シェットランドシープドッグってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

シェットランドシープドッグってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6985
update

シェットランドシープドッグってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!ふわふわの毛並みに優しいまなざしのシェットランドシープドッグ。通称シェルティーとして世界中で愛されている犬種です。ではシェットランドシープドッグの特徴や性格、飼い方やしつけ方のコツについて解説しますね。

6985
update

シェットランドシープドッグの特徴

Dog, Shetland sheepdog, collie, smile with big mouth, she was waiting for ball retrieving.

atiger/shutterstock.com

シェットランドシープドッグはスコットランドのシェットランド諸島出身で、もともとは牧羊犬として活躍していた犬種です。

厳しい自然環境の中で生活してきた歴史があるため、とても丈夫で忍耐強いという特徴があります。

そんなシェットランドシープドッグの体型や外見的特徴、寿命などについて説明します。

シェットランドシープドッグの体型や外見的特徴

鼻は長く鼻筋が通っていて、耳が半分折れているのがシェットランドシープドッグの特徴です。

アメリカタイプとイギリスタイプがあり、イギリスタイプは華奢な体つきをしているのが特徴で、一方アメリカタイプは、足が太くしっかりした体つきをしているのが特徴です。

日本にいるシェットランドシープドッグのほとんどがアメリカタイプです。

シェットランドシープドッグの理想とされる体高はオスが35cm~39cmでメスが33.5cm~37.5cmとされています。

そして理想的な体重はオスが7~10kgほどで、メスが6kg~8kgほどです。

日本のスタンダードでは体高が33cm未満、または40.5cmを超えると好ましくないとされています。

体高に比べて体長のほうがやや長いのが特徴的で、もともとは牧羊犬として活躍していただけに筋肉質で敏捷性に優れています。

イギリスではかつてシェットランドシープドッグの体高が38cmを超えてはいけないという規定を設けたり、理想の体高を30cmと改定し、より小さな個体を好ましいと見る風潮があったそうです。

イギリスタイプが小柄で華奢な体つきをしているのはこれらの規定の影響があったのかもしれませんね。

シェットランドシープドッグはラフコリーに似ていますが、小型化するためにポメラニアン、パピヨンといった小型犬の血も入っていると言われています。

密集した短い毛(アンダーコート)と、硬くまっすぐな長い毛(トップコート)に覆われており、胸や首回り、尻尾はつややかでフサフサとしているのも特徴的です。

この胸や首回り、尻尾の飾り毛ですが、メスよりもオスのほうが豊富に生えていると言われています。

毛の色はセーブル、トライカラー、ブルーマール、ブラック&ホワイト、ブラック&タンなどバラエティーに富んでいるのが特徴でもあり、目の色は茶色がほとんどですが、ブルーマールやバイブルーの個体はブルーだったり2つの目の色が違うオッドアイだったりします。

シェットランドシープドッグの寿命

シェットランドシープドッグの平均寿命は12歳から13歳くらいとされています。

犬全体の平均寿命が13歳とされているので、同じくらいの平均寿命だということがわかります。

ただこれはあくまで平均で、なかには20歳くらいまで生きる犬もいるそうです。

大切に育てた愛犬が、長く健やかに生きてくれるとうれしいですね。

シェットランドシープドッグとラフコリー

シェットランドシープドッグはラフコリーに非常に似ているといわれることがあります。

確かに一見、ラフコリーの小型犬ではないかと思うほどです。

作成過程でお互いに共通している祖先がいるのは確かですが、この2つの犬種には違いがあります。

まずは大きさですが、ラフコリーのほうが大きくて体高がおよそ20cmくらい差があります。

またシェットランドシープドッグの頭部に対するマズルの割合がラフコリーよりもコンパクトになっています。

よく観察すると、シェットランドシープドッグを大きくしたらラフコリーになるというわけではないことがわかります。

どちらもスコットランドで牧羊犬として活躍していた犬種ですが、ラフコリーが羊の群れを誘導していたのに対してシェットランドシープドッグは家畜が牧草地から離れて近くの畑を荒らしてしまわないように吠えて警戒するという役割でした。

シェットランドシープドッグの歴史

Shetland Sheepdog on the Rocks

JonDrew/shutterstock.com

イギリスのスコットランド北東部シェットランド島で働いていた牧羊犬が、シェットランドシープドッグのルーツです。

シェットランド諸島は、岩地で作物や牧草が育いたちににくいため食糧が乏しく、そういった厳しい環境に適応できるように牛や馬、羊といった家畜たちは小型化されてきた特徴があります。

それに合わせるようにそこで働く牧羊犬も小型に改良されていきました。

またシェットランド島は孤島であったため外部からの影響を受けず、純粋な血統が引き継がれていったため、短期間でシェットランドシープドッグが確立していったであろうと考えられています。

19世紀後半に、イギリス海軍の兵士たちがシェットランドシープドッグを本土に持ち帰るようになりました。

そしてラフコリーとの交配によって、外見が似るようになりましたが、サイズも大きくなりました。

そこでポメラニアンやキングチャールズスパニエルなどとの交配によってサイズが小さく戻り、容姿が美しく親しみやすい性格に改良されました。

1909年に「シェットランドコリー」という名称でイギリスのケネルクラブに公認されましたが、コリーのブリーダー団体から反対されたため、数年後に「シェットランドシープドッグ」という現在の名称に変更されました。

20世紀に入ると、ラフコリーに似た美しい外見と、賢くて愛情深い性格で、世界中で人気を集める犬種になりました。

「シープドッグ」という名前ですが、現在では牧羊犬として使われることがなく、主に家庭犬として飼育されています。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 うわぁ〜
通報

イギリスタイプとアメリカタイプがあるの?どっちも見たいです。ここに載せられている写真のはどちらのタイプになりますか?一度で両方のを見て、比べてみたいんですけど、ないですか??どれくらい違うもんなんだろうね。

2 名無しさん
通報

シェットランドシープドッグって名犬ラッシーの犬???と思ったらあれはコリーなのか。うーん区別つかないなぁ。全部一緒に見えちゃうわ。

1 おろち
通報

シェットランドシープドッグいいですね。シープドッグなので牧羊犬ですが、牧羊犬は軒並み頭が賢いお利口さんなので飼うのも苦労しないと思います。小型なので日本みたいな狭い家で飼うのにも適している気がしますし、犬を飼ってみたい人にはオススメじゃないですかねー

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー