アメリカンコッカースパニエルってどんな犬?性格・特徴からしつけ・飼い方まで徹底解説!

アメリカンコッカースパニエルってどんな犬?性格・特徴からしつけ・飼い方まで徹底解説!

5995
update

アメリカンコッカースパニエルと言えば、そう!ディズニー映画「わんわん物語」のヒロイン犬ですよね。 現在でもアメリカでは、最も人気のある犬種として知られています。 ゴージャスなアメリカンコッカースパニエルにはどんな性格や特徴があるのでしょうか? しつけや飼い方まで徹底解説します!

5995
update

アメリカンコッカースパニエルの特徴

Portrait of nice american cocker

Lenkadan/shutterstock.com

1955年公開のディズニー映画「わんわん物語(Lady and the Tramp)」の主人公「レディ」はアメリカンコッカースパニエル。

レディーとトランプがミートボールスパゲッティを一緒に仲良く食べるシーンが印象的です。

レディと同様、アメリカンコッカースパニエルはやさしい顔立ちと可愛らしい瞳で多くの愛犬家たちにかわいがられています。

そんなアメリカンコッカースパニエルの外見的特徴、寿命や体格について説明します。

アメリカンコッカースパニエルの外見的特徴

大きな垂れ耳、彫の深い顔、やや平らな頭頂部が特徴的です。

マズル(鼻先から目頭までの長さ)が頭蓋骨の長さ(目頭から耳の付け根までの長さ)よりも短いため、短頭種に分類されています。

中型犬に属しますが、その中でも比較的小柄なアメリカンコッカースパニエルは、コンパクトではありますが元は猟犬だったこともあり、がっしりとした筋肉質な体つきをしています。

四肢ですが、前足がまっすぐであるのに対して後ろ足はすこし傾斜気味です。

豊富な被毛は長めで軽くウェーブしておりとても優雅な姿で、大きい垂れ耳の周りの毛量は豊富です。

アメリカンコッカースパニエルの寿命・体型

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12歳から15歳くらいとされています。

中型犬の平均寿命が10歳から14歳くらいとされているので、少し長いということがわかります。

毎日の食事管理や運動に気を付けて、平均寿命に到達またはそれ以上の年数を生きてほしいですね。

筋肉質でがっしりしているアメリカンコッカースパニエルは中型犬に分類されています。

平均的な体高はオスが37cm~39cm、メスが35.5cm~37.5cmとされています。

平均体重はオスとメスともに11~13kgとされています。

人によっては平均体重を7kg~14kgとすることもあり、体重の個体差が大きいことがわかります。

それで、愛犬がそれほど大きくない場合でも、極端に小さくなければ心配する必要はなさそうです。

また、食いしん坊で太りやすい体質でもあるので、肥満体にならないように気を付ける必要があります。

アメリカンコッカースパニエルの歴史

American Cocker Spaniel runs in the autumn forest. An active dog moves on the nature in the park. Redhead puppy jumping on leaves. Horizontal image.

Elmina/shutterstock.com

スパニエル系の犬の歴史は古く、14世紀頃からその名の通りスペインを意味する土地に生まれ、その後ヨーロッパに持ち出され、「スパニエル」の名前を持つ様々な犬種に分かれていきました。

名前の「コッカー(cocker)」はヤマギシ(woodcock)という鳥から取られたのもので、当時のイギリスでは小さな猟犬としてヤマギシ狩りに利用され活躍していました。

1620年にメイフラワー号に乗って最初の移民がイギリスからアメリカに渡った際に連れられた犬の1頭がイングリッシュコッカースパニエルだったと言われています。

その後、イングリッシュコッカースパニエルに改良が重ねられ、愛玩犬アメリカンコッカースパニエルが誕生しました。

現在でも実猟が行われているアメリカですが、アメリカンコッカースパニエルは愛玩犬として改良されたので、狩猟に利用されることはなくなりました。

改良の結果、イングリッシュコッカースパニエルとは顔立ちが異なるようになり、トリミングなどにより被毛の美しさを際立たせるようになりました。

18世紀後半以降のアメリカンコッカースパニエルはドッグショーなどに頻繁に登場し、注目を浴びるようになりました。

1935年にアメリカンケンネルクラブは、アメリカンコッカースパニエルはイングリッシュコッカースパニエルとは別の犬種であると認めるようになりました。

そして原産国のイギリスでも1968年に、アメリカンコッカースパニエルという犬種名で認められるようになりました。

1955年公開のディズニー映画「わんわん物語」では主人公のレディがアメリカンコッカースパニエルだっとこともあり、アメリカ中で人気を博しました。

1950年代から1970年代頃まではもっとも人気のある犬種として多くの人に飼われていたようですが、時代が変化するにつれ、手入れの大変さなどもあることからかつてほどの人気はなくなったようです。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

アメリカンコッカースパニエルはタレ目でいつも舌が出ているイメージでとても可愛いです!運動がかなり必要なのは意外だなぁ!

1 花粉症つらい
通報

わんわん物語の犬ってこの犬種だったのかー!大好きな映画だけど犬には詳しくないのでわからなかったです。犬の犬種にやたら詳しい人ってどうやって覚えてるんだろ。秋田犬と柴犬の区別もつかないし、マルチーズとシーズーも一緒に見えちゃうよ。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー