猫が耳掃除を嫌がる!工夫できる耳掃除のやり方とは?

猫が耳掃除を嫌がる!工夫できる耳掃除のやり方とは?

1933

猫は綺麗好きですし、そんなに耳の中まで汚れることはありませんが、放っておくと外耳炎、難聴、耳道閉塞を起こすことがあります。なんとかきれいにしてあげたいと思うものの、耳掃除を嫌がる猫であれば大変な儀式になってしまいますね。でも、月に1~2回大丈夫。おうちで簡単にできる猫ちゃんの耳掃除のやり方を一挙紹介です。

1933 |

耳掃除の前に耳垢について知っておこう!

cat ear, cat , ear

SunatP/shutterstock.com

「耳垢」などという言葉から耳垢は汚いというイメージがあるかもしれませんが、耳垢の正体をご存じですか?

耳垢というのは、鼓膜の中心から新しく出来た皮膚が、新陳代謝のために入口へと移動して剥がれ落ちたものなのです。

ですから、耳垢は皮膚の皮なので汚いわけでもありませんし、耳垢が溜まるのは耳の入り口付近だけなので奥まで掃除する必要はありません。

猫の耳は、人間の耳とは異なりL字になっており、外から鼓膜が見えません。 猫にとって耳は重要な感覚器官であり、トラブルが起きないように汚れにくくなっています。

スコティッシュフィールドやマチカンなど垂れ耳の猫は耳の通気性が悪いので耳垢が溜まりやすいようです。

猫の耳に黒い汚れがあるとき

耳垢は汚いものではないと言いましたが、猫の耳の中に黒い汚れが見られることがあります。

そんなときは耳垢にミミダニが繁殖しているおそれがあります。

そのままにしておくと外耳炎や中耳炎といった耳の病気になってしまいます。動物病院に連れて行き、検査や耳掃除をしてもらいましょう。

他にも耳の中から不快な臭いがしたり、猫が耳を気にして掻こうとしたり頭を振る場合、耳の中が赤く炎症を起こしているときは自宅でのケアをする前にまず獣医師に診察してもらいましょう。

そうではない普段の耳掃除は飼い主でも行うことができますのでチャレンジしてみましょう。

実際に猫の耳掃除をやってみましょう!

Woman cleaning cats ears at home with wool

frantic00/shutterstock.com

用意するもの

猫用の耳掃除クリーナーかオリーブオイル。 コットンかティッシュペーパーを用意してください。 (耳に黒い汚れが付いているような場合は、耳ダニの死骸や糞かもしれません。耳ダニにはオリーブオイルが効果的です)

猫の耳掃除のやり方

ステップ①コットンにクリーナーを染みこませる。

ステップ②そのコットンを指に巻きつける。

ステップ③猫の顔や身体に片手を添えて固定させます。

ステップ④耳の付け根を軽くマッサージして、警戒心を和らげます。

ステップ⑤耳の外側から徐々に優しく汚れを拭うようにして拭き取ります。

おまけ・ご褒美をあげる

ステップ⑥片側も同じ手順で行う

猫の耳掃除時の注意点

www.flickr.com

刺激のある液体を使わない

アルコール類、その他の消毒液などは効果が特にあるわけでもなく、猫も嫌がります。

必ず犬猫専用のイヤークリーナーかオリーブオイルを使いましょう。

ゴシゴシ擦らない、掃除しすぎない

耳の皮はとってもデリケート。かえって傷が付いてしまいます。

イヤークリーナーを浸み込ませたコットンで軽く触れるだけでも構いません。

最近ではイヤークリーナー不要の耳掃除用ウエットティッシュも手ごろな値段で購入することができますので、慣れるまではそれを使ってこまめに耳にタッチしてあげることから始めてもいいですね。

綿棒は使わない

猫の動きは予想できません。急に動いた時に綿棒が奥に刺さってしまうことがあります。

子猫のうちは何もしなくても耳の中は結構綺麗です。大人になるにつれて汚れやすくなります。

なので、子猫のうちから耳の中を触られることに慣れているなら、大人になった時に耳掃除を嫌がらずにできるように備えることができるでしょう。

身体のどこを触っても嫌がらないように、むしろ人に触ってもらえると気持ちいいと覚えてもらうようにできるといいですね。

数頭飼いしている猫なら、猫同士で舐め合いながら耳掃除をすることがあります。

自分では耳掃除が難しいと感じる場合

人間でも耳の中はとてもデリケートな部分ですが、猫の耳の中はもっと傷つきやすいので、初めての飼い主さんには耳掃除はちょっと怖く感じるかもしれません。

また、猫が嫌がってしまいうまくできそうにないときは、動物病院でも耳掃除をしてもらえます。

トリミングサロンを併設している動物病院では耳掃除や爪切りの料金が表示されているところもあります。

もしわからない場合でも、相談すれば応じてもらえますし、特に病気を併発していなければ心配するほどのお値段ではありません。

だいたい料金の相場は500~1000円程度です。街のトリミングサロンでもお願いすることはできますが、利用するのは犬が殆どですから、感染症予防の観点から猫には対応していないところもあります。

普段から猫のシャンプーをサロンでお願いしているならば、耳掃除はサービスで行ってくれているはずです。

猫の耳掃除のやり方のまとめ

いかがでしたか? 耳掃除は、耳の健康チェックや飼い主とのスキンシップや絆を深めることにもつながります。

耳掃除を嫌がる猫もきっと好きになること間違いなしですね。 それでも、耳掃除を嫌がる場合は、病気の可能性もありますから、その時は病院へ連れて行ってあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
9 名無しさん
通報

スコティッシュフィールドやマチカンを飼育すると耳掃除が必要なんですね。確かに耳の通気性は悪そうだし、掃除をしてあげないとダメそうだなって思いました。うちの猫には関係なさそうだけど。

8 アン
通報

猫に耳掃除をするのも、テクニックがいるなと読んでいて思いました。掃除をしすぎても良くないから、その加減が難しそうです。嫌がらないよう、ちょうど良い加減で行えるようになりたいものです。このページを参考にさせてもらいます。

7 さえこ
通報

猫の耳掃除なんか必要?あの子たち自分で綺麗にするでしょ?と思ったけど、スコティッシュフォールドとかは自分で掃除するのにも限界があるのか~。そっか。それは盲点だったな。耳ダニとか怖いし、時々注意してみてあげないといけないですね。

6 こねこ
通報

猫の耳掃除はコツですよね。一度うまくいけば、そのあとは猫も警戒しないのでスムーズに掃除させてくれます。猫だって人間と同じで耳掃除されるのは気持ちがいいんですけど、上手にしないと嫌がるんですよ。人間と違って構造が複雑なのもあって、痛い時があるんでしょうね。

5 ビー
通報

結構ちゃんとやると気持ちよさそうにしてくれるので、やりがいがあります。でも、時々ふいに嫌になるのか暴れ出すことがあるのでそんな時は困ります…。でも大切なことだから諦めずに頑張ってしないといけないですね。

4 名無しさん
通報

一緒にじゃれて遊んでいるときにこうした耳チェックなども合わせて行なっておきたいですね。オリーブオイルも耳掃除に良いんですね。耳ダニ効果もあって。使ってみたいと思います。

3 スキムみるく
通報

猫ってなかなかじっとしていてくれるものではないので、耳掃除はスキルが求められると思います。猫の耳はデリケートと言われると、掃除をする時の加減が少し難しいと感じてしまいます。ですがやってみて、猫がどんな反応をするのか見るのも大切です。怪我には特に注意して行わないといけませんね。

2 ピーちゃん
通報

耳掃除って大変ですよね。でもこの記事を読んで、もっと簡単に考えてもいいのかなと思いました。耳の毛も中にごみが入らないようにできているのだし、そんなに問題になることがないと思いました。耳が垂れている猫は湿気がこもりやすいのでそういったことを注意するようにとも前によんだことがあったので、定期的に入口付近を掃除した時に換気してあげればいいのかなとも思いました。病気にならない為の耳掃除が必要ですね。工夫すれば、意外とできそうだなと思える記事でした。

1 名無しさん
通報

猫の耳掃除は慣れてる猫じゃないと難しいです。やっぱり人間に耳の中を触られるのは嫌な子が多いので、暴れたりしますしケガにもつながりやすくなります。子猫の時から癖をつけないと、なかなか難しいのが現実です。自分でできない人は病院で定期的に見てもらうといいでしょう、外耳内耳の病気予防にもなりますし。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー