犬は「持って来い!」遊びが大好き!ストレス解消にもなるおすすめの遊び方

犬は「持って来い!」遊びが大好き!ストレス解消にもなるおすすめの遊び方

2454
update

犬の祖先は、狩りした獲物を持ち帰り、仲間と一緒に食べる行動をしていました。 取ったものを持ってくるという行動は犬自身も嬉しいものなのです。 だからこそ飼い主さんとの遊びにも取りいれることで、信頼関係をさらに深めることができます。

2454
update

犬は「持ってこい」という指示が大好き

犬 遊ぶ

gorillaimages/shutterstock.com

犬の本能として、「持ってくる」という行動は、とらえた獲物を運び持ってくるという行動として本能的にとても大切なものでした。この本能としての行動が、犬自身が喜んで物を持ってくるという行動に結びついているのです。 なかには、「持ってこい」が苦手な犬もいますが、レトリバーなど元来持ってくることが好きな犬種もいます。狩りをすることはなくても、狩りを見立てた遊びが大好きな犬も多いものです。 持ってこいは「持来」とも呼ばれ、リーダーとの関係を深めるトレーニングにおいてもとても重要なものです。狩猟犬だけでなく、警察犬などもこのトレーニングの積み重ねをしているのです。

獲物に見立てたおもちゃで「持ってこい」を大好きにさせよう!

犬 遊ぶ おもちゃ

Africa Studio/shutterstock.com

「持ってこい」の遊びが大好きな犬もいれば、そうでない犬もいます。もともと持ってくることが好きな犬の場合はボールやフリスビーなども興味を示しますが、興味を示さない犬であっても狩猟本能をかきたてられて大興奮する犬もいるのです。 例えば、噛んだり振ったりすると音がなるおもちゃや、見た目が本当の鳥のようになっているおもちゃなどは、愛犬が楽しんで遊んでくれることもあります。噛むことで、ガーガー本当に鳴いているような鳥のおもちゃは犬も狩りを楽しんでいるようになるのです。 「とらえた獲物をリーダーのもとに運ぶと褒めてもらえる」 「遊んでもらえる」 といった犬にとっても楽しい経験が学習となり、さらに「持ってこい」が大好きになるのです。

コマンドを使って「持ってこい」にもメリハリを!

犬 遊ぶ 

Alena Ozerova/shutterstock.com

犬がおもちゃを運んできてくれた時に注意したいことは、無理に取り上げようとして引っ張りっこになってしまうことです。 こうなると、犬は興奮してしまい、さらに口からおもちゃを出してくれないという状況になってしまいます。 「アウト」というコマンドを使って、自らおもちゃを放してくれた時におやつなどのご褒美をあげたり、違うおもちゃを用意しておき、そちらに興味を向けさせるなどの工夫をするとよいでしょう。 あくまでも、リーダーになるのは飼い主さんであることを大切にしましょう。

慣れてきたらおもちゃに変化をつけよう!

犬 遊ぶ おもちゃ

ra2studio/shutterstock.com

「持ってこい」ができるようになると、ボールやダンベル、フリスビーなど固いおもちゃに変えてみても楽しいものです。 また、普段から、飼い主さんの目線にある物をコマンドで持ってきてくれるようになる犬もいます。 おもちゃも大好きなもの、興味を示すものに最初はロープをつけておき、持ってくること自体を誘導してあげてもよいものです。 焦らず楽しく遊ぶことを繰り返すことが、犬も早くそのコマンドを習得することにつながるのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー