猫の室内飼い。ストレスフリーな環境づくりに必要なことを詳しく解説。

猫の室内飼い。ストレスフリーな環境づくりに必要なことを詳しく解説。

1180
update

今やほとんどの家庭で猫は完全に室内で飼育されています。そこで、室内飼いの猫にストレスのかからない環境作りが大切です。マイペースな愛猫のためのストレスフリーの生活を守る、必要なことを何点かご説明いたします!

1180
update

猫の完全室内飼いはストレスと安全のため!

Portrait of a beautiful cat resting on a bed

Stokkete/shutterstock.com

前は、猫は家から外へ自由に行き来できる「放し飼い」で飼われていました。

しかし、現在は外へは一切出さない「完全室内飼い」の猫が多いです。

放し飼いをしてしまうと、思わぬ事故や他の猫とのケンカ、また猫エイズの感染等、様々な障害があります。

そのため、家に閉じ込めると猫のストレスが溜まると思うかもしれませんが、猫の安全性を考慮すると、絶対に室内飼いが望ましいです。

猫を室内飼いするにあたって必要なもの

Cute funny cat and tree in room

Africa Studio/shutterstock.com

猫を室内飼いするにあたり、必要なものが数点あります。

確認していきましょう。

キャットタワー

キャットタワーは必ずといって良いほど必要な道具です。

猫は上下運動と高い場所が好きな動物です。

運動スペースがないとストレスが溜まってしまうでしょう。

しかし、あまりにも天井に近いようなキャットタワーは、落ちてしまった際に怪我をしてしまう可能性がありますので、ほどよい高さのものにしましょう。

爪とぎ

猫はストレス解消や爪を整えるために爪とぎをします。

室内飼いの場合は、タンス等で爪とぎをする場合も考えられます。

市販で売られている爪とぎで大丈夫ですが、ダンボールで出来た爪とぎはといだ後の破片が落ちるので掃除が大変です。

トイレ

猫は排泄後、トイレの砂を掘る習性があります。

ストレスのためにもトイレの砂がこぼれないようなトイレを選びましょう。

猫をストレスフリーな室内飼いをする方法

Yawning cat

Stiglincz Gabor/shutterstock.com

猫は繊細な性格をしており、些細なことでストレスがかかってしまいます。

そのため、猫のストレスフリーの室内飼い生活のためにも、下記事項を確認しておきましょう。

家族が全員猫を飼うことに賛成しているか

これは猫を飼う上で最も重要なことです。

猫は1人で飼うことは出来ません。

1人でも家族で猫を飼うことに反対している人がいるのであれば、猫の室内飼いは難しいです。

潔く諦めましょう。

猫は長い間暮らす家族であるため、猫嫌いな家族がいれば、それは猫にとってもストレスになります。

ベランダ・窓

猫が出て行ってしまうような場所の窓を開けないこと。

猫は外に興味があるため、出て行ってしまう可能性があります。

ベランダは、猫がベランダのふちに上がった際に落ちてしまう場合もあるため、絶対にベランダへは出さないようにしましょう。

猫を第一に考えることが出来るか

猫はマイペースに見えて、実は飼い主と遊ぶことが好きな動物です。

室内飼いの猫を1日中放って、自分は遊びに行くとなると、猫もストレスがかかります。

犬と一緒に飼う場合は犬が先に家にいること!

Golden retrievers and British shorthair

Chendongshan/shutterstock.com

犬との共存は、犬が先住犬としていた場合のみ、一緒に室内飼いをすることが出来ます。

猫はなわばり意識が高いため、後から犬が来た場合には、仲良くなる可能性は低くなり、ストレスがかかってしまいます。

いかがでしたか?

猫のストレスを考えた室内飼いで快適な猫ライフを送りましょう!

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報
1

外飼いが最高って本気?それ野良猫に餌付けしてるだけじゃん。事故に合う確率も高いし、病気だってもらってくるし、他の猫と喧嘩してケガするかもしれないし、心無い人にいじめられるかもしれないし、危険度MAXじゃん。正気じゃないよ。

1 名無しさん
通報

猫のしつけ、しつこくやるから、凶暴猫になるんだ。猫は外飼いが最高。できない人は、猫飼う資格なし。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー