東京都大田区をわんこと巡る 厳選スポット5選

東京都大田区をわんこと巡る 厳選スポット5選

3748
update

東京都大田区。大田区という名前より、蒲田や羽田空港の名前の方が有名だと思います。大田区は東京23区で一番の面積を誇ります。その区域のかなりの部分が埋立地であり、計画的に整備された公園が数多くありますので、わんちゃんを連れて遊べるスポットを紹介してまいります。

3748
update

東京の玄関、日本の玄関を抱える湾岸都市大田区

Happy and active purebred Welsh Corgi dog outdoors in the grass on a sunny summer day.

Veronika 7833/shutterstock.com

大田区は東京都心から一番離れた場所にある区で、直線距離で15キロあります。ただし、羽田空港を抱えているので、交通手段は発達しており、便利な区でもあります。

23区で一番の大きさを誇る、その理由は区の3分の1を占める羽田空港があるからです。実際以前は2位でしたが、羽田空港の拡大によって、世田谷区を抜いて一位になっています。

区内には羽田以外でも有名な場所はたくさんあります。商業施設が集中し、文化の中心になっている、蒲田周辺地区は全国でも有名な地名ですよね。

大昔の映画で「蒲田行進曲」という映画があり、原作はつかこうへいの舞台で、蒲田に昔あった松竹蒲田撮影所を舞台にした映画でした、当時は東映太秦撮影所と並び映画ファンには有名でしたが、この映画で蒲田の名前は全国区になりました。

また、田園調布という全国的に有名な高級住宅地があります。

大正時代の開発なので、かなり古い開発で、維新後の明治を支えた、渋沢栄一が開発、息子もそこに住んでおりパリの街並みのような、半円型のエトノワール型の造成を行い、街全体を庭園のようにするなど、現在の街並みの基礎はそのころに出来上がっていたようです。

余談ですが、渋沢栄一は、維新後に活躍した経済界の偉人です。

経営学や経済学を学ぶ学生は一度はその名前を聞くことになります。

他の財閥創始者と違う点は、財閥を作らなかった点だそうですが、たくさんの業績があります。

日本の経済の根幹に関わるものが多いです。

第一銀行は当時、日本銀行がなかったので、銀行券を発行していましたが、その後日銀ができてやっと日本の紙幣が作られました。

東京証券取引所も商工会議所も渋沢栄一が設立したとのことです。

三菱財閥の岩崎弥太郎の三菱と渋沢栄一の共同の船舶会社の泥沼の争いは、最終的に合併して日本郵船となりました。

経済人としては、岩崎弥太郎の方が評価が高いのですが、意地の悪い見方をすれば、日本の経済の基礎を懸命に作っていた渋沢と、それに乗っかって荒稼ぎして財閥を作った岩崎ということでしょう。

確かに、現在のように様々な仕組みが出来上がった後には、岩崎弥太郎は評価されるでしょうが、何もない前近代的な国の制度を在野である一人の経済人が近代に通用するものに作り上げたのは特筆すべきものだと思います。

さて、渋沢にとって、パリ万博で見たパリの街がよっぽど印象的だったのでしょう、田園調布の設計に生かされています。

話は戻り大田区の埋立地側、多摩川周辺、市街地と様々な特色があるスポットがありますので、厳選して紹介してまいります。

大森海岸を再現 大森ふるさとの浜辺公園 をわんちゃんと散策

www.city.ota.tokyo.jp

大森ふるさとの浜辺公園は埋め立てによって失われた大森海岸を再現した区立の海浜公園です。

都会の中で、気軽に海辺の自然に触れられる場所として区民にも人気があります。

人工的に作られた干潟や砂浜があり、水辺では子供がよく遊んでいますが、残念ながら遊泳は禁止です。

もっと残念なことにこの水辺のエリアはわんちゃんは侵入禁止です。

陸地の部分は、フットサル場やビーチバレーのコートなどもありますので、多くの区民が利用しています。

また、バリアフリーの遊歩道も整備されているので、わんちゃんと散歩するには最適な場所で、わんちゃんはともかく飼い主さんの体力には優しいです。

お隣の平和の森とつながっている、ふるさと広場では遊具などもありますが、広い芝生の広場なので、海を見ながらのんびり散歩したり、休憩したりするには最適な場所となっています。

すぐ隣に平和の森公園がありますので、そちらは木々の緑が多いので、そちらに足を伸ばしてもワンちゃんと楽しく散歩できると思います。

  • 大森ふるさとの浜辺公園
    伸び伸びとしたお散歩ができますよ!
    隣にも公園があるので、そちらにも行ってみて!
詳細はこちらから

なぜか、隣なのに違う名前 平和の森公園でわんこと散歩

www.city.ota.tokyo.jp

平和の森公園は、大田区内で最大の規模を誇る公園で、9.9haあり、東京ドーム2つちょっと分という広さです。

公園内には、フィールドアスレチックがありますので、多くの児童が利用しています。

また、テニスコートやアーチェリー場、弓道場などもありますが、ここには相撲場なんていう貴重なものもあります。

桜がたくさんある見晴らし広場では、桜の時期には満開の桜の下でお花見を楽しむ区民で溢れます。

芝生の広場となっているので、休憩したり、わんちゃんとちょっと遊ぶにはちょうどいい公園となります。

園内の道は舗装されているので、真夏はちょっと避けたいですが、道幅の広い遊歩道で、沿道には木々が植えられているので、わんちゃんを連れて気持ちよく散歩できます。

平和の広場という芝生広場はとても広くて、家族づれやグループで遊べる広さで、人が少ない時や早朝なんかはロングリードで遊んでも問題ない場所です。

お気に入りのおもちゃやボールやディスクなんかで、走り回り、転げ回って、遊びましょう。

シートをひいてお弁当なんか広げるにもちょうどいい場所です。

疑問なのは、大森ふるさとの浜辺公園とすぐ隣で、どちらも区立の公園なのに名前を分ける意味がわからないです。

まぁそんなことはどうでもいいですが、わんちゃんを連れているので、マナーを守って気持ちよく遊びましょう。

  • 平和の森公園
    芝生広場では思い切り走り回って遊んじゃおう!
    休日はピクニックで決まり!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

大田区は埋立地だから住むのは怖いけど、広くてワンちゃんと散歩しやすそうな公園がたくさんあっていいですね。

羽田空港も行ってみたいなあ。驚いたのは、大田区の1/3は羽田空港なんですね!

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー