犬の瞬きにはどんな意味がある?瞬きでわかる犬の気持ちと隠れた病気を詳しく解説!

犬の瞬きにはどんな意味がある?瞬きでわかる犬の気持ちと隠れた病気を詳しく解説!

3922
update

犬の瞬きを見る機会は少ないかもしれませんが、それは犬の目の構造が関係しています。しかし、犬があえて瞬きをすることがあり、その瞬きから犬の気持ちを理解することができます。今回は、どんな時に犬は瞬きするのか、また瞬きに隠れた病気について解説したいと思います。

3922
update
犬の瞬きにはどんな意味がある?瞬きでわかる犬の気持ちと隠れた病気を詳しく解説!

犬の瞬きが少ないのはなぜ?

犬の目

GCapture/shutterstock.com

「犬は人間に比べて瞬きをする回数がとても少ない」といわれています。犬の目の構造は基本的に人間の目と似ていますが、、犬には「瞬膜(しゅんまく)」といわれる第3のまぶたがあります。犬の目頭部分に見える白い膜が瞬膜です。瞬膜はまぶたと違い左右に動いて目を保護します。

人間の場合、瞬きをすることで目を潤したり、ほこりやゴミが目に入らないよう目を保護します。しかし、犬の場合、瞬膜が涙の30%を作ることによって目を保護する役割を果たしています。そのため人間のように瞬きをして目を保護する必要がありません。

犬が瞬きをするのはどんな時?

ウインクをしている犬

Alejandro Montecatine/shutterstock.com

普段はあまり瞬きをしない犬ですが、自分の気持ちを伝えるためにあえて瞬きをすることがあります。では、犬はどんな時に瞬きをするのでしょうか。

敵意がないというメッセージ

犬同士がケンカする時は、瞬きをせずに睨みあう習性があります。そのため、犬が飼い主さんに対して瞬きをする時、「あなたとはケンカする意思がありません」「あなたには敵意がありません」というメッセージを伝えていることになります。

罪悪感がある時

イタズラをして怒られた時などに犬は瞬きをすることがあります。緊張をほぐすサインも込められているかもしれません。愛犬が申し訳なさそうに瞬きをしていたら、あまり怒らないであげてください。

退屈な時

天候が悪くお散歩に行けない時や、飼い主さんが忙しくてあまりかまってもらえない時などに、じっと見つめて瞬きしてくるかもしれません。

これは、「退屈だよ」「つまんないよ」というサインです。退屈しのぎができるおもちゃなどを与えてあげてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー