イタリアで人気の犬種とは?世界のペット事情を知ってみよう!

イタリアで人気の犬種とは?世界のペット事情を知ってみよう!

3738
update

日本では、トイプードルやチワワを代表とする小型犬がペットとして人気です。では、世界の犬ペット事情はどうでしょうか?ここでは、イタリアのペット事情や、ペットとして人気な犬種について取り上げたいと思います。イタリアに行く機会がある人や、イタリアの犬種に興味を持つ方必見です!

3738
update

イタリアで人気の犬種とは?

イタリアの国旗を持つ犬

BERMIX STUDIO/shutterstock.com

日本では、トイプードルやチワワを代表とする小型犬がペットとして人気です。庭がない、またはあっても狭いといった一般的な日本の住居環境を考えると小型犬が人気な理由が分かります。

では、世界の犬ペット事情はどうでしょうか?ここでは、イタリアのペット事情や、ペットとして人気な犬種について取り上げたいと思います。

イタリアに行く機会がある人は、ぜひここにある情報を参考に、街中で見かけるペットたちの様子に注目してみてください。街ゆく人やペットを観察するのが楽しくなるかもしれません。

イタリアのペット事情

ゴンドラに乗るイタリアの犬

dezy/shutterstock.com

日本と違い、動物を飼うことが当たり前のようになっている文化が海外にはあります。そのため、イタリアでも日本よりも多くのご家庭でペットが飼われていると言われています。

主にペットとして飼われているのは犬と猫です。犬が約40%、猫35%と言われていて、50%以上の世帯にペットがいるということです。ちなみに、世界で犬の飼育率NO.1の国はロシアで、58%ということです。

イタリアは泥棒が多い国なので、一軒家を持っている人は防犯のためにも犬を飼っている方が多いようです。

犬の飼育環境は、日本よりも束縛されず、のびのびと放し飼いされている様子が見うけられます。というのは、イタリアの家には庭が付いていることが多く、犬はケージに入れられることなく庭で飼われていることが多いのです。

大きな公園や自然が都市部にもあり、散歩するところや犬と一緒に出かけてくつろぐ場所がたくさんあります。

鎖に繋がれて飼われている日本の犬たちと比べると、一日中走り回って遊ぶことができる環境に置かれたイタリアの犬は、ストレスが少なく穏やかな表情を見せています。

猫の飼育も放置が多く、窓やドアを開けたまま過ごすことが多いイタリアの開放的な家に自由に出入りしている飼い猫をよく見かけます。

トイレも外で済ませてくる猫ちゃんたちが多いので、イタリア人は猫専用トイレを家に用意しないことが多いようです。ご飯のときにだけ帰ってくるような、ほぼ野良猫のような飼い方をしています。

犬と一緒に行けるスポット

近年、日本にも犬と一緒に入れるカフェやレストランなどが増えてきましたが、イタリアにも愛犬と一緒に過ごせるスポットがたくさんあります。

イタリア人は1日に2~3回カフェに行くこともあると言われるほど、カフェが大好きです。その際は愛犬も同伴で、テラス席だけではなく店内まで入れるお店もあるようです。お友達とのお茶タイムに愛犬を連れていくということも少なくないようです。

また、ランニングなどを毎日行う飼い主さんが愛犬を伴って街中を走っている様子を見かけます。そのため日本人よりも、愛犬を散歩させるなど一緒にすごす時間が多いとも言われています。

休日になると、公園や湖、海には犬を連れた飼い主さんたちでにぎわいます。レジャースポットが犬でいっぱいになることもあるようです。

犬の教育

日本はペットの安全を考えて真面目にしっかりしつけるイメージがありますが、イタリアは違うようです。イタリア人は程よく適当に、楽しんで育てている方が多い印象があります。

犬が危ないことをしていても「馬鹿なことをしているなぁ、あはは。」という感じで温かく見守る飼い主さんが多いようです。

お散歩マナーが悪い

日本では、犬の散歩につきものなのは排泄物の処理です。道端に愛犬がしたフンを放置してその場を立ち去ることはマナー違反です。

しかしイタリアでは、街中の道路に犬のフンが置き去りになっていることが多く、よく足元を見て歩かないと危うく踏んでしまうということが多くあります。

イタリアに行って周りに犬を散歩している人がたくさんいるような道路では、足元に注意して歩く必要がありそうです。

ドッグフード事情

愛犬に与えるフードとして主流なのはドライフードです。80~90%の方がドライフードを使っているとのデータもあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー