トイフォックステリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

トイフォックステリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

5754
update

トイフォックステリアはアメリカ合衆国産のテリア犬種のひとつで、日本ではあまり見かけることがありませんが、アメリカやイギリスでは根強い人気のある犬種です。テリアキャラクターを持ってはいるものの、セラピードッグとして活躍している犬種でもあります。そんトイフォックステリアの特徴や飼い方のコツを紹介します。

5754
update

トイフォックステリアの特徴

www.flickr.com

別名アメリカントイテリア、またはアメトイとして原産国のアメリカ合衆国で親しまれているトイフォックステリア。

イギリスにも愛好家たちがたくさんいるそうですよ。

そんなトイフォックステリアの体型や外見的特徴、寿命についても説明します。

トイフォックステリアの体型や外見的特徴

トイフォックステリアの平均的な体高はオスとメスともに22cm~29cmくらいで、体重はオスとメスともに1.5kg~3kgほどの小型犬です。

華奢な体つきをしていて細長い足が特徴的ですが、俊敏で運動量はとても多いそうです。

頭の形はトイマンチェスターテリアに似ていて、マズルはやや長めで先が丸くなっています。

首が長めで非常にバランスのいい体型をしています。

耳は立ち耳でV字型をしていて、大きなクリクリとした目を持っています。

飾り毛のない垂れた尻尾は、断尾で半分くらいの長さにすることが多いようです。

短いスムースコートの被毛は艶やかで光沢があります。

トイフォックステリアの寿命

トイフォックステリアの平均寿命は13歳から14歳くらいとされています。

小型犬の中では平均的な平均寿命だということがわかります。

比較的健康な犬種ですが、小型犬特有の病気などがあるので、健康管理に気を付けて長生きしてほしいですね。

また良質のドッグフードを食べさせたり、室内飼育で大切に育てる飼い主も増えていることで、平均寿命は延びている傾向にあるようです。

トイフォックステリアの歴史

Toy fox terrier

Rosa Jay/shutterstock.com

トイフォックステリアは、1930年にアメリカ合衆国で誕生した犬で、別名、アメリカントイテリアや、アメトイと呼ばれることもあります。

サイズが小さくて軽く、愛玩犬としてもネズミ駆除犬としても飼育することができるように作出されました。

作業犬として活躍していたスムースフォックステリアをベースにしましたが、ただ単に小さな個体の交配を繰り返すだけでは病理的なリスクが伴います。

それで、スムースフォックステリアに様々なトイ犬種が交配されました。 交配された犬種にはチワワミニチュアピンシャー、イタリアングレーハウンド、トイマンチェスターテリアが用いられたとされています。

その結果トイフォックステリアはトイ犬種の優美さと、テリア犬種の丈夫な骨格、俊敏性を兼ね備えている犬になりました。

主に愛玩犬として飼育されていますが、ネズミ駆除犬として農場などで用いられることもあります。

ユナイテッドケンネルクラブで1936年にテリアグループとして公認されたトイフォックステリアは、その後1949年にアメリカ合衆国オハイオ州で正式な犬種クラブが設立されました。

ただ、スムースフォックステリアの小型と認識されたため、犬種団体に独立犬種として公認されるまでには時間がかかりました。

公認を求める活動が続けられ、その熱心な活動が実ったのは2003年のこと、ようやくアメリカンケンネルクラブにトイグループとして公認されました。

トイフォックステリアは適応力に優れ、訓練能力が高いため、サーカスの一員として活躍することもありました。

また、愛玩犬としてはもちろん、ドッグショーに登場したり、聴導犬やセラピードッグとしても活躍しています。

アメリカやイギリスでは人気のある犬種ですが、それ以外の国ではまだまだ珍しく、知らない人も多いようです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー