犬にブルーベリーはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にブルーベリーはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

2616
update

犬にブルーベリーを与えても問題ありません。ブルーベリーには、犬の健康をサポートする上で必要な栄養素が豊富に含まれています。また、低カロリー・低脂質のフルーツなので、犬にも安心して与えることができます。この記事では、ブルーベリーに含まれる成分や、与える際の注意点を取り上げたいと思います。

2616
update

犬にブルーベリーを与えても問題ない?

かごの中の新鮮なブルーベリー

Subbotina Anna/shutterstock.com

ブルーベリーの原産は北アメリカで、ツツジ科スノキ属に分類される小果樹です。ブルーベリーは大きく分けると、「ハイブッシュブルーベリー」「ラビットアイブルーベリー」「ローブッシュブルーベリー」の3種類に分けられます。

日本では主に長野県で栽培されており、6月~8月の夏にかけて旬を迎えます。ブルーベリーは目に良いとされていますが、最近では美容効果も期待できるフルーツとしても注目されています。

犬に与えてはいけない「ぶどう」とよく似ていますが、ブルーベリーには犬にとって中毒となる危険な成分は含まれていないので、犬にブルーベリーを食べさせても問題ありません。しかし、一度に大量のブルーベリーを与えると、体調不良を起こす可能性があるので、与え方や与える量には注意が必要です。

犬にブルーベリーを与えてもいい量

ブルーベリーを食べている子犬

LightField Studios/shutterstock.com

ブルーベリーは低カロリー・低脂質のフルーツですが、与え過ぎるのは良くありません。上でも述べたように、犬がブルーベリーを食べ過ぎると体調不良を起こす可能性があります。ゆえに、犬のおやつとして「少量」与えるだけにしてください。

犬の体重や体の大きさ、健康状態によって、1日に与えていいブルーベリーの量は異なります。では、体重別に目安となる量を見てみましょう。

超小型犬の場合

超小型犬とは、体重4kg未満の犬のことをいいます。超小型犬には、ティーカッププードルやチワワ、ヨークシャテリア、マルチーズなどがいます。

体重1kgの超小型犬の場合、1日に与えていいブルーベリーの量は3粒程度です。体重3kgの場合は、1日7粒程度を目安に与えることができます。

小型犬の場合

小型犬とは、体重10kg以下の犬のことをいいます。ミニチュアダックスフンドやビションフリーゼ、ボストンテリア、シーズーなどがいます。

体重5kgの小型犬であれば、1日11粒程度が適量です。体重10kgの犬であれば、1日に与えていい量は19粒程度です。

中型犬の場合

体重が25kg以下の犬は、中型犬に分類されます。中型犬には、日本スピッツやブルドッグ、フレンチブルドッグ、ウィペットなどがいます。

体重15kgの中型犬の場合、1日25粒程度を目安に与えることができます。体重20kgであれば、1日30粒程度です。犬の体重に合わせて、与える量を増減してください。

大型犬の場合

大型犬には、体重25kg以上の犬が含まれます。例えば、ゴールデンレトリバーやダルメシアン、チャウチャウ、ラフコリーなどです。

体重30kgの大型犬には、1日43粒程度が適量です。体重40kgの大型犬であれば、1日に53粒程度を目安にできます。

子犬の場合は注意が必要

子犬の場合、消化器官機能が未発達なので、注意が必要です。犬にとってブルーベリーは消化しにくいため、大量のブルーベリーを子犬に食べさせると、消化不良を起こす可能性があります。

無理してブルーベリーを与える必要はありませんが、どうしても与えたい場合には、皮をむいてあげたり、ペースト状にしてあげるなど工夫してあげてください。

犬にブルーベリーを与えることで期待できる効果

フレッシュなブルーベリー

azure1/shutterstock.com

ブルーベリーには、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が豊富に含まれています。このアントシアニンは、強い抗酸化作用を持ち、活性酸素を抑制する働きがあります。そのため、免疫力の向上やガン予防、老化防止などに効果があります。

また、ブルーベリーには「ビタミンC」「ビタミンE」などビタミン類も豊富です。ビタミンCとビタミンEも、抗酸化作用を持つ栄養素です。動脈硬化や心筋梗塞などの病気を予防し、血液をサラサラに保ってくれる効果があります。

さらに、ブルーベリーは「食物繊維」が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内に溜まった不要な老廃物を排出する働きがあるので、腸内環境の改善を期待することができます。

犬にブルーベリーを与えるときの注意点

ブルーベリーは皮ごと生で食べさせても問題ありません。ただし、犬にとってブルーベリーは消化しにくいので、ペースト状にしてあげると良いでしょう。超小型犬や小型犬に与えるときは、実が喉に詰まってしまう可能性があるので、小さくカットして食べさせるようにしてください。

また、ブルーベリーには食物繊維が豊富に含まれているため、犬に与え過ぎると下痢を起こす可能性があります。犬にブルーベリーを食べさせる場合は、おやつとして「少量」与えるだけにしてください。

初めて犬にブルーベリーを与える場合は特に注意が必要です。アレルギーを発症する可能性もあるので、少量からスタートさせましょう。体調に変化がないか愛犬の様子を観察してください。下痢や嘔吐など何らかの症状があらわれた場合は、すぐに病院に連絡し獣医師の指示を仰ぎましょう。

ブルーベリージャムやドライブルーベリーは与えても問題ない?

瓶に入ったブルーベリージャム

beats1/shutterstock.com

犬にブルーベリージャムを与える場合は、手作りで無糖のものであれば与えても問題ありません。市販のジャムには保存料や砂糖が含まれているため、犬の健康を害するおそれがあります。

ドライブルーベリーも基本的には与えても問題ありませんが、砂糖でコーティングされているものもあるので、よく確認してから与えるようにしてください。食べやすいからといって与え過ぎるのはよくありません。おやつ程度に少量与えるだけにしてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー