犬が伏せをする意味とは?意外と知らないシグナルを知ろう!

飼い主が指示もしていないのに愛犬が伏せをすることってありませんか?この行動に何か意味はあるのでしょうか?また、トレーニングの結果伏せを覚えさせることの益にはどんなことがあるのでしょうか犬の本能的な気持ちから発する意味と主従関係から考えた伏せをする意味について説明していきたいと思います。

犬が伏せをする意味とは?意外と知らないシグナルを知ろう!

[伏せ]カーミングシグナルの一つ

ーミングシグナルという言葉をご存じですか?分かりやすく言えば、犬のボディランゲージのことです。

ノルウェーのトウリッド・ルーガス(turid Rugaas)氏が、カーミング・シグナル(calming signal)といって落ち着きをもたらす信号が27つあると発表したものの一つに伏せが含まれています。ちなみにこのカーミング・シグナルは世界共通なのです。

伏せをすることで自分自身の気持ちだけでなく、相手の気持ちも落ち着かせる効果があります。つまり、犬同士がお互いにストレスを抱えないようにする手段でもあるんですね。

追いかけっこしていたら急に伏せをする時の犬の気持ち

興奮しすぎた自分の気持ちを鎮め、ひとまず落ち着かせるという意味が含まれているようです。

[[指示をしていないのに伏せをするのですが、たいていは他の犬などと遊んでいて興奮してきたことに気づいたときや 誰かが来て はしゃいだときに伏せをすることで、自分だけでなく 相手にも落ち着かせるようとする意味があります。

犬のしつけの中には お手やお座り、伏せや待てが基本としてありますが、これらに準じて自らする伏せも、実は気持ちを落ち着かせようという心理と結びついているのです。

散歩の途中で他の犬に出くわした時に伏せをする犬の気持ち

愛犬が お散歩の途中で 他の犬と出くわしたときに伏せをすることはありますか?その場合は、敵意がないよ というニュアンスのサインを伝えているのです。

他の犬はどんな子かな?けんかしたくないな。という危険回避の気持ちの表れでもあるのです。犬の上下関係に関わりなく見られる強い意味のカミングシグナルです。また、気に入っていますよ という意味の場合もあります。

欲しいものを目に前にした時に伏せをする犬の気持ち

欲しいものが目の前に現れ、待ちきれなくてウキウキする気持ちをなんとかセーブして落ち着かせようとしています。犬なりに平常心を保とうとしているなんて、健気で可愛いですよね。

ご飯の前や、お気に入りの誰かがやってきたときにも、よく見られます。中には、ごはんやおやつなどを目の前にして 嬉しい気持ちをセーブするために、直視せずに目線をプイッとそらせる子もいます。

[伏せ] 服従心のしるし

犬を飼ったら、まず教えるのがお手、おかわり、お座り、そして伏せですよね。しつけにより 服従させることで、犬に主従関係を教え 飼い主との信頼関係を生み出します。

この「伏せ」は、犬にとって飼い主に対する服従を意味します。なぜなら、お腹を下につけ、相手を見上げる伏せの姿勢は絶対的に服従しなければできない姿勢だからです。

伏せをしつけるのには、根気が要りますが、愛犬と良い関係を築いていくためには、ぜひトレーニングを早くから始めてください。

伏せは 何か指示を与える時によくする「おすわり」とは違い、長時間待たせる時にすることが多いため、きちんと伏せをして待つことができる犬は しっかりとトレーニングがされていて主従関係がきちんとしていると言えるでしょう。

犬が伏せをしなくなった?

犬にしつけとしてとらせる行動の中でも、伏せは 特に 主従関係が必要ですので、何かが原因で関係が微妙になっている可能性があります。

また、主従関係とは全く違う理由で しないことがありますが、そんな時は周囲にいる人や他の犬との空気が乱れそうになっていることが多いです。

不穏な空間で 普段できている伏せをしなくなった場合、たいていは地位の低い犬がしなくなるようです。地位が高い犬の場合は 空気を読み 逆に伏せをして、周りを落ち着かせるというやり方をする習性があるからです。

犬は、いろんなことを察知して 行動を取るので、よく観察してみてくださいね。

伏せの教え方は?

伏せを教える時は、おやつを使って覚えさせるのが一番一般的でしょう。

まず目の前におやつを出して座らせて、その状態をキープします。徐々におやつを下に持っていくと 犬は自然と目で追いますよね。たいていはそのまま体勢を下げ前足を揃え、伏せのポーズをとるようになります。

犬の胸と前足が床に付いたら「伏せ」と声をかけ、その姿勢を覚えさせましょう。しっかりとできたらご褒美をあげ、たくさん褒めて撫でてあげましょう。できるようになったら徐々にご褒美の回数を減らしていきます。

ご褒美がなくてもきちんと伏せをさせる状態を目指してくださいね。ご褒美が無くても服従してくれるのがしつけなのです。

習得してからも毎回与えていると、伏せをするとおやつがもらえるのだと勘違いしてしまうので、教え方にはくれぐれも注意しましょうね。

[伏せ]「つまんないの~」という気持ち 

犬が伏せをする意味として「あーあ、つまんない」という気持ちの表れのこともあります。だいたいそういうときの犬の表情は諦めたような上目使いで退屈そうです。

犬がやりたいと思っていることができない場合、たとえば上機嫌でおもちゃで遊んでいるのにいきなり取り上げられたり、大好きな飼い主さんが外出から帰ってきて大喜びでお出迎えに行ったのに留守中のいたずらを叱られてしまったり、美味しそうな食べ物によだれが出そうなときに他の犬や人間に先を越され食べられてしまったり、とにかく期待外れな出来事に遭遇したときスネたような態度で伏せをします。

飼い主さんに叱られて伏せをしていると、飼い主さんは「反省している」意味だと思いがちですが、本当は「あーあ、なんで機嫌悪いの?もうや~だ!」という意味です。

犬が伏せをする意味のまとめ

犬が伏せをするのには、気持ちを落ち着かせたり、服従心を表したりする気持ちが含まれていたり、様々な意味があったのですね。

犬は話せなくても、伏せのやり方やその他の行動でメッセージを伝えてくれているのです。

飼い主さんが愛犬の行動から気持ちを読み 把握していれば、犬がストレスや不安を感じる前に解消してあげることができるかもしれませんね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

伏せ!って言っても聞かない時があるので、それは主従関係ができていないんだなと思いました。きっちりしつけていきたいです。他にも急に伏せする時にも、意味があって伏せをしていることを知りました。動かなくなったりすることがあるので、犬の気持ちを理解してあげられるようにしたいです。シグナルを読み取ってあげられるようになりたいです。

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

onigiri

主に犬と猫の役立ち記事を書いています! 動物はなんでも大好きで~す。

おすすめコンテンツ

犬のしつけを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!

「芸・コマンドのしつけ」のキーワード

「芸・コマンドのしつけ」に関するキーワード