ストレス発散!?犬たちの「突然のダッシュ」の原因と対処法

ストレス発散!?犬たちの「突然のダッシュ」の原因と対処法

2911
update

犬と暮らしていると、多くの飼い主さんは「突然のダッシュ」を見たことがあるでしょう。今回は犬たちがいきなりダッシュする理由やその対処法をご紹介します。

2911
update

犬と暮らしている方であれば少なくとも1度は、愛犬の「突然のダッシュ」を経験するのではないでしょうか?いままで静かにしていたのに急に全速力で走り出すので、飼い主さんも周囲の人も驚いてしまいますよね。

公園など広い場所であればまだ安心ですが、比較的狭い庭や家の中でさえもダッシュしてしまいます。そんな場所での突然のダッシュは衝突事故に繋がることもあり、心配している飼い主さんは多いかもしれません。

それでは今回は、犬の突然ダッシュの原因とその対処法についてご紹介します。

「突然のダッシュ」の原因は?

走る犬

pixabay.com

愛犬の突然のダッシュを経験したことがある人は、その様子を「爆発」に例えることが多いです。静かな状態から、これまで溜まっていたものが限界を迎えて爆発するような感じです。

そのような感覚は正解だといえます。犬の突然のダッシュは、犬の中の「何か」がいわゆる臨界点をむかえて爆発した結果なのです。

これから、その原因となる「何か」をいくつかご紹介しますね。

興奮

私たち人間でもありますが、犬も強い興奮状態になるとじっとしていられなくなることがあります。内側の感情が押さえきれなくなって、それを身体で表現したくなるのです。

例えば、私たちもバカンスで綺麗なビーチについた時には、思わず走り出したくなるのではないでしょうか?また、雪が珍しい地域で雪が降ったときに空を見上げながら走り回ったことはありませんか?

犬たちも同様です。いつもと違った状況では当然興奮しますし、嬉しくて走りたくなることもあります。その表現方法が突然のダッシュというだけなのです。

ストレス解消

ストレスが溜まって爆発してしまうこともあります。犬も飼い主さんに怒られたり、不快な状況で長時間過ごしたりした後にはストレスを爆発させたくなるものです。

また、犬にとって散歩はストレス解消になります。あまり散歩に連れていかないと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

体力が有り余っている

純粋に、有り余った体力を突然のダッシュで解放させることがあります。

私たちが体を動かしたい時は自分の意志で公園に行って走ったり、ジムに行って筋トレしたりしますよね。しかし、犬の場合は自分でそれらの環境を整えることができません。また、準備運動などもしません。それで、体力が有り余っていると「走れるときにすぐに走る」という行動に移ってしまうのです。

私たちにとっては突然のダッシュであっても、犬にとっては普通の事なのかもしれませんね。

愛犬が頻繁にダッシュするのはどうして?

走る犬

pixabay.com

突然のダッシュはどの犬でもあり得ることですが、個体差は確かにあります。

では、自分の愛犬が頻繁にダッシュするのはどうしてなのでしょうか?頻度が高い原因もいくつかご紹介します。

習慣になっている

これが一番多いのですが、そもそも「突然のダッシュ」がその犬にとって習慣となっている可能性があります。ストレスや感情を解消する方法として確立されてしまっているのです。

ストレスや興奮が溜まりやすい状況で長く飼育しており、さらにダッシュしたときの対処を全くしてこなかったことが原因でしょう。

性格

もちろん、愛犬の性格も大きく関係してきます。特に、感情豊かで興奮しやすい犬は突然ダッシュの頻度も高くなります。性格は変えることはできないので、上手に対処する必要があります。

年齢

子犬たちは比較的ダッシュすることが多いです。特に、トイレの後などにダッシュする子がいます。幼いので感情のコントロールができていないのでしょう。

飼い主さんにとっては、むしろそうした子犬の行動は可愛く感じてしまうものですね。

環境

走り回れる環境があれば、突然ダッシュすることも多くなります。例えば、広い庭や広いお家などです。

また、逆にいつも狭い場所に閉じ込めているなら、そこから出た瞬間に爆発的にダッシュすることが多くなります。

「突然のダッシュ」の対処法

飼い主と走る犬

pixabay.com

愛犬が頻繁に突然ダッシュをするときの対処法をご紹介します。自分と愛犬、また環境にあった適切な方法を選んで対処してくださいね。

別の方法で発散させる

感情やストレスを溜めさせなければいいのです。頻繁に公園などで運動したり、おもちゃで一緒に遊んであげたりしましょう。

子犬のころから外に連れ出して様々な経験を積ませることも、大人になってから爆発しない一助となるでしょう。

リードを活用

犬は広い場所で解放された瞬間にダッシュすることが多いです。そのため、そのような場所ではあらかじめリードをつけておきましょう。

犬も自分がリードで繋がっていると分かるとダッシュはしません。ただし、これはあくまで「抑える」方法なので、どこかで発散させる必要はあります。

安全であれば「あえて止めない」という考え方もできる

突然のダッシュが絶対にダメなのか?というとそうでもないです。ドッグランなど安全な場所で他の犬や人に迷惑が掛からないのであれば、特に走っても問題はありません。むしろ、ストレスをためないほうが良いと考えることもできます。

柔軟な対応で育ててあげると、感情が爆発する頻度は徐々に減少するでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー