愛犬が顔に向かって飛んでくる?!意外に経験者の多いこのあるあるの理由とは?

愛犬が顔に向かって飛んでくる?!意外に経験者の多いこのあるあるの理由とは?

4059
update

犬は嬉しい時やかまってほしい時、または強いことを見せたい時や怖い時など、さまざまな場面でジャンプしますが、よく見ていると、明らかに飼い主さんの顔に向かって飛ぶことがあります。そんな犬の行動にはどんな意味が込められているのでしょうか。2つの理由をあるあると一緒にご紹介します。

4059
update

基本的には信頼と愛情のあらわれ

笑顔を見せる小型犬

pexels.com

犬が飼い主さんの顔に向かって飛ぶのは、基本的には飼い主さんへの信頼と愛情の表れです。

ただ、すごい勢いで顔に突っ込んでこられると、飼い犬といえども怖いと感じることもありますし、痛いですよね。 ですから、飼い主さんが顔だけはやめてほしいと思うのも無理はありませんが、犬がそうする理由を知っておくと、ちょっとは大目に見られるようになると思うので、これからご紹介します。

大好きと伝えるため

人間にくっつく犬

pexels.com

犬は、好きな相手に鼻をくっつけたり、頬をスリスリしたり、口の周りをペロペロなめたりして自分の気持ちを伝えます。

ですから、飼い主さんのことが大好きなワンちゃんは、自分の愛情を伝えるために顔に近づこうとします。 だからこそ、「一緒に遊んでいる時に、いきなり顔をめがけて突っ込んできた!」とか、「帰ってきてひと息つこうとソファに座った途端、愛犬の顔が迫ってきた」などのあるあるが多いのです。

そんな時の犬の気持ちは、「飼い主さんと遊ぶの最高に楽し〜!大好き!!」、「おかえり〜会いたかったよ!」という感じでしょう。

犬としては大好きな気持ちを伝えようと顔を近づけているのですが、興奮状態のせいか、頭突きや顔面アタックなど、アピールが激しすぎて飼い主さんに嫌われちゃうことも…。

愛犬の顔面アタックが恐怖になっている飼い主さんも多いようですが、「本当は優しくキスしようとしているのだ」と思い出し、拒絶しないであげてくださいね。

食べ物をねだるため

人間に抱かれた犬

pexels.com

犬が飼い主さんの顔に向かって飛ぶもう一つの理由は、ご飯のおねだりです。

子犬は、おなかが空くと母犬の口元をなめて、ご飯をおねだりする習慣があります。

人に飼育されている犬にとって飼い主さんは母犬と同じ存在ですし、成犬になっても精神状態が幼いままのことが多いので、年齢に関係なく、子犬のようにおなかすいたアピールをすることがあります。

「飛びついてきて、口元を中心にベロベロなめ回されてベタベタになった〜」とよく聞きますが、このような場合は、食べ物のおねだりをしていた可能性が高いでしょう。 特に、顔をなめたときにかまってもらったり、おやつをもらえたりした経験があると、それを覚えていてずっとやり続けます。

犬が飼い主さんの顔に向かって飛んでくるのは、愛情表現やおねだりというかわいい理由ではありますが、お互いけがをしないためにも、他の方法で伝えるようにしつけることをお勧めします。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー