1年間でどれだけ大きくなる?子犬の成長はすさまじい!

1年間でどれだけ大きくなる?子犬の成長はすさまじい!

update
mofmo編集部

mofmo編集部です。

mofmo編集部

犬は人間に比べて圧倒的に成長スピードが速いです。そして、人間の赤ちゃんの成長スピードにも人によってある程度の違いがあるように、犬種や体格差などにより犬の成長のスピードにも違いが生じます。犬は1年間でどれくらい大きくなるのでしょうか。この記事では、その点を紹介します。

update

犬の成長スピードを知ろう

立ち姿のビーグル

pixabay.com

犬の成長のスピードはまちまちです。体の大きさによって成長のスピードも違いますし、同じ種類の犬であっても個体差があります。では、犬は1年間でどれくらい大きくなるのでしょうか?解説します。

1年間でどれくらい大きくなる?

犬の赤ちゃん

pixabay.com

小型犬、中型犬、大型犬が、それぞれどれ位で成犬になるかがわかれば、1年間でどれ位の大きさになるかイメージしやすくなります。それぞれについて考えてみます。

小型犬

チワワの赤ちゃん

pixabay.com

小型犬には、チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、シーズー、ポメラニアンなどが含まれます。小型犬の場合は生後10か月ほどで成犬になります。

小型犬が生後10か月以降に急激に成長することはありませんので、小型犬は生後1年で、すでに成犬の大きさになっています。

小型犬の赤ちゃんは100g台で、これは卵2つ分ほどの重さです。とても小さいですが、成犬になると、個体差はありますが、約100倍の10~15kgになります。2リットルの水が入ったペットボトル5本分位の重さになるということです。種類にもよりますが、体高が40㎝になることもあります。

中型犬

コーギーの赤ちゃん

pixabay.com

中型犬には、柴犬、コーギー、ブルドック、ビーグル、スピッツなどが含まれます。

中型犬の場合は生後1年ほどで大きくなります。ですので生後1年経てば、もう成犬といえるサイズになります。

中型犬の赤ちゃんは、200g台とりんご1個分位の重さです。それなりに小さいのですが、成犬になると、個体差はありますが、約100倍の20kg前後になります。10kg入りの米袋2つ分ほどの重さです。種類にもよりますが、体高が50㎝になることもあります。

大型犬

ゴールデンレトリバーの赤ちゃん

pixabay.com

大型犬には何が含まれますか。例えば、秋田犬、土佐犬、ゴールデンレトリバー、コリー、シェパードが含まれます。

大型犬の場合は生後1年半ほどで成犬になりますので、生後1年後だと、まだ成長の余地がある場合があります。

大型犬の赤ちゃんは300gを超えることもあり、それなりに大きく、350mlの缶ジュース1個分位の重さです。

成犬ともなると、個体差はありますが、やはりその約100倍の25kgから30kgになります。その重さは人間の小学校1~2年生の子どもと同じ位です。種類によるものの、体高が60㎝になることもあります。

大型犬の場合、生後1年半ほどで成犬になりますので、一般的に生後1年で、それに近い大きさに成長していることになります。

このように、犬はたったの1年でかなり成長します。成長期にはしっかりとした体作りができるよう、いつも以上に食事や運動量を気にかけてあげたいですね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板