ヨークシャテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ヨークシャテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1722
update

ヨークシャテリアは抜け毛が多いのでしょうか?飼う際に特別なケアや対策が必要なのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

1722
update

ヨークシャテリアの抜け毛は多い?

Yorkshire Terrier puppy standing, 2 months old, isolated on white background

Martina_L/shutterstock.com

家庭犬として人気の高い犬種、ヨークシャテリア。 ですが、その被毛のケアが難しいという話も聞きます。 ヨークシャテリアの抜け毛は多いのでしょうか?

ヨークシャテリアはダブルコートと間違えがちですが、実はシングルコートの犬種です。 犬にはダブルコートとシングルコートの二種類の被毛の生え方があります。

ダブルコートの犬種は、「アンダーコート」と「オーバーコート」との二種類の被毛を持ちます。 厳しい寒さにも耐えるようにできているため、毛の生え変わりの時期には抜け毛が多く大変です。 その点シングルコートのは抜け毛ケアと抜け毛対策は比較的楽かもしれません。

のもつシングルコートとは、二重構造ではなく、一種類の毛並みのみを持つ種類のことです。 一般的に温暖な地域で生まれた犬はこのシングルコートの毛並みを持つことが多いです。

シングルコートを持つヨークシャテリアですが、毛の生え変わりの時期にはやはり抜け毛が多くなります。

ヨークシャテリアの抜け毛ケア

ではヨークシャテリアの抜け毛の多い時期、どんなケアができるでしょうか? まず、ヨークシャテリアは適度なトリミングが必要な犬種です。

ヨークシャテリアの被毛は放っておくとどんどん伸びてしまいます。 床につくまで伸びてしまい、毛のもつれや毛玉もできやすくなります。

毛を結んでいる飼い主さんも多いですが、できればトリミングをこまめに行ったほうが良いでしょう。 1,2ヶ月に一度はトリミングすることをおすすめします。

適度にトリミングしていると、抜け落ちる毛が少なくなります。 そしてブラッシングすることも、抜け毛を少なくすることに効果的です。

抜け毛ケアのためのブラッシングには、ピンブラシがおすすめです。 ピンブラシで定期的に抜け毛を取り除くことで皮膚病を防ぎます。

さらにブラッシングにはマッサージ効果もあります。 例えばピンブラシのピンの部分で皮膚を刺激することで、皮膚も活性化します。 血行が促進されること、皮膚が活性化することで新陳代謝も促されるでしょう。 健康な皮膚状態は、被毛が健康になることも助けます。

毛球ができやすい子であれば、コームを使ってもよいでしょう。 むりやり引っぱらず、毛球をなくす程度にしましょう。

さらに毛づやを良くしたいなら、獣毛ブラシもおすすめです。 獣毛の油で、毛によりツヤが出ます。 これらのブラシを使い分けることで、効果的なブラッシング、抜け毛ケアを行うことができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー