猫のしっぽの動きでわかる猫の気持ち。7つの動きで猫をもっと知ろう。

猫のしっぽの動きでわかる猫の気持ち。7つの動きで猫をもっと知ろう。

1259

猫の気持ちを知るには猫のしぐさをよく観察する必要があります。中でもしっぽの動きは猫の気持ちをよく表しています。尻尾の動きは猫と犬とでは全く違う意味を持ちますので安易に当てはめると大変な目に合うかもしれません。しっかりと区別しておきましょう。

1259 |

猫の感情表現はしっぽの動きを見ましょう

Lying cat

Dora Zett/shutterstock.com

猫を飼っている人ならしぐさや表情で猫の感情を読み取ることは簡単でしょう。 しかし、猫にあまり慣れていない人からすると撫でていたら急に怒られてしまった、というように気まぐれな猫に振り回されることもあると思います。

猫とコミュニケーションをとるにあたって、猫が出す様々サインを見逃さなければうまく猫と付き合うことができます。

今回はしっぽの動きから猫の気持ちを読み取ってみましょう。

猫がしっぽを体に巻き付けているときの気持ち

Small red british kitten on white background

dien/shutterstock.com

猫が座っているときによくみられる基本的なスタイルのしっぽの動きです。 座った後、体に巻き付けるようにくるっとしっぽを巻く動きはかわいらしいですよね。

このしっぽの動きは、猫がリラックスした気持ちで落ち着いているときに見られます。

猫がしっぽをゆっくりと動かしているときの気持ち

猫がしっぽをゆっくりと動かしているときは、リラックスして機嫌が良い気持ちの時です。

飼い主に構ってもらったり膝に乗っているときに、このようにゆっくりと動かしている場合は、まだ撫で続けていても問題ありません。

猫がしっぽを素早く動かしているときの気持ち

猫がしっぽを素早く動かしているときは、ちょっとイライラしていたり嫌がっている気持ちの現れです。

猫を撫でているときにこのように素早くしっぽを動かし始めたら、それ以上撫で続けるのはやめましょう。気づかずに構い続けていると猫パンチを食らうかもしれません。

猫がしっぽを垂直に立てているときの気持ち

Portrait of domestic black tabby Maine Coon kitten - 5 months old. Cute young cat isolated on white background. Side view of a curious young striped kitty walking.

DenisNata/shutterstock.com

猫がしっぽを垂直に立てているときは楽しい気持ちの時です。

飼い主の帰宅やおもちゃ・ごはんの時にしっぽを立てて軽快に歩いてくることが多いです。これは子猫が母猫に自分の存在をアピールする動きでもあります。

このようなしっぽの動きをして近寄ってきたら、甘えたいサインでもあるので構ってあげましょう。

猫がしっぽを立てて毛を逆立てているときの気持ち

猫がしっぽを立てて毛を逆立てているのは相手に対して威嚇しているときにする動きです。しっぽの毛だけでなく全身の毛を逆立てて怒っているときに見られます。

また、何かに驚いたときもしっぽの毛をぶわっと膨らませる動きをします。猫をむやみに驚かせることはやめましょう。

猫がしっぽをお腹に巻き込んでいるときの気持ち

猫がしっぽをお腹に巻き込んでいるときは恐怖を感じている気持ちのときです。

これは犬が怖がっているときと同じ動きです。このようなしっぽの動きをしていたら無理に近寄るのはやめましょう。

猫がしっぽを左右に大きく動かしているときの気持ち

cat looking away. isolated on white background

Ermolaev Alexander/shutterstock.com

猫がしっぽを左右に大きく動かしているときは不機嫌だったり怒っている気持ちの時に見られます。

ぶんぶんと勢いをつけて振っている様子は犬ならば最大の喜びの表現ですが、猫は犬と違って怒っているときなので間違わないようにしましょう。

猫は気まぐれと言われますが、きちんと自分の気持ちを表現しています。ちゃんと読み取ってうまく猫と付き合いましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー