狆の性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

狆の性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

2289
update

狆の性格や飼い方や歴史についてご説明します。

2289
update
狆の性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介
Studio shot of Japanese Chin against white background

Andrey Perminov/shutterstock.com

名称:狆(ちん) 性格:利口でおとなしい、愛らしい 寿命:約12歳 体重:4~5kg 体高:25cm前後 毛色:白地に黒、白地に赤 値段相場:ペットショップ15~20万、ブリーダー12~24万、ブリーダー直販のペットショップ16~36万

狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆 Chin
狆をブリーダーから購入する狆の里親募集を探す

狆の性格

732年に朝鮮から日本に献上された犬が狆の祖先と言われています。その後も朝鮮から狆の祖先が献上されたという記録が残っています。また、中国や朝鮮に派遣された使者が日本に持ち帰ったという記録もあります。

犬好きとして知られる徳川綱吉の時代には、江戸城で愛玩犬として飼われていました。 1853年にはペリー提督により数頭の狆がアメリカに持ち帰られ、イギリスのビクトリア女王に献上されました。 その後も日本で家庭愛玩犬として飼育され、2018年の飼育件数は32位に位置しています。

犬の品種の認定をはじめ、犬種標準の指定を行うジャパンケネルクラブ(JKC)によると、狆は利口でおとなしく、愛らしい性格をしています。繊細な一面もありますが、興奮して攻撃的になることは少ない犬種です。

狆はシーズーやペキニーズと外見が似ています。

狆の平均寿命

狆は小型犬で、平均寿命は12年ほどです。2018年のデータでは小型犬全体の平均寿命は約14年なので、狆は比較的短命の犬種と言えます。

狆の平均体重

狆の平均体重は4~5kgです。オスとメスで体重に違いはありません。

狆の平均体高

ジャパンケネルクラブによると、狆のオスの体高は25cm前後です。メスの体高はオスよりやや低めです。

狆の人気カット

狆は被毛が長いので、全体的に短くするだけではなく、おしゃれなスタイルでサマーカットをする飼い主もいます。 サマーカットには以下のようなメリットがあります。

  • 見た目がかわいらしくなる
  • 通気性が良くなる
  • 手入れが簡単になる

などです。

しかし被毛を短く切りすぎた場合には、太陽の紫外線やエアコンの冷風が皮膚に届きやすくなることで体調を崩したり、虫刺されも多くなり皮膚トラブルが起きることもあります。 失敗すると身体に悪影響が出ることもあるので、サマーカットはプロのトリマーにしてもらいましょう。

サマーカット
Japanese Spaniel Dog

Rin Seiko/shutterstock.com

狆の毛色(カラー)

ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、白地に黒の班または白地に赤の班です。 顔の班が目の周囲から耳全体にかけて左右対称で、マズルから頭頂にかけて幅広い白のブレーズがあることが望まれます。

白地に黒の班
Beautiful small toy dog black and white Japanese Chin Spaniel on dark blue royal background in studio

Natalia Fedosova/shutterstock.com

白地に赤の班
Japanese Chin in studio

Utekhina Anna/shutterstock.com

  • 白地に黒の班
  • 白地に赤の班

狆が成犬になるまでの期間

犬の成長期はサイズによって変わります。一般的には大型犬の方が成長期が長いです。 狆は約8~10か月で成犬になります。

※成犬とは身体的な成長が止まることです。

狆の鳴き声

狆は利口で大人しいの性格なので、あまり吠えることはありません。 無駄吠えをしないので、マンションなどの集合住宅でも飼育することができます。

狆がかかりやすい病気

狆の子犬がかかりやすい病気
病名時期や症状治療費
レッグペルテス症大腿骨頭が壊死して痛みを伴う。歩き方が不自然になる、足を上げたままの状態になる。子犬のころに多い約17万円/片足(外科的治療)
短頭種気道症候群短頭種の構造の問題で起こる呼吸器の病気の総称。興奮や暑さで激しい呼吸が続いたときに呼吸困難が起こる。3~5千円/1回(内科的治療)、2~10万円(外科的治療)

※症状や病院によって金額は変わってきますので、かかりつけの動物病院で確認してください。

狆の成犬がかかりやすい病気
病名時期や症状治療費
膝蓋骨脱臼膝関節が横方向にズレて外れる。歩き方が不自然になったり、触ると痛がる。オスよりもメスの方が発症しやすい。約6千円~約3万円(内科的治療)、約10万円~約40万円(外科的治療)
水頭症脳室に髄液が溜まってしまう病気。重度になると昏睡状態、けいれん発作を起こすこともある。先天性と後天性の2通りがある。約9万円(MRI検査)、約35万円(外科的治療)
短頭種気道症候群短頭種の構造の問題で起こる呼吸器の病気の総称。興奮や暑さで激しい呼吸が続いたときに呼吸困難が起こる。3~5千円/1回(内科的治療)、3~5千円/1回(内科的治療)、2~10万円(外科的治療)

※症状や病院によって金額は変わってきますので、かかりつけの動物病院で確認してください。

気温が22~23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 狆のような短頭種は、通常の犬よりも頭蓋骨の縦の長さが短い構造になってるため、鼻や気管などの呼吸器に問題が生じることがあります。

暑さで呼吸困難が起こりやすいので注意してください。

狆は被毛が長く暑さに弱いので、夏場の散歩は日中を避けて、朝夕の涼しい時間帯に行いましょう。散歩中に水分補給の時間を取るようにしてください。 室内でエアコンを付けないことも熱中症を引き起こす原因になります。室温には十分気を付けましょう。

狆の体臭

狆は被毛が長いので臭いがこもりやすい犬種です。毛についた汚れを放置しておくと臭いの原因になるので、散歩後や食後には汚れをキレイに拭き取ってあげましょう。

垂れた耳は通気性が悪く、汚れが溜まると臭いが発生することもあります。こまめに掃除してあげてください。

狆の飼い方

狆は大人しくあまり吠えないので、集合住宅などでも飼いやすい犬種です。運動が長時間必要な犬種ではないので、散歩時間も1日2回30分程度と少なめです。

被毛が多く暑さに弱いので、基本的に室内で飼いましょう。室内で留守番をさせるときには、熱中症にならないように室温を管理するようにしましょう。 また、短頭種気道症候群という呼吸器の問題が生じることがあるので、注意が必要です。

室内で飼う場合には、小型犬用のケージやサークルを用意しましょう。狆は関節が弱いので、フローリングで滑らないようにシートなどを敷くようにしてください。

ドッグフードの量・回数

ドッグフードはライフステージに合わせた総合栄養食を与えます。子犬は免疫機能が発達する時期なので、ビタミンEなどを含む抗酸化物質を含んだフードが適しています。 狆の美しい被毛を保つために、EPAやDHAといったオメガ3系不飽和脂肪酸を含むフードを与えることをおすすめします。

フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的は1日2回を目安に与えましょう。

食べさせてはいけないもの

犬が食べてはいけない食べ物ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般
犬は避けたほうがいい食べ物ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず

上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

犬に与えてはいけない食べ物!食べてしまった時の対処法もご紹介!

犬という生き物は、いい香りがしたりすると食べ物じゃなくても口に入れてしまいます。 でも、犬には食べさせてはいけない食べ物も存在します。食べてしまうと命の危険もあるので要注意です。 今回は、そんな食べ物を食べてしまった時の対処法も合わせてお話していきます。

https://mofmo.jp/article/19619

また犬が苦手な食べ物として、犬は臭覚が優れているため酸み・辛み・苦みに対する感覚がとても敏感で、においを嫌がります。

  • 柑橘類
  • 酢類
  • スパイス類
  • クセのある葉物野菜

上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。

抜け毛の量

狆はシングルコートの犬種で抜け毛も少ないですが、ダブルコートの個体もいるようです。 ダブルコートの犬種は、春と秋に換毛期があります。抜け毛を処理しないと臭いが臭いがこもってしまったり衛生的にも良くありません。 狆は長毛で毛量も多く、絡まらないように毎日ピンブラシやコームを使ってブラッシングをしてあげましょう。 長い毛は衣服やカーペットなどにくっつきやすいので、粘着テープなどで掃除をするのがおすすめです。

お風呂の入れ方

1カ月に1回を目安にシャンプーをしましょう。シャンプーの頻度が多いと必要な皮脂まで洗い流してしまって皮膚トラブルにつながることもあります。 狆は長毛なのでドライが大変ですが、皮膚が湿ったまま放置しておくと皮膚病の原因になるので、しっかりと乾かしましょう。 シャンプーをする前にブラッシングをして抜け毛をある程度取り除いておくと、スムーズに洗うことができます。

シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。

狆の子犬のお風呂の入れ方

  1. 子犬はシャワーを怖がることもあるので、おもちゃなどを使ってお風呂場に慣れさせてから始めましょう。
  2. 38度前後のぬるま湯で身体全体を濡らします。顔まわりはデリケートなので、手でお湯をすくいながら濡らすか、水を含ませたタオルで濡らすようにしましょう。
  3. シャンプーを手で泡立てて、身体→頭の順番に優しく洗います。
  4. 頭→身体の順番にシャンプーを流していきます。シャンプーの流し残しがあると皮膚病の原因になるので、しっかり洗い流します。
  5. タオルで全体的に乾かしてからドライヤーで完全に乾かします。ドライヤーは犬の身体から30cmほど離して使用します。毛が多くて乾かすのに時間がかかるので、ドライヤーを熱がっていないか注意しながら行いましょう。

狆の成犬のお風呂の入れ方

  1. 成犬も子犬と同様に、身体全体を濡らしてから頭を濡らします。
  2. シャンプーを手で泡立てて、身体→頭の順に優しく洗います。
  3. 頭→身体の順にシャンプーを流していきます。流し残しに注意してください。
  4. タオルで水気を切ってからドライヤーで完全に乾かします。ドライヤーは身体から30cm離して使用しましょう。

最適な散歩時間

狆は1日2回30分程度散歩させましょう。 ただし、短頭種なので激しい運動をすると呼吸しづらくなってしまうこともあります。あまり興奮させないようにしましょう。 被毛が長く暑さに弱いので、熱中症に注意する必要があります。夏場の散歩は朝夕の涼しい時間帯に行うようにしてください。

あまり散歩に連れていけないと、運動不足でストレスが溜まったり肥満になってしまいます。肥満は狆がかかりやすい「膝蓋骨脱臼」の原因にもなるので、十分に運動させてあげてください。

狆をブリーダーから購入する狆の里親募集を探す

狆のしつけ方法

狆は飼い主に従順で利口なので、しつけはしやすい犬種です。 ただし、プライドが高い面もあるので、厳しくしすぎずに根気よく教えましょう。

飼い犬が言うことを聞かないからと言って、感情的に怒鳴りつけたり、暴力で押さえつけようとしては「虐待」になります。 犬はトレーニングを重ねることでしつけを覚える生き物なので、繰り返し教えてあげましょう。

トイレのしつけ方

トイレのしつけは、狆を家に迎えてからすぐ行いましょう。しつけの開始が遅れると勝手に排泄場所を決めてしまって、矯正するのに時間がかかります。 また、狆は室内で飼うことが多いので、トイレのしつけができていないとお部屋が汚れてしまいます。

1歳以上の狆にトイレのしつけをし直す場合も、子犬と同じ方法でトレーニングをしますが、子犬よりも排泄の頻度が少ないのでしつけに時間がかかります。

多頭飼いの場合は、他の犬とトイレを共有する方法があります。しかし、他の犬のストレスになってしまうようなら個別のトイレを用意してください。

  1. 専用のトイレを用意します。
  2. 床のにおいを嗅いだり落ち着かない様子が見えたら排泄したがっています。トイレまで誘導しましょう。
  3. トイレに成功したら大げさにほめて「トイレで排泄する=良いこと」と覚えさせます。
  4. 2~3週間ほどでトイレを覚えることができます。

無駄吠えのしつけ方法

狆は大人しいので無駄吠えはあまりしない犬種です。 しかし、見知らぬ人間や他の犬に慣れていないと吠えてしまうことがあるかもしれません。子犬のころから、さまざまな人や犬と会わせるようにましょう。

  1. チャイムなどの物音に警戒する場合は、わざと原因の音を鳴らしておやつを与えるトレーニングをしましょう。
  2. 飼い主に構ってほしくて吠える場合もあります。吠えられても無視して「吠える=構ってもらえなくなる」と覚えさせましょう。

噛み癖のしつけ方法

狆は大人しく落ち着いているので、人や犬に対して攻撃的になることは少ない犬種です。 しかし、甘噛みからエスカレートして噛み癖がついてしまう可能性もあるので、子犬のころからしつけをしましょう。

  1. 甘噛みをしたら、大きな声で「ダメ」と言います。
  2. 噛まれたときに犬が嫌がる大きな音を出すのも有効です。
  3. 構ってほしくて噛んでくることもあるので、無視をすることも効果的です。
  4. 歯が生えかけの時期は、歯茎が痒くて甘噛みをすることもあります。噛んでもいいおもちゃなどを与えてください。

待てのしつけ方法

「待て」は病院や散歩中など日常の中で使える便利なしつけです。子犬のころからトレーニングを始めましょう。 狆は短頭種なので、興奮すると呼吸がしづらくなることもあります。興奮してしまったときには「待て」をさせて落ち着かせてください。

  1. ご褒美を用意して飼い主の正面にお座りをさせます。「待て」と指示して数秒後に「よし」といってご褒美を与えます。
  2. 「待て」と「よし」の間隔をだんだん伸ばしていきましょう。
  3. ハンドシグナルで指示をする方法も有効です。

留守番のしつけ方法

  1. リラックスして過ごせる、ケージやサークルを用意してあげます。
  2. 外の物音に対して不安になる場合もあるので、あらかじめさまざまな音に慣れさせておきましょう。
  3. 「待て」をさせて飼い主がしばらく隠れるトレーニングで飼い主が近くにいない状況に慣れさせましょう。
  4. 「待て」の時間をだんだん伸ばしていきましょう。

狆をブリーダーから購入する狆の里親募集を探す

保護犬の里親情報をチェック!

shutterstock.com/foster_parent

家族として犬を迎えることを検討されている場合は、「保護犬の里親になる」という選択肢もぜひご検討ください。 新たな飼い主さんのお迎えを待っている子たちがたくさんいます。

狆の里親募集を探す
※外部サイトへ移動します。
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー