犬のコマンド『伏せ』の教え方を詳しく解説!

犬のコマンド『伏せ』の教え方を詳しく解説!

3374
update

犬を飼う上で、最も重要と言えるコマンドは「伏せ」です。「伏せ」を覚えると、犬が暴走したときにも、「伏せ」のコマンドを言うだけで犬を落ち着かせることが出来ます。今回は、簡単な「伏せ」の教え方をご説明いたします!

3374
update

伏せの姿勢を覚えさせる

犬 伏せ

shutterstock.com

何も知らない状態の犬に伏せを教えるのは簡単ではありません。

伏せのコマンドで重要なことは、座っている状態から伏せる「行動」ではなく、伏せている「姿勢」を覚えさせることです。

伏せの教え方はとても単純です。それでは、伏せの姿勢は、どのような教え方をすると覚えるのでしょうか?

おやつやボールを使った「優しい教え方」

サモエドや、パグのような、基本的に優しくしつけをしたほうが良い犬種に対しての伏せの教え方として、おやつやボール等を使用した教え方があります。これは、おやつ等がほしいからその姿勢になるという教え方です。

まず伏せを教える際は、犬にリードをつけて行いましょう。「伏せ」のコマンドを言ったあと、おやつを犬の前足あたりに持っていき、犬を伏せの姿勢に誘導させます。

犬はお尻をなかなか伏せようとしませんので、何度か繰り返し行い伏せの姿勢にならなかった場合には、最後にお尻を少し押し伏せの姿勢を強制しましょう。犬が少しでも伏せの姿勢になった瞬間に、思い切り褒めてあげ、おやつやボール等ご褒美を与えます。

それを繰り返し行うと、伏せのコマンドからおやつがほしいため、すぐに伏せるようになります。これが「優しい教え方」です。

伏せのコマンドからすぐに行動に移す「厳しい教え方」

次は伏せの厳しい教え方です。これは、ジャーマンシェパード等の、しつけを行わないと凶暴になる可能性のある犬に対して行う伏せの教え方です。

押さえが利かない犬に対しては、伏せのコマンドをするだけで犬が落ち着きを取り戻すことが出来ます。 これは、すぐに伏せを覚えますが、少なからず犬にストレスを与えてしまうため、長時間は行わないようにしましょう。

まず、犬に対して伏せのコマンドを言います。そこで、すぐにリードを短くもち、地面に向けてリードを押し付けます。すると犬は苦しいため、すぐに伏せの姿勢になります。これを繰り返し行うと、犬は苦しい思いをしたくないため、比較的すぐに伏せを覚えます。「伏せ」のコマンドは、大きな声でしっかりと言いましょう。

この教え方で気をつけてほしいことが一点あります。この教え方は、コマンドから伏せの行動までの反応が早くなる教え方ですが、伏せの姿勢になったときは、大げさに思い切り褒めてあげてください。

一回一回思い切り褒め、おやつやボール等ご褒美を与えてください。優しい教え方よりも大きく褒めてあげましょう。そうすることで、犬は苦しかった気持ちはすっかり忘れ、飼い主に褒められたという嬉しい気持ちが勝り、ストレスがかかりづらくなります。

伏せはしつけの基本

犬 伏せ

shutterstock.com

伏せの優しい教え方と厳しい教え方をご説明しましたが、どちらも根気が必要です。ですが、伏せは犬の服従訓練としてとても大事なしつけです。他の人や犬と喧嘩をした際、「伏せ」のコマンドひとつで犬を伏せさせることが出来るまで、根気よく頑張りましょう。そこまで出来れば他の人や犬に迷惑をかけることは少なくなるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー