与えると決めている飼い主もいるようです。

犬にメインフード以外の食べ物をあげる時は、1日の食事量の10%程度に抑えて与えることが勧められています。では、犬のサイズや体重ごとにどれくらいの量を与えていいのか、詳しく見ていきましょう。

超小型犬の場合

超小型犬には体重が1~4kg未満の犬種が含まれます。例えばチワワやトイプードル、ポメラニアン、豆柴、ヨークシャーテリアといった犬種です。

超小型犬の1日の食事量は約100~200gなので、その10%の10~20g程度のマグロが与えていい適正量となります。マグロのお刺身1切れがだいたい10gなので、1~2切れ程度を目安に与えることができます。

小型犬の場合

小型犬は体重が10kg以下の犬のことです。柴犬や狆、パグ、ミニチュアダックスフンドやボストンテリアといった犬種が含まれます。

小型犬(体重5~10kg)の1日の食事量は約300~500gなので、30~50gを目安に与えることができます。マグロの刺身3~5切れ前後と覚えておきましょう。

中型犬の場合

中型犬は体重が25kg以下の犬を指します。パセンジーやビーグル、ブルドッグやボーダーコリー、ジャーマンピンシャーといった犬種がいます。

体重10~25kgの中型犬は体重に合わせて1日500~1000gの食事を摂ります。ですから50~100gを目安にマグロを与えることができます。

大型犬の場合

大型犬が体重が25kg以上の犬のことです。ラブラドルレトリバーやゴールデンレトリバー、ドーベルマン、ボクサーやロットワイラーといった犬種が含まれます。

大型犬の1日の食事量は体重25~40kgで1000~1450g程度なので、100~140gほどを目安に与えることができるといえます。

子犬の場合は注意が必要

子犬は成犬と比べて消化器官がまだきちんと発達していません。下痢や嘔吐など消化不良を起こしやすいので、子犬にマグロを与える時は特に注意するようにしましょう。

子犬の場合は体重に関係なく「ごく少量」のマグロを与えて様子を見るようになさってください。また、消化しやすいサイズにカットするかほぐしてから与えるようにしましょう。

犬にマグロを与えることで期待できる効果

ツナ缶

Amarita/shutterstock.com

マグロにはたんぱく質やDHAやEPAといったオメガ3の不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。これらには筋肉や血、骨を作って体を丈夫にしたり、皮膚や粘膜、爪や被毛を健康に保ったりする働きがあります。

マグロの赤身の部分は特にたんぱく質が多く含まれていて、魚の中ではナンバーワンの含有量です。また、脂肪の部分も低カロリーなので安心して食べられます。マグロの血合いの部分は鉄分が非常に豊富で、タウリンやビタミンEが豊富です。他にもビタミンAやDも含まれています。白内障の予防や角膜の保護など、目の健康にも役立つでしょう。

犬にマグロを与えるときの注意点

犬にマグロを与える時は一度にたくさん与え過ぎないようにし、生であっても加熱したものであっても食べやすいサイズにカットして、消化しやすくしてあげましょう。

骨が残っているなら、取り除いてから与えるようになさってください。骨を飲み込むと喉を傷つけてしまう恐れもあります。

さらに、マグロも含め魚にアレルギー反応を示す犬もいます。初めてマグロを与える時はほんの少しの量で様子を見るようにしましょう。もし、マグロを食べた後で体に異変が出る時はアレルギーの可能性があります。すぐに獣医師に相談するようにしてください。

ツナ缶やマグロ節は与えても問題ない?

市販のツナ缶のほとんどは塩分や油分がたくさん入っています。犬には塩分が強すぎるので、塩分や油分、添加物が入っていないツナ缶であれば与えることができます。

マグロ節には「リン」という成分が多く含まれているため、たくさん与え過ぎてしまうと腎不全などにつながる恐れがあります。どうしても与えたいという場合はゆで汁などをドッグフードにかけて、風味を楽しむ程度にすると良いでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー