犬用ドライシャンプーの使い方とは?種類や特徴、メリットデメリットを解説!

犬用ドライシャンプーの使い方とは?種類や特徴、メリットデメリットを解説!

4259
update

愛犬にはいつも清潔でいてもらいたいですよね。でも愛犬をシャンプーするのは大変だと感じている飼い主さんもいることでしょう。そんな飼い主さんたちにおすすめしたいのは犬用のドライシャンプーです。ここではドライシャンプーの種類やそれぞれの特徴、使用方法やメリットデメリットについて取り上げます。

4259
update

知っておきたい!犬用ドライシャンプーの使い方

桶に入る二匹の子犬

Liliya Kulianionak/shutterstock.com

愛犬にはいつも清潔でいてもらいたいですよね。でも愛犬をシャンプーするのは大変だと感じている飼い主さんもいることでしょう。

確かにお風呂が大好きな犬もいますが、なかなか稀です。大抵の場合は水を嫌がります。シャンプーの最中は愛犬が暴れまわるので、シャンプーしてあげるのが億劫になってしまうこともありますよね。

そんな飼い主さんたちにおすすめしたいのは犬用のドライシャンプーです。犬用のドライシャンプーに馴染みのない飼い主さんは多いかもしれません。

犬用のドライシャンプーとはどんなものなのでしょうか?今まで使用したことのない方のためにドライシャンプーの特徴や使い方をご紹介していきたいと思います!

ドライシャンプーとは?

ドライシャンプーとは水を使用せずに身体を洗うことができるシャンプーの事です。ドライシャンプーは動物用に限ったものではありません。人間用のドライシャンプーもあります。

今回は犬用ドライシャンプーに焦点を当てたいと思います。ショップには犬用のドライシャンプーが販売されていますが、いくつかの種類があります。それぞれのタイプによって特徴や使用方法が若干異なります。

ドライシャンプーの特徴

ドライシャンプーの特徴は、水を使わなくてもシャンプーが出来ることです。

通常のシャンプーはお風呂場や外の水場に愛犬を連れていくことから始まります。身体を水で濡らした後にシャンプーで泡立てて洗い、再度水を流して泡を落とします。その後びしょ濡れになった愛犬をタオルで拭いてあげて、ドライヤーで乾かしてあげる必要もあります。

通常のシャンプーはこの過程が必要になってくるのでとても大変です。愛犬が嫌がったり暴れたりするなら更に難しくなります。

その点ドライシャンプーは、通常のシャンプーの過程を短縮して愛犬の身体をきれいにすることが出来ます。

もちろん、水を使ったシャンプーの方が水や時間をかける分きれいにはなります。しかしシャンプーに時間をかけることが出来なかったり、愛犬がシャンプーを嫌がったりする場合にドライシャンプーが活躍するのです。

ドライシャンプーは身体の一部だけが汚れた時にも重宝します。あえて水でぬらすまでもなく、ドライシャンプーで特定の部位だけをサッときれいに出来ます。ドライシャンプーの特徴を上手につかんで、愛犬をいつも清潔に保ってあげたいですね。

野良犬たちはシャンプーされなくても平気ですが、飼い犬は人間と同じ空間で生活しなければいけません。犬自身のためにも、飼い主やその家族のためにもシャンプーは大切です。

しかし愛犬は年齢によってシャンプーできなくなることがあります。子犬であれば水をとても怖がるかもしれません。老犬になると身体が動きづらくなるため、水場でのシャンプーには危険が伴うでしょう。それで老化や病気で寝たきりの犬にもドライシャンプーは活躍します。

ドライシャンプーが活躍する機会はたくさんあります。タイプに応じた特徴や使い方を知っておくなら、今後大活躍するはずです。

これから、犬用ドライシャンプーの使い方をご紹介したいと思います。タイプ別の使い方やメリットデメリットにも注目しますので、是非ご活用くださいね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー