レークランドテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

レークランドテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

2093

犬の歴史は人間の暮らしの中で役立つ使役犬として、その歴史がないものです。レークランドテリアもその中の一つで、ハンターとしての素質の特徴を備えた犬種です。なかなかしつけるのが難しいとされるテリアですが、魅力も大変たくさんあります。性格や特徴、しつけや飼い方について解説します。

2093 |

小さな体に勇敢な心。レークランドテリアはスプリンター!

Happy dog breed lakeland terrier is sitting on a large rock on a background of mountains, sea and blue sky

ivkatefoto/shutterstock.com

人間の作業や仕事を手伝う犬の事を「使役犬」と呼びますが、テリア系の犬は小型犬でありながら、狩りを目的としているのが最大の特徴です。

「テリア」という名称は地面や大地という意味があり、直接地面に近い小動物を追いかけるために非常に機敏で頑丈な足を持っています。

そのため、レークランドテリアは体つきは小さく見えても非常に筋肉質で、勇敢で精神的に屈しない強い心をもった性格的な特徴があります。

レークランドテリアの興味深い歴史

レークランドテリアの歴史は1800年代にイギリスのカンバーランド地域で、イギリス北部でその祖先がいたと伝えられています。

牧羊の仕事をしている農家で飼育され、ボーダーテリアやベドリントンテリアのブリーダーからは、他のテリア系、フォックステリアなどとと交配によって作られた可能性が高いとの説もあります。

当時の牧羊は草原というよりもゴツゴツした岩だらけの標高の高い場所で行われる事が多く、子羊を襲う野生のキツネや農家の倉庫などを狙うネズミの駆除などに活躍しました。

特に小型犬と体型が近いキツネ狩りに重宝された歴史があり、顎の力と頑丈な足腰の筋肉を持ってるのがレークランドテリア最大の特徴になります。

猟犬の群れと共に生活していたので、勇敢で負けん気が強い性格です。

レークランドテリアはどんな性格の犬?

Lakeland Terrier Dog walking on the field

ivkatefoto/shutterstock.com

レークランドテリアの性格の特徴は、非常に好奇心が強いことです。

そして頑固なところがあり、気に入らない相手に対しては断固として従わないというような気丈な性格の特徴を持ち合わせています。

そしてとても力が強く、遊び好きです。

その影響があり、独立心が高い性格で何でも自分が先導する事を好みます。

一方、ストレスに関してはあまり心配要らないです。

その点では飼い方は簡単ですが、しつけ自体は根気強く行うことが大切です。

性格の特徴から、テリア系の犬種は犬を初めて飼う初心者には小型犬のわりにやや気難しく、しつけが難しい性格かもしれません。

しかし、運動量を多くしキチンとしつけると、特徴である体型はとても美しく、小型犬のドッグショーでもよく見かける品種でもあります。

また、独特の前傾姿勢があり、犬全体の美しさに惹かれて飼う愛好家も多いのです。

レークランドテリアのしつけ方法

レークランドテリアの場合、子犬時代は本当に可愛い顔をしているので、とっても優しい性格に見えるはずです。

しかし、実際は小型犬なのにハンターの特徴があるため、攻撃的な側面があります。

生後4~5ヶ月くらいで段々と自我を形成し、自立心を作る犬種です。

その性格の特徴を活かし、まず子犬の頃から、犬だけでおもちゃなどを使って遊ばせたり、飼い主さんと1対1の関係をキチンと作ることが飼い方・しつけの基本になります。

またお散歩に関しても、絶対に犬の自由にさせないことがしつけに関して、レークランドテリアは非常に重要になります。

しつけの原則として、社会性は早くから身につけさせてください。

他の家庭犬とは違った特徴として、非常に勇敢で大きな他の犬でも臆することはありません。

しつけは家族全体でやるよりも、担当の人1人がしっかり行いましょう。

もちろん笑顔で、犬を楽しませるようにしつけを行うのがコツです。

レークランドテリアの飼い方

haired dog

Foxxy63/shutterstock.com

寒さには強く、退屈なら自分で興味ある対象を見つけて遊ぶ性格です。

室内ではボールやおもちゃなどを用意して時々かまってあげるなど、運動に関して細やかな飼い方を心掛けてください。

しつけは簡単なトレーニングを室内で、おやつを使ってケージに入る訓練や、「待て」などの訓練をすると良いでしょう。

一匹で遊ぶことが好きで小型犬なので、一人暮らしの人でも楽ですね。

またお散歩も、レークランドテリアにとってはしつけの一環になります。リードは短く持ち、自分の足元近くを並んで歩く訓練をしてください。

こうしたテリア系の特徴は、一旦自分が主役で先導できる自由を与えると、飼い主さんの言うことをあまり聞かなくなります。

常に飼い主さんと犬との関係を適切に保つような飼い方・しつけが大切です。

飼い方の注意点:トリミングやお散歩についてなど

lakeland terrier on grass in front of white background

cynoclub/shutterstock.com

独特の巻き毛の被毛ですから、トリミングは必ず行う必要があります。

ブラッシングと言うよりもクシをつかったコーミングが良いでしょう。

アンダーコートの古い毛をむしり取るトリミングナイフを使ったケアが必要です。

被毛のお手入れにやや費用がかかるかもしれませんね。また目の病気がよくあるので、眼科検査をしておくと良いです。

レークランドテリアの飼い方としては、運動量が非常に重要で、距離も長め、時間も1時間以上必要です。

ショードッグに出すようなレークランドテリアは、1日数時間の散歩をさせることがあるほどです。

運動量は特に注意が必要でしょう。

小型犬ですから寿命は結構長い子もいますよ。

最大16歳くらいです。

自我が強いのがレークランドテリアの特徴ですが、愛情を持って育てるととっても可愛い表情を見せてくれます。

レークランドテリアの魅力をぜひ知ってくださいね!

この記事が気に入ったらシェア♪
2 観戦
通報

自分で興味あるものを見つけて遊ぶって、一人遊びが得意な犬なんですね。ちょっと忙しくて構ってあげられない時、そういう性格だったら安心できます。もちろん時間のある時は一緒に遊びますよ。レークランドテリア、ますます興味が湧いてきました。

2 クリームパン
通報

毛がチリチリっていうか、クルンクルンしてて独特な毛質をしているワンちゃん、毛の手入れに費用が結構かかると言われたら、飼う前にそういう費用面もあらかじめ考えておかないといけないなぁと気づきました。幾らくらいかかるのか見通しを立てないと。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー