ケリーブルーテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ケリーブルーテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

2406

アイルランド出身のテリア犬種であるケリーブルーテリア。被毛のカラーからブルーデビルともいわれるほど気が強いといわれるケリーブルーテリアの性格や特徴はどういったものがあるのでしょうか?今回は、ケリーブルーテリアの性格や特徴から見えてくる最適な飼い方やしつけに関して紹介をします。

2406 |

ケリーブルーテリアってどんな犬?

www.flickr.com

アイルランド出身のテリア犬種で、狩猟犬だけでなく、番犬や護畜犬としても活躍した万能犬種です。

体重15~18㎏、体高44~50㎝の中型犬です。

被毛のカラーはブルーやシルバーなどがあり、平均寿命は12~15歳ほどで中型犬としては長寿といえる犬種です。

ケリーブルーテリアの歴史

正確な起源に関してはわかってはいませんが、少なくても18世紀ころにはいたといわれています。

アイルランドのケリー州でアイリッシュテリアやロズベリーテリアなどを掛け合わせることで作出されたと考えられ、その後にはベドリントンテリアの血も加えられて現在のような犬種となりました。

主にネズミやカワウソなどの地中にいた小動物に対する狩猟犬として活躍し、その他にも番犬や護畜犬としても活躍しました。

19世紀にはアイルランドでドッグショーに出場し、その美しいブルーの被毛ですぐに人気を博しました。

1920年代にはイギリスとアメリカで開催されたドッグショーにも出場しましたが、アイルランド外では知名度が上がりませんでした。

1924年にはAKCの認定を受けましたが、当時は被毛がだらしなくなっていました。

その後にトリミングが定着したために徐々に洗練されていき、人気犬種の地位を確立しました。

一時期はアイルランドの人気犬種の1つとなったケリーブルーテリアですが、気性の激しいという特徴があるテリア犬種の中でも特に激しい事などが原因で、第2次世界大戦後には飼育頭数が減少してしまい、稀少犬種となってしまいました。

現在では性格面の改良がおこなわれ、少しずつではありますが、回復傾向にあります。

日本でも多くはありませんが、毎年登録されている犬種です。

ケリーブルーテリアの容姿

katamount/stock.adobe.com ケリーブルーテリア

全身をカールした羊の毛のような被毛に覆われているのが特徴的な犬種で、柔らかく密生しています。

また、テリア犬種の中では珍しく被毛が1つのシングル・コートもこの犬種の特徴です。

また、被毛の特徴としては、生まれた時はブラックの被毛で成長に伴って徐々に被毛のカラーが変わります。

体格は狩猟犬らしくがっしりとしていて、背中が短く、筋肉質の体型をしています。

ケリーブルーテリアの性格と特徴

ケリーブルーテリアの性格

 ケリーブルーテリア

tasha/stock.adobe.com

クールでマイペースな性格ですが、短気ですぐに喧嘩をしてしまう性格をしています。

ただ、飼い主や家族に対しては友好的で従順です。

見知らぬ人に対しては懐かず、警戒心を示しますが、その人物が敵でないと判断するとそれまでの態度が嘘のように愛想がよくなり、熱烈な歓迎をしますよ。

ただし、これは人間に対する態度で他の犬や小動物に対しては攻撃的になるという特徴があります。

ケリーブルーテリアは基本的に利口ですが、独立心が強く、頑固です。

また、他のテリア犬種同様に警戒心が強く、好奇心旺盛な性格をしている犬種です。

ケリーブルーテリアの特徴

ケリーブルーテリアの最大の特徴は、アイルランドの国犬であるという事です。また、闘争心が強く、ブルー・デビルやブルーの命知らずと称されている事も特徴の1つです。

エネルギッシュな犬種ですが、室内では行儀良く過ごすことができます。

イギリスの犬種クラブではトリミングが義務付けられていますが、原産国のアイルランドの犬種クラブではトリミングが禁止されている事も特徴といえます。

アイルランドでトリミングが禁止されているのは、容姿よりも能力が重要視されたことが要因となっているといわれています。

さらに、この犬種はトリミングをしても目や表情が見えにくいために、慣れていない人や見知らぬ人は近づかないほうがいいともいわれています。

ケリーブルーテリアの飼い方としつけ

ケリーブルーテリアの飼い方

 ケリーブルーテリア

Vitalinka/stock.adobe.com

飼い方としては、室内飼育でいつでも外に出る事ができるような環境が理想的といわれていますが、温暖な地域では室外飼育という飼い方もする事ができます。

ただ、シングル・コートなので寒さはあまり得意ではない為に寒い時期には寒さ対策が必要となります。

また、エネルギッシュな犬種なので精神的にも肉体的にも刺激となる運動をさせるような飼い方をする必要があります。

運動する時間に関しては狩猟犬の割には短く、1日合計1時間ほどで十分です。

飼い方として大切なことは、何があってもノーリードにはしないという事です。

闘争心が強く、気が強い性格をしていて喧嘩を売られたら間違いなく買う性格をしているのでドッグランなどでも絶対にノーリードにはしないようにしましょう。

また、飼い方として注意する事として運動神経が抜群という特徴があるので逸走には注意をしなければいけない犬種です。

この犬種の飼い方としては、トリミングが必要だという事です。月に1回程度トリミングをするようにしますが、何よりブラッシングを頻繁にする必要があります。

ペースとしては毎日若しくは1日おきにするようにします。

カールをした特徴的な被毛をしているので、ブラッシングを怠るとすぐに毛玉となり、ほぐすのが大変になるので頻繁にブラッシングをする事が大切です。

ケリーブルーテリアのしつけ

ケリーブルーテリア

Vitalinka/stock.adobe.com

しつけに関しては、他のテリア犬種同様に噛み癖や飛びつきなど相手にけがをさせる可能性がある事に関しては徹底してしつけをしましょう。

ただ、独立心が強い性格をしているので長時間の留守番額ではないので、留守番に関するしつけに関しては難しいタイプではありません。

その他のしつけに関しては飼い方によっても変わりますが、室内飼育という飼い方であればトイレなどのしつけに関してもする必要があります。

独立心が強く、頑固であるという特徴があるので、しつけは大変なタイプといわれます。 また、力で抑え込もうとすると、闘争心から反発する可能性がある為に褒めながらしつけを行うようにしましょう。 ただ、基本的に利口なのでしつけは根気よく教えていけば、ちゃんと覚えてくれる犬種ですよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 プランクトン
通報

ケンカを売られたら絶対に買うって・・見た目はちょこんとしててすごくキュートなのにそんな性格をしているとは!!全然知らなかったし。見た目だけで言えば、おとなしい物静かな性格なんだろうねぇと思ってましたもん。ギャップすごすぎ。

2 クローバー
通報

ケリーブルーテリアって初めて名前を聞きました。アイルランド出身の犬なんですね~。日本では珍しいのかな。それにしても短気ですぐに喧嘩をしてしまうというのは困ったものですね。日本のようにお隣との距離が近いような住宅で飼育するのは難しいかなぁ。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー