【しつけの方法】あなたにでもできる犬のお手のしつけ方のコツ!

「お手」は、犬を飼っていない人でも、犬を見るとついつい言ってしまう言葉ではないでしょうか?飼い主さんになったら、愛犬にはお手をしてもらいたくなりますよね!愛犬に「お手」を理解してもらって、バッチリ習得してもらいましょう!

【しつけの方法】あなたにでもできる犬のお手のしつけ方のコツ!

愛犬に「お手」を理解してもらいましょう!


「お手」は、飼い主の手に、前足を置くことであると理解してもらうことから始めましょう!お手は覚えていなくても日常生活で困ることはありませんが、基本のしつけとしての認識が高いので、まずは飼い主さんとのコミュニケーションの一環としてしつけていくと良いですね!

愛犬に「お手」のしつけをしてみましょう!


まずは、愛犬の正面に座ります。そのとき、犬も座らせておくようにして、飼い主さんはおやつを犬に見せます。そして、おやつを犬が取れないように右手で握ってください。その右手を、犬の右前足の前に置きます。そうすると、犬はおやつが欲しくて取ろうと必死になるはずです。この時はおやつをあげずに、諦めるのを待ちましょう。諦めたら、もう一度犬におやつを見せて、握りしめた手を右前足の前に出します。それから、犬が右前足で飼い主さんの手を触ったら「お手」と言いましょう。それからおやつをあげて、思いっきり褒めてあげてください。 これらの流れを何度も繰り返すと、おやつを持っていなくても、飼い主さんが右前足の前に手を出して「お手」と言えば、犬は飼い主さんの手に右前足を乗せてくれるようになります。

愛犬にお手をしつけるポイント!

おやつを見せて、欲しがっている状態では、興奮しているので「お手」の声が耳に入ってきていません。犬が落ち着いている状態かどうかしっかり確認してから進めるようにしましょうね! お手をしてくれたら、嬉しくて犬の前足を握りたくなるかもしれませんが、ギュッと握って犬に痛いという記憶を残させないように注意してください。しっかり出来たら、褒めてあげることが何よりも大切です!

愛犬がお手を覚えたらできることが増える!

お手が出来るようになったら、ワンステップアップで、「ハイタッチ」もできるようになります!また、お手が出来れば、散歩の後の足ふきの時もとてもスムーズにできますし、爪切りの時にもお手のポーズで楽に作業できるようになりますよ! 基本中の基本である「お手」をマスターすることは、愛犬と飼い主さんの絆をより深くしてくれると思います!是非チャレンジしてみてくださいね!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!

「芸・コマンドのしつけ」のキーワード

「芸・コマンドのしつけ」に関するキーワード