カレリアンベアドッグってどんな犬?性格や特徴、しつけ方を解説!

カレリアンベアドッグってどんな犬?性格や特徴、しつけ方を解説!

1874

カレリアンベアドッグって聞いたことありますか?ヨーロッパで人気の狩猟犬です。ガードドッグとしても働き勇敢なカレリアンベアドッグは、様々なところで活躍しています。ではそんなカレリアンベアドッグの性格や特徴、しつけ方、飼い方について見てみましょう。

1874

カレリアンベアドッグってどんな犬?

カレリアンベアドッグの起源については明らかになっていませんが、フィンランド、ロシアにまたがるカレリア地方に生息していたと考えられています。フィンランドでカレリアンベアドッグは昔から熊やヘラジカや野生のイノシシといった大物を狩る際に利用されてきました。1936年から本格的な繁殖が始まり、1946年には公認されました。もともとは様々な毛色がありましたが、夜間や雪の中で見分けがつくようにということで、白と黒の毛色に固定されました。今ではカレリアンベアドッグはフィンランドの国宝に指定されています。カリフォルニア州のヨセミテ国立公園やモンタナ州のグレイシャー国立公園では熊の頭数制限にカレリアンベアドッグが一役買っています。日本でもかつて北海道のヒグマによる被害が拡大した時、カレリアンベアドッグが熊退治を行いました。

カレリアンベアドッグはどんな性格?

もともと狩りをするための犬なので、自信に満ち溢れ勇敢な性格です。主人にはたいへん忠実で愛情深いという性格も見せてくれます。しつけしやすいでしょう。飼い主とその家族には忠実な性格を見せますが、他の犬に対しては警戒心が強く、攻撃的な性格も見せます。それはカレリアンベアドッグの命をかけてでも家族を守るという勇敢な性格の表れからです。フィンランドでは昔から熊やヘラジカ、イノシシといった大物の刈りをしてきたので、怖いもの知らずの勇敢な性格の持ち主と言えるでしょう。かつてフィンランドではガードドッグ(守衛の助手もしくは自ら守衛として働く)としても使われていました。そして主人に対しては絶対服従を示します。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー