水を飲むたび床が水浸し!?ワンちゃんが水入れを掘ってしまう理由と対策は?

水を飲むたび床が水浸し!?ワンちゃんが水入れを掘ってしまう理由と対策は?

2948
update

ワンちゃんの行動にはわたしたち飼い主に理解できないことも多くあるのではないでしょうか?あるワンちゃんたちは水を飲む時にも飼い主にとって不思議な行動を起こします。水を飲むだけでなく、水入れの中に前脚を入れてバシャバシャと水を掘るような動作を繰り返すのです。これにはどんな意味があるのでしょうか?

2948
update

ワンちゃんが水入れを掘る?

Beagle dog drinking from transparent bowl closeup view. Dog quenches thirst after training.

ALEX_UGALEK/shutterstock.com

ワンちゃんは掘ることが大好きです。本能的に地面を掘ることはよくあることですよね。地面を掘ってそのくぼみに身体をうずめたりします。ワンちゃんには寝床をそのように作る習性があり、時々そのようにしてしまうのですね。

また穴を掘って、そこに物を隠すこともありますね。大事なボールを埋めたり、また掘り返して遊んだりすることもあります。また、うんちやおしっこをするときにも穴を掘ったり、地面を引っかいたりして土や砂を掛けようとすることがあります。

このように「地面を掘る」ことは、飼い主さんも見慣れている行為に違いありません。しかし、水入れに対しても同じように「掘る」ことは何か意味があるのでしょうか?特に幼いワンちゃんがそうすることが多いようですが、大人になっても続けるワンちゃんもいます。

ワンちゃんが水入れを掘る理由

ワンちゃんが水入れを掘る理由はいくつかの原因が考えられます。水入れを掘られると、周りに水がこぼれたり、水入れがひっくり返ったりすることもあるので、飼い主としては少し困ってしまう行為ですよね。

しかし、原因を知るなら、大抵はワンちゃんの本能的な部分から来ている行為なので、多少の水入れ掘りであれば大目に見てあげることが出来るでしょう。

遊んでいる

ワンちゃんは水入れの中の水で遊んでいるのかもしれません。ワンちゃんにとって水は不思議な物体です。透明でありながら、冷たくて、すぐに飛び散ります。そうした水に興味津々なのかもしれませんね。

ワンちゃんは溜まっている水をなかなか目にすることがないのではないでしょうか?それで、一番身近な水たまりである水入れで遊んでしまうのでしょう。

特に幼いワンちゃんはいろんなことに興味を持ちます。水を叩くと大きな音もでますから、バシャバシャと音を立てて遊びたくなるのでしょう。

動いている水に本能的に反応している

labrador puppy playing as an adult dog at a water fountain at sunset and barks at them

manushot/shutterstock.com

ワンちゃんたちは本能的に動いているものに反応してしまいます。小さな虫や動物の動きを察知すると追いかけてその獲物を捕らえようとするのではないでしょうか?実際に獲物を捕らえた後も、獲物が動いているうちはその獲物を引っかくような動作をして、遊んでいることがありますよね。

こうした行動は必ずしも生きているものだけが対象ではありません。猫ちゃんたちにも同様の性質がありますが、猫ちゃんたちは「ねこじゃらし」にとても強く反応しますよね。それと同じでワンちゃんも生きていなくても動いているものには興味を持つのです。

水入れの中の水は風や振動で小さく揺れますよね。その動きに本能がくすぐられるのかもしれません。

気になって前脚で引っ掻くと、さらに大きな波紋が生じます。その波紋にさらに本能が刺激されてどんどん手を出してしまうのです。私たち飼い主から見ると、水入れの中の水を掘っているような動作に見えます。

このように反応してしまうことはしょうがないことでもありますので、飼い主さんがそこまで困っていないのであれば好きにさせてあげるのも良いでしょう。

水面の景色や光に反応している

水の動きに反応することもありますが、水面の映っているものに反応することもあります。水入れの中の水面には光の反射によって、いろいろなものが移りますね。景色がはっきりと映ることもあれば、光がキラキラと輝いていることもあります。

水面だけでなく、水入れに反射するものに注目しているかもしれません。水入れの素材によっては光を反射するものがあります。水面と水入れが作り出す様々な模様にワンちゃんは興味津々かもしれません。

触ってみるとその模様は変化します。そうした変化を楽しんで、バシャバシャと掘る行為に繋がっていることもあるでしょう。

また、水面と水入れに移るものが何かの生物に見えている場合もあります。獲物を捕らえるために引っ掻くのです。いくら捕えようと頑張ってもそれは光の反射に過ぎませんから、ワンちゃんはいつまでも前脚を掻き続けることになるのでしょう。

水浴び

Dog and heat

Victoria Antonova/shutterstock.com

ワンちゃんたちは水を嫌うことが多いようですが、中には水浴びを好むワンちゃんもいます。定期的にシャンプーをしてもらっているワンちゃんは水にぬれることに慣れてくるものです。前脚だけ濡れることも気にしなくなるでしょう。

水入れの水で遊んだり、身体に水の冷たさを感じて楽しんだりしているのかもしれません。特に夏の暑い時期などではそうした行動が増えるかもしれませんね。

中身の水をこぼしたい

ワンちゃんは水入れの中の水をこぼしたい(無くしたい)のかもしれません。単純にこぼして水を無くしたいのかもしれませんし、嫌いな水を前脚で隠そうとしているのかもしれません。これはトイレの排泄後の行動と似ているものです。嫌いなものを隠そうとしているのです。

ワンちゃんが飲み水を汚いと感じていたり、「水が怖い」と感じていたりする場合、そうしたものを無くそうとする場合があります。

また、水面に浮かんでいるゴミや被毛が気になるのかもしれません。ゴミなどを嫌って水入れの中から出そうとしているとも考えられます。

普段は水入れを掘らないワンちゃんなのに、ある時にそのようにしているなら、水入れの中身を確認してみてください。新鮮でなかったり、ゴミが浮いていたりすることがあるかもしれません。

次のページ中身の水を確認
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

かわいいなーって見たことしかなかったけど、室内飼いでやられたら大変ですね汗

昔、川に映った自分の骨をくわえている姿を見た犬が、欲しい!と思ってワン!と吠えたら

自分の骨が川に落ちちゃったっていうかわいそうな本があったな。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー