猫の目の色にはいくつの種類があるのか

猫の目の色は多彩です。ですがどんな種類があるかはご存知ですか?メジャーな色からレアな色まで、見ることが珍しい色もありますので猫の目の色についてご紹介します。

猫の目の色にはいくつの種類があるのか

猫の目の色はいくつ種類があるの?

猫の瞳の色ってさまざまな色がありとっても綺麗で猫の魅力の一つでもありますよね。そんな猫の瞳の色は、主にグリーン・ヘーゼル・アンバー・カッパー・ブルー・レッド・オッドアイ・ダイクロイックアイの8種類に分かれます。

また明るいところと暗いところでは黒目の大きさが変わるのも猫の瞳の特徴ですね。猫の瞳は遺伝子で左右されてしまいますが、オッドアイやダイクロイックアイといった珍しい色が産まれるのも事実です。

ではどんな特徴があるのか色別にご紹介しますね。

猫の目の色は、親から受け継ぐ遺伝子で決まる

生後間もない子猫の瞳は青い色をしています。これをキトゥンブルーといいますが、生後1か月を超える頃から通常の色へと変化していきます。

猫の瞳の色は、実は親から受け継ぐ遺伝子で決まっています。大体が親と同じ瞳の色へと変化していくのですが、稀に突然変異が発生してオッドアイになったりする猫もいます。

猫の目の色の種類:通常

ここでは猫の瞳に多く見られる色をご紹介します。猫にも実は珍しい瞳の色が存在しているのですが、大抵の猫はこちらの瞳の色の猫です。

自宅で飼っている猫の瞳の色だけではなく、お出かけした先で見かけた猫の瞳も観察してみると自分が見たことがない色をしているかもしれませんよ。

グリーン

瞳の中の膜「虹彩(こうさい)」のメラニン色素が少ない場合にこのグリーン色になります。色素が少ないのに瞳がグリーンに見えるのは、猫の瞳の中で光が反射しているからという説があります。

猫の瞳はメラニン色素が少ないほどグリーンに近い色になり、メラニン色素が多いほどカッパーに近くなります。

ヘーゼル

グリーンからブラウンへと瞳の中でグラデーションが起こっている色がヘーゼルになります。よくアンバーをこのヘーゼルと間違える人がいますが、アンバーは単色に対しヘーゼルは多色となります。

洋種の猫と和猫のハーフに多い瞳の色になります。メラニン色素はグリーンの次に少ない色です。

アンバー

アンバーってどんな色?と言われれば、琥珀色のことです。単色の色からなっているのが特徴です。

メラニンの偏りがないので、琥珀色しか存在しない瞳の色になります。

カッパ―

メラニン色素が多いカッパーは銅色です。メラニン色素が多いほどブラウンに近づいてくるので、綺麗なブラウンというよりはダークブラウンに近い色かもしれません。

日本の猫に多い色になっています。そのため洋猫に多いグリーンと和猫に多いカッパーが交わることでヘーゼルの瞳を持つ猫が生まれます。

猫の目の色の種類:レア

猫の瞳は不思議なことが起こっていることも。特にオッドアイやダイクロイックアイなんかは滅多にお目にかかれないのではないでしょうか?

では猫の瞳の色で「レア」と言われる色についてご紹介しますね。

ブルー

猫の瞳のグリーンと同じで「レイリー散乱」と呼ばれる現象により瞳の中で光が反射してブルーに見えています。しかしブルーの瞳の多くは遺伝的疾患のせいだと言われています。

小さい子猫に見られるキトゥンブルーとは違います。主に白い毛を持つ猫に多い瞳の色です。

レイリー散乱とは、光の波長よりも小さいサイズの粒子による光の散乱である。透明な液体や固体中でも起きるが、典型的な現象は気体中の散乱であり、太陽光が大気で散乱されることによって、空が青く見えるというものである。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%95%A3%E4%B9%B1

レッド

ブルーよりも希少な色がレッドになります。この赤い目は「アルビノ現象」によりメラニン色素を作り出すことが出来ないため、瞳が赤くなってしまうのが原因です。

またアルビノは毛や皮膚が白いことも特徴です。瞳が赤いのは瞳孔の毛細血管の透過によるもので、猫の瞳の色は遺伝子で決まりますが、この赤い色は突然変異で生まれます。

オッドアイ

オッドアイとは一頭の猫の瞳が複数の色になっている状態のことです。正式には「虹彩異色症」といいます。左右で瞳の色が違うので、オッドアイは一目見て分かります。

見た目が珍しく、日本では昔から「金目銀目」と可愛がられてきましたが、多くの場合青い目の耳に障害を持っていることがあります。

ダイクロイックアイ

猫の瞳の色の中で最も珍しいのがダイクロイックアイです。一つの眼球の中に複数の色が存在しているのがダイクロイックアイになりますが、それならヘーゼルと一緒と思うかもしれませんね。

ですがヘーゼルはグラデーションがかった瞳に対しダイクロイックアイは見て分かるほどはっきりと2色に分かれているのが特徴です。

まとめ

猫の瞳の色も多彩で面白いですね。オッドアイやダイクロイックアイはなかなか見る機会がないですが、街で見かけたらラッキーかもしれませんね。

また散歩の時や外出しているときに猫の目の観察をしてみても楽しいと思うので、猫を見かけた時は瞳を覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

      「オッドアイ」。一目見ただけで目が離せなくなるような不思議な魅力がありますよね。このオッドアイは猫にも現れることがあり、やはりその魅力に虜になる人も多いようです。今回は、オッドアイの猫の値段や生まれる確率について調べてみました。

      5533
    • 白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

    • 白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

      アナタはオッドアイという言葉を知っていますか?神秘的で美しい瞳【オッドアイ】をもつ猫についてまとめてみました。良い事ばかりじゃない…オッドアイにはそれなりのリスクがある!?原因や短命、そして魅力。是非アナタもオッドアイの隠れた秘密をご存知になって下さい♪

      59161
    • 猫がグーパーする理由と意味は?モミモミする秘密について

    • 猫がグーパーする理由と意味は?モミモミする秘密について

      猫がグーパーしながら両手をモミモミしているのを見たことがありますか?猫によってはグーパーしながらゴロゴロと声を出す子もいます。このかわいいしぐさにはどんな意味があるのでしょう?また、どんな理由でグーパーしているのでしょう?

      9824
このまとめのキュレーター

www1066