犬の身体について知ろう。犬の身体能力を大解明!

犬の身体について知ろう。犬の身体能力を大解明!

1807
update

わたしたち人間をはるかにしのぐ身体的能力を有する動物は、たーくさんいますよね。人間より力があったり,暗闇を見れたり,速く走ることができる動物がいます。では、そんな動物たちの中で、今回は、犬にはどんな身体能力があるのか代表的な【聴覚】【視覚】【嗅覚】【運動能力】を大解明しちゃいましょう。

1807
update

■犬の身体能力【聴覚】

www.flickr.com

パトカーや消防車などのサイレンの音に反応してよく吠えることがありますが、これはなぜでしょうか?

それは、犬の聴覚が反応するサイレン音の周波数が別の犬の遠吠えの鳴き声とマッチするからでしょう。

ちなみに、その周波数の話なんですが、人間の聴覚は20Hz~2万Hzぐらいを聞き分けられるに対して、犬の聴覚は15Hz~5万Hzの音域をききわけることができちゃいます。

つまり犬の聴覚は、人間の2倍以上の音を聞き分けることができるんですね。 ですから犬の聴覚は、優れた身体能力の一つといえます。

また犬の聴覚が優れているといえるのは、犬が寝ている時に、嗅覚は機能を停止していますが、聴覚はいつも働いているからです。

物音を立てると「何だ!何だ!」とすぐに起きあがります。 そうです。犬が番犬として活躍できるのは、この常に物音を察知してくれる聴覚という優れた身体能力のおかげなんですね。

さらに、犬の聴覚は遠く離れた場所の音も聞き取ることが出来ます。その距離は、人間の約4倍と言われています。 飼い主の足音が聞き取れたり、飼い主が運転する車のエンジン音を理解できたりするのも、この犬の優れた聴覚の身体能力のおかげのようです。

■犬の身体能力【視覚】

犬の視覚は、人の視力で表すと0.2~0.3程度のようです。 ですから、目が悪い人と同じように、ぼんやりしていて、くっきりとみることができないようです。また、犬の視覚は、色の識別能力が低く、見分けられる色は限られているようです。 でも、犬の視覚の優れている点は、動きのあるものに対して、人間の視覚より、犬の視覚は、とてもとても発達しているんです。犬の視覚は、動くものには例え100メートル先でも敏感に反応します。 また、犬の視覚に関して、視野がとても広いことも優れています。人間の視野は約180度なのに対して、犬の視野は約250度を見ることができるといわれています。 ですから、危険を察知したり、獲物を探すときなどに対して、この犬の視覚は、優れた身体能力といえます。 また、犬の視覚には、暗がりで物を判別して見る能力を持っています。それは、人間の8倍といわれています。 犬の視覚は、狩りをする上でとても役立つ優れた身体能力として発達していったのでしょうね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー