犬の喜ぶ撫で方ってどうやるの?仲良しになれる撫で方のコツ。

犬の喜ぶ撫で方ってどうやるの?仲良しになれる撫で方のコツ。

1239
update

犬も気持ちが良い場所を撫でられると喜んでくれます。撫でられたい場所を、撫でられたいタイミングで大好きな飼い主さんに撫でてもらえたら絶対にハッピー!今回は犬と仲良しになれる、喜ぶ撫で方のコツを紹介します♪

1239
update

犬が喜ぶ撫で方「痒い所に手が届く!」

Female hands patting dalmatian dog

Africa Studio/shutterstock.com

犬だって、いろいろな場所が痒いと感じています。 しかし、人間の指のように起用に細かい場所をかくことはできません。

その中で、特にここが痒いけどかけないし、細かく触れない!という場所が顔です。 眉間から鼻にかけての凹凸は、犬の手足では細かく触ることができません。

そのため、犬の喜ぶ撫で方のコツとしては、この痒い所に手が届く感じで、顔の凹凸を撫でてあげることです。 犬が顔を気にしていたら、飼い主さんの手でそっと撫でてあげてください。 きっと犬は「なんてよく気が付く飼い主さんなんだろう!」と感動してくれますよ。

犬が喜ぶ撫で方「脇の下をこちょこちょ!」

犬は自分の脇の下は掻いたり舐めたりすることができません。 脇の下をブラッシングしながら撫でてあげるようにしましょう。

脇の下はこそばゆいかもしれないと思うかもしれませんが、こちょこちょしても大丈夫ですよ。

特に毛の長い犬は毎日撫でたりブラッシングしたりして、皮膚の状態や毛玉ができていないかも確認してあげてくださいね。

犬が喜ぶ撫で方「マッサージ風に撫でる」

犬にも本格的にマッサージをしてくれたり、お灸をしてくれるサロンがあります。 家でも飼い主さんが愛犬にマッサージをしてあげると良いですね。

犬にも人と同じくリンパが流れています。 その流れを知ってマッサージしてあげましょう。 最初は分からなくても、愛犬が気持ちよさそうにしてくれれば、そこはとても気持ち良いということです。 喜ぶ撫で方のポイントは、「耳の後ろから背中に向けて一方通行でマッサージすること」です。

また、犬の頭のてっぺんから首を通って背中、しっぽまでゆっくりと一直線に撫で、最後はしっぽを軽く握りスッと抜く方法は、犬が自分の身体感覚を自覚しリフレッシュできる撫で方です。

耳も緩く耳の根元を片手で軽く握りマッサージした後で耳の先へ向かって手を抜くようにするのが犬に喜ばれる気持ちのいい撫で方です。 耳の後ろはリンパがたまりやすいので、力を入れ過ぎないよう気をつけながらしっかりほぐしてあげてくださいね。

犬が喜ぶ撫で方「急所を撫でる!」

Female hand patting smiling brown dog head

Halfpoint/shutterstock.com

顎の下は子犬の頃、母犬に舐めてもらっていた記憶があり、大好きな飼い主さんに撫でてもらうと子犬の頃のような懐かしい気持ちになり犬は幸福感に浸ってうっとりとなってしまいます。

顎の下などのお腹に近い部分は、犬もよっぽど安心している相手にしか触らせません。 顎の下は気持ち良いポイントですが、お腹、つまり急所に近いので初対面の犬などは触らないようにしましょうね。

顎の下だけでなく、愛犬の場合は頬も撫でてあげましょう。 食事の汚れや唾液などで汚れている場合もあるので、きれいにしてあげながらモミモミしてあげると喜びますよ。

老犬になっていけばいくほど、マッサージを気持ちよくうけてくれる傾向があります。

飼い主さんの体温と愛犬の体温を感じあえる素敵な時間です。 犬が喜ぶ撫で方は、飼い主さんも喜ぶ撫で方なのでぜひやってみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 ハマグリ
通報

これ読んで、あちゃーと思いました。犬を撫でる時、どこでも撫でてあげれば喜んでくれちゃうよねと、簡単にしか思ってなくて、どこをどう撫でるかとか全然意識していませんでした。ちゃんと、喜ばれる場所があって、そこを撫でてあげないとですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー