【犬があなたになつく方法5つ♪】しつけじゃダメ!誰でもできる犬がなつく方法とは?

【犬があなたになつく方法5つ♪】しつけじゃダメ!誰でもできる犬がなつく方法とは?

1892

せっかく可愛い犬なのに、自分にはなついてくれない場合ってあるものです。いじめているわけでも、邪険にしているわけでもないのに、犬に嫌われる要因があるんですよ。どうやったら犬と仲良くなれて、とてもなついてくれるのか?そのやり方を伝授いたします!犬を新しく迎え入れた、家族の皆様もご参考にしてください。

1892 |

犬がなついてくれないのは、意外な理由があった!これを知って仲良くなろう!

Adorable brown and white basenji dog smiling and giving a high five isolated on white

De Repente/shutterstock.com

犬がなつく方法1:あなたの性別は?

Happy dog with woman

archimede/shutterstock.com

「え?性別なんて関係あるの?」

実は犬にとっては非常に重要です。

犬を飼うとき、男性ならメス犬、女性ならオス犬となら、愛称は恐らくたいていは上手くいくはずです。

不思議と生物として種類が異なるのに、犬にとっても友達となりやすいのは、対照的な異なる性別なのです。

だからって、同性じゃダメというわけではありません。

親密で犬が遊んでくれる相手は、ほとんどが自分の性別と違う場合が多いのです。

犬がなつく方法2:犬をどういう立場に置いていますか?

 Young man sleeping with a dog

asia.marangio/shutterstock.com

一番の問題は、犬自身が自分はどのポジションにいるだろうか?ということです。

これが明確でない限り、いつまでたっても家族は、単なる遊び相手だけにとどまります。

「飼い主」というのは、群れのリーダーと同じです。

ところが、犬が判断するのは、餌を与える人でも、散歩に連れて行ってくれる人に限るわけではないです。

犬は可愛がってくれる人や美味しいものをくれる人を大好きになり、甘えます。

確かにそれも「なつく」ことではありますが、犬が本当に敬意を払う‟ご主人様“になる方法はただ甘い人であるだけでなく、少なくとも犬への接し方について決定権を握り自らも実行できる人であることです。

家庭内で子どもが犬を飼うこともあるかと思います。

子どもは両親を差し置いて家庭内のリーダーにはなれません。

犬がこの子どもをリーダーと認識することも難しいのですが、犬についてよく学び、犬へのしつけや飼育方法についてすべてをこの子どもが決定し、その上で大人たちも行動するのであれば、犬は家族になつくとともに子どもに対して「飼い主」として一目置くようになる可能性もあるのです。

犬は家族の関係を察知しています。仲の良いご家族でも、最も発言力のある人が一人くらいはいるはずです。

その人が、自分の所へ来て、褒めたり、目線を合わせる頻度が高い人ほど、群れのリーダーではないか?という直感を犬は働かせます。

他人の家庭に招かれたとき「主導権は奥さんだな」となんとなく感じることありませんか?その感覚に近いです。

犬がなつく方法3:犬はこういう人を嫌う!

Dog. Dog on green grass, outdoors.

Volodymyr Plysiuk/shutterstock.com

理由もなく自分を格下に考え強く命令する人、高いところから物でも餌でも投げる人、自尊心が意味なく高い人などが、犬にとっては最も嫌いな人の性格になります。

「性格?」

そうです、犬は性格の好き嫌いがあるのです。

何故なら言葉がありませんからね。

性格は誰でも自分に対しての接し方でわかるものです。

体つきは人間より小さくても、犬の年齢はあなたに近いか、あなたよりも年上の場合があります。

その分物事を覚えるスピード、感覚の鋭さは人間が考えよりも遥かに早く成長を遂げます。

犬に嫌われたら、家族の人でも「群れの中で最もいけ好かない奴」として、外敵の2番目くらいに警戒します。

犬に引っ張られて散歩している場合は、あなたの立場は犬よりも下ですね。

犬がなつく方法4:餌やおやつに釣られるほど馬鹿じゃないぞ

Puppy eating foot. Dog eats food from bowl

Gladskikh Tatiana/shutterstock.com

意味なく立場が高い態度も、非常に嫌われる要素です。

そういう人は、犬の目を見ないか、見たとしても犬の目の高さよりも高い場合が多いです。

また見知らぬ人が、善意のつもりで投げたおやつなどは、犬にとっては意味がわかりません。

「お腹も減っていないが、一体自分に何の用があるんだろう?」

犬に餌を与えるのは、群れの中で「分かち合う」という行為と同じです。

犬は敏感であり、家族同士が食事をしているのを知れば、自分の食事もその「分け前だ」と知るのです。

警戒を最後まで決して解くことはないでしょう。

犬がなつく方法5:あなたは自分を認め、可愛がってくれる相手ですか?

Young boy and his dog lying on the grass together. Happy boy hugging his pet Labrador smiling with his eyes closed copyspace nature happiness support friendship peaceful summer animals lifestyle

Nestor Rizhniak/shutterstock.com

自分と仲の悪いいつも吠えられてしまうような人は、まずは吠えている犬に笑いかけ、常に声をかけてあげることを繰り返します。

吠える声の間隔が多少長くなれば、犬に近づき、吠えなくなったら犬の正面ではなく、斜め前で犬の視野の中に入ります。

顔ではなく、首よりも後ろの背中を優しく撫でて、首を向けても、手を払いのけるのではなく、手を置いたままそっと動作だけ止め、1日1度だけでこの訓練は終わります。

やがて犬は警戒をいつか解いてくれるでしょう

犬の習性を知れば、誰でも犬と親しくなれます。

犬は仲間を好む動物であることを忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
21 名無しさん
通報

一時間の時は、どうすれば良いのでしょう?

20 にな
通報

勉強になりました!

躾をすればするほど、犬との溝が深まっていき悩んでいました。記事を読み、犬を格下に考えて強く命令していた自分に気づきました。犬への接し方を見直そうと思いました。

性別での相性も納得です。

うちの犬はメス犬で、主人の事は出会った当初から大好きで、とても仲良しです。

19 ねがてぃぶ
通報

なるほど~~犬は性格で好き嫌いが分かれるんですね。私が犬に嫌われる事が多いのは性格に問題があるのかなぁ…。

18 名無しさん
通報

私も新しいワンちゃんを家族にしました。

なかなか心を開いてくれなかったけど、これを見て参考になりました。

とても分かりやすかったです‼️

18 のん
通報

犬の写真が可愛いですね(^^)

18 名無しさん
通報

読みにくい

18 名無しさん
通報

愛猫家だった内田百閒はこんな言葉を残している。 「犬や猫は人間の子供と一緒で、嘘を吐いたりいじわるをしてはいけない」 ほんと、これは真実だと思う。犬はよく見ているので、信用できない人には親しくしない。

18
通報

犬が懐いてくれるかどうかは、犬とどう向き合っているかですよね。記事にもありますけど、犬のことをオモチャみたいに扱うような飼い主には懐かないのは当然です。自分が犬の気持ちになれば、どうしてほしいかは一目瞭然だと思います。

13 ボード
通報

懐かないのには、ちゃんとした理由があったんですね。「そうなんだ〜」と何度も口にしながら読みました。感心すると同時に、色々と考える時間となりました。犬と接する時、自分はどんな風に向き合っているのだろう、など振り返る機会ができました。

12 和だいこ
通報

やはり犬に懐かれる・懐かれないにはちゃんとした理由があるんですね。なんで懐いてくれないのかしら?と疑問に思うよりも前に、普段の犬に対する行いを思い返してみるのが良さそうです。意外と、犬に嫌われてしまうような行動をしている可能性も考えられますからね。

11 フローラ
通報

う〜ん…考えさせられる記事でした。犬といえど立派な家族ですからね。家族に対する態度で接しているかどうか日頃の行いをしっかり考えていきたいと思いました。好かれたい〜。

10 名無しさん
通報

見にくい

9 ロゴ
通報

犬が全然なついてくれないと寂しい気持ちになります。犬をどういう立場においているかについては、考えさせられました。褒めたり目線を合わせたりというのは、意外と基本的なことであるが故に怠ってしまいがちな事だと思うので、まずは基本をしっかりと行うことから始めてみます。

8 ハッチ
通報

餌をあげるのも、散歩をするのも私なのに、何で主人ばっかり懐くのかな?と思ってましたが、主人のことを自分のリーダーとしているんですね〜!よくみていますね!!私ももっともっと懐いてもらえるように頑張りたいと思います♪

7 いぬまじん
通報

犬を飼うのも一苦労だなってこの記事を読んで思いました。犬に懐かれるってことをここまで真剣に掘り下げるとか、ある意味すごいですね。自然体で犬に接すればいいんじゃないの?って思っちゃいました。下手に懐かれたいとか考えて行動しても上手くいかないことの方が多そうだし。

6 kkk
通報

しつけるよりなつかれる方が難しいと思います。しつけることはしっかり甘えなして対応するとできることがあるけど、なつかれるというのはやっぱり犬との相性ではないでしょうか。性別はわかる気がします。

5
通報

子犬の頃から、飼い主の家の事情をよく観察して学んでるということですよね。犬を見れば、その家の主が分かる!ってことは面白い反面、ちょっとドキッとする気がしました。

4 らっぱ
通報

犬に懐いてほしいなら、犬がしてほしいことをしてあげる人になればいいのではと思ってました。この考え方が合ってるのかどうかは分かりませんが、余り犬に嫌われることがないので合ってるんだろうと勝手に思ってます。性別で懐きやすくなるかどうかが有るのは何となく動物ならそうなのかなと思いますね。

3 アイススケート
通報

懐いてくれるかどうかに、性別が関係するとは意外でした。同性同士だと、あまり懐いてくれないかもとのことですね。犬が懐く五つの方法をマスターすれば、懐いてくれそうな気がしてきました!!実践してみようと思うのですが、これらの方法は犬種に関係なく効果がありますか?

2 名無しさん
通報

なつかれる犬となつかない犬がいるのですが、どうしてでしょうか!?自分の接し方が違うのかな。自分では犬によって変えていることはないのですが。。。今後この方法で犬に接していきたいと思います。急がずにゆっくりと、時間を取って犬と接していきたいと思います。馬鹿にされないようにも気をつけていければと思いました。

1 ポチポチ
通報

自分が家の中で1番下なので馬鹿にされてるのかと思ってました。だから、散歩行ったりおやつあげたりして一生懸命に自分なりに可愛がって、馬鹿にされないように好かれようとしてたけど、でも、それだけが原因じゃないんですね。嫌われて吠えられたりするわけではないけど、もっと犬の習性を知れば、もしかしたらもっとなついてもらえるかもしれないってことですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー