犬の抜け毛で悩んでいる方必見!部屋の掃除方法のコツを解説!

犬の抜け毛で悩んでいる方必見!部屋の掃除方法のコツを解説!

3831
update

犬の抜け毛とお部屋の掃除は、飼い主さんが切り離すことのできない課題です。多くの飼い主さんが掃除の手間で悩んでいます。今回はそんな飼い主さんのために、犬の抜け毛が散らばった部屋の掃除方法のコツをご紹介します。

3831
update

飼い主さんは日々、犬の抜け毛と奮闘しています。

犬は被毛が抜ける動物です。季節によっては大量の被毛が抜けて、あちこちに散らばることも多いはずです。部屋や廊下の隅には毛玉が集まっていたり、飼い主さんの靴下の裏に大量の抜け毛が絡まっていたりするものです。

部屋中に抜け毛が散らばっていると衛生上良くありませんし、その部屋で短時間過ごすだけでも洋服にかなり抜け毛が付着してしまいます。出かけた時にいつも抜け毛が洋服についているという恥ずかしい状況にもなりかねません。

そんな状態を防ぐためにも、上手な抜け毛の掃除方法を知っておきましょう。今回は、道具別の部屋の掃除方法と、掃除を楽にするちょっとしたコツをご紹介します。

犬の抜け毛が散らばった部屋の掃除方法

犬の毛

pixabay.com

まず最初に、犬の抜け毛をどのように掃除すればよいか解説します。

大切なのは、場所とタイミングを把握することです。掃除したい部屋が決まったら、その後にどんな手順で掃除すると効率が良いのか考えましょう。犬の抜け毛掃除に役立つ道具と使用方法をそれぞれ取り上げていきます。

フローリングワイパー

床がフローリングであれば、フローリングワイパーを活用しましょう。

フローリングワイパーとは、使い捨てのウェットシートのモップのことです。比較的安価で入手できますし、濡れているので簡単に抜け毛をキャッチしてくれます。また、使い捨てなので抜け毛の後処理も簡単です。

部屋の隅に抜け毛はたまりやすいので、隅からモップ掛けしていきましょう。ホコリも一緒に取り除くことができるので一石二鳥です。

粘着ローラー

床がマットやカーペットの場合は粘着ローラーが活躍します。

粘着ローラーとは、筒状の粘着テープを転がして抜け毛を絡めとる道具です。「コロコロ」という名称も一般的です。手軽に掃除できるので、掃除の時間以外でも手元に置いておくなら、空き時間で清潔さを保つことができます。

もちろん、粘着ローラーだけでは完全に抜け毛を取り除くことはできないので、掃除機などを活用する必要もあります。

ゴムブラシ

ペット用のゴムブラシも活用できます。ゴム素材の突起が付いたブラシで、犬の抜け毛を簡単に絡めとってくれます。ブラシ型やグローブ型など種類は豊富です。

カーペットなどの掃除が難しい素材でも、ゴムブラシを利用するなら比較的素早く掃除できます。

掃除機

掃除の基本である掃除機も活用できます。ただし、掃除機を利用する前にタイミングをしっかり考える必要があります。

なぜなら、大量の抜け毛を掃除機で処理すると繊細な部分に抜け毛が絡まったり、掃除機から犬の嫌な臭いが漂ったりするからです。フローリングワイパーや粘着ローラーで抜け毛を除去した後に掃除機を使うようにしましょう。

部屋の掃除がかなり楽になるコツ

犬のトリミング

pixabay.com

知っておくだけでかなり掃除が楽になるちょっとしたコツもご紹介します。

大きな労力は掛からずに、掃除の手間をかなり軽減してくれます。抜け毛の量で悩んでいる人はぜひチェックしてください。

カーペットではなくフローリングに

カーペットや絨毯(じゅうたん)などの素材は抜け毛が絡まりやすく掃除が大変です。また臭いも付着しやすいというデメリットがあります。飼育部屋を用意する際にそもそも床の素材をフローリングにすれば、掃除はかなり楽になるでしょう。

掃除機やエアコンのタイミング

掃除の最中に抜け毛が部屋の中を舞ってしまうことがあります。そうなると、せっかく掃除した場所にも抜け毛が散らばってしまいます。

これを防ぐために、なるべく掃除中は風や空気の流れが起きないようにしましょう。掃除中はできるだけエアコンをつけないほうがよいです。また、掃除機のタイミングも大まかな被毛を除去した後が望ましいといえます。

こまめなブラッシング

そもそも部屋に抜け毛が落ちる前に処理しておくことが、「楽」への近道です。

毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。換毛期であればもっとこまめにブラッシングしてあげてもよいです。これを意識するだけでも、かなり部屋の掃除は楽になります。

定期的なシャンプー

ブラッシングと同様、定期的なシャンプーによってしっかりと抜け毛と臭いを除去しておけば掃除は楽になりますし、臭いのトラブルも減少します。

家具の配置に気を配る

掃除しやすい家具の配置を考えることもできます。例えば、家具と壁、また家具と家具の細かい隙間には抜け毛が入っても掃除しづらいものです。なるべく隙間を無くすような配置にしましょう。

そもそも犬が生活する空間は家具の量を減らせば、さらに掃除がしやすくなります。

犬に服を着せる

必ずしも推奨できるわけではありませんが、犬に服を着せることで抜け毛は格段に減ります。

ただし、その分定期的に犬の抜け毛を飼い主さんが除去してあげる必要があります。また、服を着せることで衛生的に、また体温調整上のトラブルが生じていないか絶えず確認してあげるべきです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー