猫を風呂に入れても大丈夫?風呂の入れ方や温度を詳しく解説!

猫を風呂に入れても大丈夫?風呂の入れ方や温度を詳しく解説!

1375
update

とても綺麗好きな動物、猫。日々愛猫を観察していると、自分で毛づくろいを頻繁にしていますよね。そんな綺麗好きな猫ですが、風呂に入れても大丈夫なのでしょうか?もしも大丈夫であれば、温度や入れ方は?猫の風呂についてご説明いたします!

1375
update

猫を風呂に入れる必要は?

Persian kitten lying in miniature bath on beige background

Linn Currie/shutterstock.com

猫は風呂に入れなくても大丈夫

猫は自分で毛づくろいをします。 猫のつばには、殺菌成分が含まれており、自分の舌で毛づくろいするだけで体毛を清潔に保つことが出来ます。

ですので、そもそも猫を風呂に入れる必要はありません。猫の風呂は、温度や入れ方にも気を遣わなければいけないため、少し大変です。

猫を風呂に入れる理由

猫を外飼いしているのであれば、ノミやダニや体毛に付着している可能性があります。

ですが、泥まみれになって帰ってきたとき等、洗わざるを得ないときは、猫を風呂に入れる必要があります。また、飼い主が綺麗好きな人であれば、猫も良いニオイにしておきたいという考えがあるため、風呂に入れる飼い主もいます。

猫は風呂に入れなくても清潔ですが、年に数回程度であれば大丈夫だと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー