【作り方解説】思いが伝わるキャットタワーをDIYで作っちゃおう♡

完全室内飼いやワンフロアで生活している猫でもキャットタワーがあることによって、高低差が生まれ運動量が増えます。 多頭飼育の場合は猫の隠れ場所になったり、逃げ場所にもなるのでとっても重宝します。そんなときこそDIYでリーズナブルに作ってみませんか?

【作り方解説】思いが伝わるキャットタワーをDIYで作っちゃおう♡

お手軽に既製品をDIYでカスタマイズ!

キャットタワーに爪研ぎ機能がついている場合、猫が使うと痛んできますよね。そういう場合は買い換える前にDIYで修繕しちゃいましょう!ついでにお手軽カスタマイズにも挑戦! 【1】爪研ぎ部分がボロボロになってしまったら、カーペットの端切れを購入して、ボンドで接着しながら巻き付けて修繕。他にも、麻紐をグルグル巻き付けて修繕ついでにカスタマイズしても良いですね。 【2】くつろぎスペースが痛んできたら、100均で打っている正方形のマットを敷き変えてあげましょう。裏に滑り止めが付いているタイプがお勧めですよ。

DIY初心者でも組み立て簡単!Amazonの段ボールでキャットタワー!

一番お手軽に作れるAmazonの箱のサイズは、横約110cm・縦60cmのサイズの物です。普段なら中身を出して捨ててしまう箱で、猫の喜ぶキャットタワーを造ってみましょう。 【1】横約110cm、縦60cmのサイズの箱をまずは6箱用意して、いったん箱を開いて一枚の段ボールにします。

【2】写真の図面通りに、切り取っていきます。 【3】のりしろを順番通りに木工用ボンドで接着して組み立てていきます。

【4】全て接着して、組み立て終わったら、くぼみにくぼみを差し込んでいきます。

【5】それらを積み上げていけば完成です!

お手頃価格の組み立て家具を使ってちょこっと一手間DIY!

IKEAやニトリ、ホームセンターでもおなじみの組み立て家具を使うと、キャットタワーも簡単に自作できちゃいます。どうしてもキャットタワーだと互い違いの段差は欲しいところ。その部分の板は必要な分だけをホームセンターで切り売りしてもらいましょう。ワンカット数十円なのでとってもリーズナブルです!支柱を組み立てて、カットしてもらった板をビスで留めれば完成です。くつろぎスペースにはお気に入りの毛布をずれないようにセットしてあげましょうね!もう一手間可能であれば、引っかけ金具を付け、そこにハンモックを吊してあげると、とっても喜びますよ!

【飼い主さんも楽しめる!】キャットタワーのDIYはアイデアが命!

見栄えが良くても、猫が気に入ってくれなくては意味がありません。「普段猫がどんな遊びを好んでいるか」「爪研ぎはどんな素材が好きか」「くつろぐ時はどんなの上が好きか」をよく観察している飼い主さんだからこそ作れるキャットタワーを造ってみてあげてください! 作っている最中に浮かんだアイデアを柔軟に生かして、世界で一つだけのキャットタワーを造ってあげてくださいね!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!

「リビンググッズ」のキーワード

「リビンググッズ」に関するキーワード