ダックスフンドの寿命とはどれくらい?平均寿命について

ダックスフンドの寿命とはどれくらい?平均寿命について

1759

ユニークな体形が愛らしいダックスフンドはいつまでもそばで寄り添ってほしい犬ですね。ダックスフンドは何歳まで生きる犬種なのでしょうか?平均的な寿命とできるだけ長く生きてもらえるようにできることが何かあるのか考えてみましょう。

1759

ダックスフンドの平均寿命はどれくらい?

愛犬には長生きしてもらいたいというのは飼い主の願いですよね。そもそも犬の平均寿命は一体どのくらいなんでしょうか?

愛犬が少しでも長生きするための秘訣が何かあるのでしょうか?長寿の秘訣についても紹介します。

犬の寿命は犬種でも違う

犬の平均的な寿命は犬の大きさによって異なります。大型犬よりも小型犬の方が寿命が長くなります。

大まかな平均寿命ですが、小型犬で12歳~14歳が平均で、中型犬だと10歳~12歳、大型犬の平均寿命は10歳前後と言われています。

犬の寿命は体格だけでなく同じサイズの犬でも犬種によって違ってきます。ミックス犬だと同じサイズの純血種よりも寿命が延びたりすることがあります。

ですからここで取り上げる平均寿命はあくまでも一般的な長さであって、個体によってそれぞれ異なることを覚えておくようにしましょう。あくまでも目安ととらえてください。

ダックスフンドの平均寿命は14~17才

ダックスフンドの平均寿命はどうなのでしょうか?ダックスフンドは中型犬の一種で平均寿命は14~17歳と言われています。

中型犬の中でも比較的長生きの犬種なのはうれしいことですね。個体差もあるので、長生きのためには飼い主の健康管理がとても重要になってきます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー