犬が長生きする秘訣4選!愛犬といつまでも暮らそう!

出来るだけ健康で長生きしてほしいのは人間だけではなくペットも同様です。一般的なペットの中で犬は非常に長生きの部類に入るでしょう。寿命を延ばすにはどんな飼い方があるのでしょうか?実際に長生きしている飼い主さんの意見を集約して、そのコツを探りました。

犬が長生きする秘訣4選!愛犬といつまでも暮らそう!

犬種によっても寿命は変わる!?あなたの愛犬を長生きさせるには

ペットである犬ですが、飼い主さんにとっては家族同然。愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しいものです。 しかし犬は自分で体調管理も出来なければ不調を訴えてもきません。 飼い主であるあなたがしっかりと健康管理をしてあげなくては犬は長生きできないのです。 今回は犬が長生きするにはどうしたらいいのか、様々な観点から犬の長生きの秘訣を探っていきましょう。

犬の平均寿命は体重によって違う

まずマルチーズ、ミニチュアピンシャー、ミニチュア・ダックス、ヨークシャーテリア、パピヨン、チワワ、トイプードルなどは、平均寿命12年13年と長く、次いで長いのが雑種で体重15キロ以下の犬です。体重で15キロ以上20キロ以下までの犬種は長くて10年程度、サモエド、ゴールデンレトリバー、シベリアンハスキー、など、かなり寒い地域に特化した犬種は日本の真冬でも耐性があるので、比較的10年程度の大型犬としては長生きです。 バーニーズマウンテンドッグ、レオンベルガー、バセットハウンドなど、最初から血統として雑種交配が弱い種は逆に寿命は短く短ければ7年、長くても9年以下という場合が多いです 和犬は意外に短く、柴犬で10歳が程度、秋田県では8歳、紀州犬で11歳前後で、これもやはり血統が濃い非常に原種に近い個体なら寿命はやや短めになります。 犬の寿命は血統が濃いもの、例えばチャンピン犬種と言われる体型や、血筋で2世代くらいまでの血統ならば寿命は短く、血統がその品種でも交配は別の血筋から得られていると比較的長生きしやすいといわれています。

外飼いと室内飼いどっちが長生き?

季節ごとの気温差を比較すれば、室内では野外に比べ気温差の影響を受けないので、外的ストレスの意味では低いです。 人間が季節の変わり目で体調を崩しやすいのと同じで犬も気温の変化で風邪を引いたりします。 小さな病気でも頻繁に体調不良になればそれが原因で別の怖い病気を引き起こす可能性もあります。 そういった意味では室内外の方が健康状態は良好に保てるでしょう。 しかし、飼い主さんとの相性の問題で、室内では常に自主的な運動を阻害されることもあります。 そして飼い主さんの生活スタイルに合わせる必要もあるのです。 帰りが遅い家のなら、深夜まで部屋には明かりがありますし、飼い主さんが犬と遊ぶ時間が長いと、睡眠も阻害されることは多いものです。

長生きの秘訣①:食事が適切であること

犬に長生きしてもらうには食事がとても重要です。 食事を与え過ぎれば肥満になりますし、少ないと栄養不足で免疫力が低下してしまいます。 どちらも病気にかかるリスクが大きくなるので食事の量や内容には特に気を付けましょう。 では長生きするためには、食事の量はどれくらいがいいのか。 残念ながらこれは犬種や年齢によって様々なので、明確に『これだけ!』とは言えません。 愛犬の犬種の年齢ごとの適正体重や食事量を調べてみるのがいいでしょう。 また、かかりつけの病院の獣医さんに相談すればさらに的確にアドバイスがもらえるはずです。 共通するのは適正体重を維持できる食事であるということです。 太り過ぎずやせ過ぎず、常に適正体重を気にかけた食事を与えましょう。

長生きの秘訣②:そこそこの愛情

17年を超える長生きな犬と出会ったことがあります。流石に年齢を感じさせる印象ですが、特徴的なのが『犬を犬として飼う』というご家庭で、可愛がり方も、成人した自分の子供と同じく、あまり積極的に構わないんですね。体が小さい小型犬なども、普通に飼っていますが、基本は成犬となったら、犬の自由のままに育てていることが多いです。 犬も人間同様、老化と共に体力も低下します。昔は楽しかった飼い主との触れ合いも体力的に厳しくなってくるものです。 なので愛犬が老犬になったら必要以上に遊んだりせず、犬が遊びたい時だけ遊んであげるというのがいいのかもしれません。 しかし、『必要以上に遊ばない』というのは何も放置していいということではありません。 ちゃんと愛情はそそぎながらも無理をさせないということが大切なのです。

長生きの秘訣③:マッサージをおこなう

犬種を問わず、犬は生後5~6年から正常な状態で脂肪が薄くなり、全体的に痩せるのが普通です。特に腰と背中は触ると骨を感じるほどになります。時々で構わないのですが、季節の変わり目など気温差が激しい朝、晩にマッサージすると、血流も良くなり1日元気でいることができます。 マッサージといっても特に難しいことではありません。 ただ犬の全身を撫でるようにマッサージしてあげるだけで大丈夫です。 時間的には朝晩の餌の時間の合間が良いでしょう。。

長生きの秘訣④:いつも均等の愛情をそそぐ

その時々によって気分で犬の接し方が変わると犬にとってはストレスの原因になります。 自分は何もしていないのに、優し時もあれば冷たい時もあるというのは犬にとってよくありません。 もちろん飼い主さんの気分にも浮き沈みはあるのは当然です。 しかしそんな時でも犬にはいつも通り接してあげてください。

まとめ

いかがでしたか? 犬が長生きするには健康状態も大切ですが飼い主との関係も非常に重要なのです。 日頃から愛犬への愛情を疎かにしていると長生きは出来ないかもしれません。 大切な家族である愛犬には常に愛情思って接してあげて下さい。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!