犬はケージ飼いさせたほうが良い?ケージ飼いするメリット・デメリットとは

犬はケージ飼いさせたほうが良い?ケージ飼いするメリット・デメリットとは

2814
update

小型犬ブームにより、最近では室内で犬を飼う人が増えてきています。そのため、犬を室内飼いする際に「放し飼い」にするか「ケージ飼い」にするかで悩む飼い主さんは多いようです。そこで今回は犬のケージ飼いにフォーカスを当てて、ケージ飼いのメリット・デメリットそれぞれ解説したいと思います。

2814
update

犬をケージで飼うのはアリ?

ケージの中に入っている犬

Parilov/shutterstock.com

犬を飼うことに決めたとき、どんなふうに飼うか決めなければなりません。最近は小型犬ブームで、室内で飼うことを選ぶ方も多いでしょう。その場合も室内で放し飼いをするか、それともケージで飼うのが良いのか悩みますね。

そこで今回は犬のケージ飼いについてみてみたいと思います。ケージ飼いは多くのメリットがあるので、ぜひケージで飼ってほしいですね。

室内で犬を飼うにはケージが必要

室内で犬を飼う際に悩むことの1つに、放し飼いをするかケージ飼いをするかということです。室内犬は放し飼いするのが当たり前、ケージに入れたらストレスが溜まってかわいそう。と思っている方もいることでしょう。

ところがこれは大間違いなんです。室内飼いとはいえケージは必要なんです。ぜひ用意してあげてください。

ケージ飼いのメリット

ケージの中で大人しくしている犬

Noel V. Baebler/shutterstock.com

ケージを使用するとどんなメリットがあるか分かると、室内飼いかどうかにかかわらずケージの必要性を感じるようになるでしょう。ケージを使うメリットには以下のような点が挙げられます。

誤飲防止

一つ目は誤飲を防止することができます。

家の中には犬にとってたくさんの危険にあふれています。好奇心が強い仔犬のころは何でも気になって口に入れて飲み込んでしまうことがあります。小さなおもちゃや犬が中毒を起こす危険性のある食べ物など、どんなに気をつけていても、うっかり犬の口に入ってしまうことがあるでしょう。

放し飼いをしていると留守番をしている最中にこうした危険なものを食べてしまう可能性があるのです。誤飲によって食欲がなくなったり、おう吐をしたり、最悪命にかかわることだってあるのです。

こうした危険を未然に防ぐことができるのが、ケージ飼いのメリットの一つです。

危険から守る

誤飲防止と関係がありますが、家の中で放し飼いをしていると目を離したすきに危険な目に遭うこともあるでしょう。

その一つが電気コードをかむことによる感電です。これは特に噛み癖のある犬や歯の生え変わりで何でも噛みたがる子犬によくあることです。留守番をしている最中や目を離したすきに電気コードを噛んでしまい感電してしまう事故は多々あるのです。

ケージ飼いをしていればこうした危険から守ってあげることができます。

さらに特に噛み癖のある犬の場合は、家の中にあるものところかまわず噛んでしまうことってあるでしょう。犬のおもちゃやボールなどでしたら全く問題ないのですが、タンスやソファー、椅子やテーブルの脚、お気に入りのぬいぐるみなど噛まれては困るものはたくさんありますね。家具にいたっては噛まれたからといってそのたびに交換することもできません。

特に子犬の時は噛んでよいものと悪いものの違いも判らないので、大切なものを噛まれたくないと思ったら、ケージ飼いにすることで大切なものを守ることができます。

自分だけの空間作り

犬はもともと洞穴生活をしていたといわれています。そのため狭い空間が好きで自ら狭い所に入っていく傾向を持っています。つまりケージのような空間は自分だけの安心できる空間となるのです。

ケージに慣れさせておくことで、突然の来客などで興奮しているときもケージに入れればおとなしくなります。自分だけの安心できる空間つくりのためにもケージはぜひ用意してあげましょう。

脱走を防ぐ

室内で放し飼いをしている犬の場合は、脱走してしまう危険性がないとは言い切れません。

例えば、どの犬も外に散歩に行くことが大好きです。ですから隙さえあれば外に出たいという気持ちから脱走することがあります。またあまり散歩に連れて行ってもらえない犬ですとストレスが溜まって、扉が開いた瞬間に脱走するかもしれません。他にも雷などの大きな音にびっくりして脱走したり、外を歩いているメスのにおいに誘われて脱走してしまうこともあるでしょう。

ケージがあればそのようなリスクが少なくなります。

主従関係を教える

ケージを使わずに放し飼いをしていると、どうしても犬は「自分は自由だ。好き勝手にできるんだ!」と思って「自分が家の中で一番偉いんだ」と勘違いをしてしまうことがあります。こういう犬は来客があった時など吠えまくることがあります。これは自分がリーダーなのだから侵入者を追い出そうとしてのことなのです。

しかしケージ飼いをすることで犬をコントロールすることができます。主従関係をしっかりと教え込むことができますよ。

しつけがしやすい

ケージ飼いの最大のメリットはしつけがしやすくなることでしょう。特に「トイレトレーニング」です。

トイレのしつけは大事なのですが、時間がかかって大変なしつけのひとつです。トイレをケージの中に置いておき、愛犬がトイレをしたいそぶりを見せたときにケージに行かせるようにします。この繰り返しによって徐々にトイレの場所を覚えるようになりますよ。

災害時にも便利

日本は災害大国ともいわれるほど、地震や洪水などの災害が頻繁に発生しています。こうした災害時にも普段からケージに慣れている犬はストレスを軽減させることができます。

災害は犬にとっても大きなストレスになります。しかしケージのように自分の安心できる空間があることで、パニックになったり興奮したりすることを抑えることができるでしょう。また避難先においてもケージやクレートに入れての避難となるため、普段から慣れさせておくと良いですね。

このようにケージを利用して飼うことには様々なメリットがあるのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー