【猫に牛乳をあげてはいけない?!】猫が下痢にならない牛乳の与え方をご紹介!

猫が牛乳を美味しそうに飲んでいるシチュエーションを見たことがありますよね?拾った子猫にはまず牛乳。そんな先入観がありますが、実際猫に牛乳をあげても良いのでしょうか?下痢はしないの?などの疑問にお答えします!!

【猫に牛乳をあげてはいけない?!】猫が下痢にならない牛乳の与え方をご紹介!

実は牛乳には、猫にとって苦手な成分が入っている!

私たちには、「猫はミルクが好き」というイメージが強いのですが、猫に牛乳を与えることはおすすめできません。牛乳にはビタミンA、タンパク質、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。

けれど、この人間が飲む牛の乳には、猫が苦手とする「乳糖」という成分が含まれているんです。猫は、この乳糖を分解することができないので、下痢になってしまうんですね。

下痢になると体内の水分がたくさん排出されてしまうので脱水症状になってしまうおそれがあります。食事に含まれる栄養分の吸収も妨げられてしまい、脱水症状とのダブルパンチで猫が弱ってしまいます。

そもそも猫は肉食動物ですが、牛乳は草食動物である牛の乳ですから猫の体に消化酵素がなく、あわないのは当然のことです。

乳糖が分解出来ない理由は、分解する酵素であるラクターゼが少ないからです。人間でも牛乳を飲んでお腹を壊す人は、このラクターゼが少ないんですよ!

猫に冷蔵庫にあった冷たい牛乳をあたえてはいけない!

牛乳を飲んでも下痢にならない体質の猫は居ます。そんな猫にも、冷蔵庫から出してすぐの冷たい牛乳は与えないようにしましょう。冷たいままだと消化に良くないので、やっぱり下痢になってしまいますよ。

人間でも冷たいものの摂り過ぎでお腹を壊すことがありますが、猫は人間に比べて体が小さいのでちょっとの冷たい牛乳でもお腹の調子を崩してしまうのですね。

じゃあ、温めてあげると良いのかというと、胃に膜ができてしまうのでそれも止めておきましょう。室温に戻しておいた牛乳が一番猫にとっては良い状態なんですね。

もし猫が冷たい牛乳を飲んでしまったら?

テーブルの上のカップから猫が冷たい牛乳を勝手に飲んでしまったり、何も知らない子どもが冷蔵庫の牛乳を猫に与えてしまったときはどうすればよいでしょう。

牛乳そのものには猫が中毒を起こすような成分はありませんので慌てないでも大丈夫です。無理に吐かせるようなこともする必要はありませんが、猫が自然に嘔吐することもありますので、半日ぐらいは餌を与えず室内でおとなしくさせておきましょう。

もし猫が飲んだ牛乳を吐くようならば、その直前には気持ち悪そうなそぶりを見せますので、あればペットシーツを広げてその中に吐かせます。

猫は苦しそうに頭を動かしながら吐きますが、手足は床についたまま動かしませんのでペットシーツを猫の胸あたりに広げて吐いたときに受けるようにします。

ペットシーツに吐かせるのは、後片付けが簡単なだけえはなく、嘔吐物の内容をよく観察することができるからです。吐いたものが牛乳だけであれば大丈夫です。

胃液も含まれており体内の水分が減っていますので、常温の新鮮な飲み水を部屋の中に数か所置いて猫が自由に飲むことができるようにして半日は餌を与えず様子を見ます。

吐いた後も元気そうなら下痢をしないか様子を見ながら普通の生活に戻して構いません。

嘔吐物に牛乳以外の、未消化の食事が混じっていたときもそのまま様子を見て構いませんが、猫がぐったりしていたり、何度も吐くようであれば獣医師の診察を受けさせる必要があります。

嘔吐物に血液が混じっていたときは、すぐに獣医師の診察を受けさせる必要がありますが、血液の混じった嘔吐物は一緒に持参しましょう。ペットシーツがないときは新聞紙で嘔吐物を受け止めるのでも構いませんが、吐いたものの確認はより丁寧に行いましょう。

猫が牛乳を飲んだ直後に吐いてしまい、その後は元気そうであれば、下痢をしないこともあります。吐かないで牛乳が腸まで行ってしまったときは下痢の心配があります。

牛乳を飲んだ当日から3日後ぐらいまではうんちの様子をよく観察しましょう。

多くの場合は1日間ぐらいの下痢が見られるのですが、短期間でも猫に元気がない場合や、下痢が長引くとき、また下痢に粘液や血液が混じっているときはそのうんちを持って猫を獣医師に診察してもらいましょう。

下痢をしているときの対処法は、新鮮な飲み水を用意してあげることと、寒い季節なら寝床を温かくしてあげることです。

肥満体型の猫に牛乳をあげてはいけない!

牛乳を飲んでも下痢にならない猫でも、肥満体型の猫には与えない方が良いでしょう。牛乳は栄養価も高いけれど、カロリーも高いので、しっかり適量の餌を食べている場合は与える必要は無いと思っておいてください。

特にダイエット中の猫には牛乳は禁止しても良いと思いますよ!!

猫用ミルクや人間用のお腹に優しい牛乳で下痢予防をしよう!

猫に水を飲ませることで悩んでいる飼い主さんにとっては、猫用ミルクを上手く使うと解決できるかもしれませんね! カロリー過多が気になるときは猫用ミルクを水で薄めて与える方法もあります。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫はみかんのにおいがきらい?その理由を解説。

    • 猫はみかんのにおいがきらい?その理由を解説。

      昔から猫はみかんなどの柑橘系のにおいが嫌いと言われていますね。猫除けスプレーなども柑橘系のものが多いようです。本当に猫はみかんのにおいが嫌いなのでしょうか?その理由歯なんでしょうか?またみかんを食べても大丈夫なのか見てみたいと思います。

      5146
    • 猫にカニを与えて大丈夫?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

    • 猫にカニを与えて大丈夫?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

      タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ・・・。どのカニも濃厚で美味しい食べ物です。猫は魚が大好きですが、カニを与えても大丈夫なのでしょうか?猫にカニは大丈夫か、カニを与える際の注意点についてご説明いたします!

      コメント

      カニは加熱をすれば多少は大丈夫という事は、安全ではないという事ですよね。カニを出しても良いのか、少し曖昧になっている感じがありますけれども、どちらかといえば出さない方が無難という事ではないのでしょうか?何かと考えるきっかけになりました。

      8742
    • 猫にスルメは大丈夫?正しい与え方について解説。

    • 猫にスルメは大丈夫?正しい与え方について解説。

      「お魚くわえたどら猫、おっかけーてー♪」おなじみサザエさんの曲ですね。猫が魚を加える様子はあちこちで目にします。魚介類のイカやタコは猫が食べても大丈夫でしょうか?特にスルメは問題ないですか?与えるならどれくらいならいいでしょうか?

      5807
    • 【猫の食べ物】猫に牛肉は大丈夫?間違わないための与え方についてまとめ

    • 【猫の食べ物】猫に牛肉は大丈夫?間違わないための与え方についてまとめ

      みなさんご存知の通り、猫は肉食動物です。野良猫たちはネズミ等を捕まえ餌としていますが、キャットフードを主食としている家の飼い猫達には、あまり「牛肉」というのはイメージがなく、与えてもいいのか、気を付けるところがあるか等は中々判断できません。そんな方のために、万全な与え方を解説

      コメント

      猫は肉食だから牛肉は大丈夫だよね。ただドライフードとか食べるのが当たり前だから肉食ってイメージがないけど、元々ライオンとかトラと一緒の肉食獣だからお肉はOKに決まってる。家猫ってペットとして馴染みすぎててネズミも取らない子が多いから印象薄くなっちゃうけど。

      11835
    • 猫が人間用のクッキーを食べるのは大丈夫?事実と注意点とは?

    • 猫が人間用のクッキーを食べるのは大丈夫?事実と注意点とは?

      私たちが大好きなクッキー、猫に与えても大丈夫なのでしょうか?そもそも人間が食べるものを与えても大丈夫?人間用のクッキーの成分が猫に与える影響や注意点、そしてもしも猫が人間用のクッキーを食べた際の対処法をご説明いたします!

      コメント

      プレーンクッキーなら大丈夫であると記されていますが、プレーンでも糖分・脂質が結構ありますし、添加物も使われているので猫には食べさせたくはないです。人間が食べるクッキーには人間のために作られているわけですから、ちゃんと猫用のものを出したいです。

      11801
    • 猫にスイカは大丈夫?食べていいかどうかと知りたい注意点。

    • 猫にスイカは大丈夫?食べていいかどうかと知りたい注意点。

      暑い夏がやってくると食卓に登場する「スイカ」。猫が興味ありげに近づいてきたりしたことはありませんか?でも猫にスイカをあげても問題はないのでしょうか。ここではそんな猫とスイカについて詳しくみていきたいと思います。

      コメント

      猫にスイカ…?駄目じゃない?いや毒はないかもしれないけど、食べさせる必要はないような。わが家はスイカが大好きで毎年スイカを沢山食べるけど、食べてるところに寄ってもこないし、欲しがったこともないし、そもそも猫ってスイカ出して食べるもんなの?

      20851
    • 猫にとうもろこしは大丈夫?食べていいかどうかとアレルギーや茹で方などの注意点。

    • 猫にとうもろこしは大丈夫?食べていいかどうかとアレルギーや茹で方などの注意点。

      甘くて色々な料理に使われる食材、とうもろこし。私たちはとても美味しく食べることが出来ますが、猫にとうもろこしは大丈夫なのでしょうか?アレルギーの問題や、猫に食べさせる場合の茹で方等をご説明いたします!

      コメント

      1,2粒であれば、猫にトウモロコシを食べさせても良いと言われると、与える必要ってあまりないかなぁと感じました。数粒のために、トウモロコシを準備するのも大変ですしね。たまに出す程度で大丈夫かなという風に受け止めました。

      16030
    • 猫のストレスサインとストレス解消方法。症状を知って幸せに暮らそう。

    • 猫のストレスサインとストレス解消方法。症状を知って幸せに暮らそう。

      家の窓から外をじっと見ているのは、外に出たいんじゃないの?と思う人がいるかもしれません。家の中と外で猫が感じるストレスの違いや、愛猫のストレスサインの症状、ストレス解消法まで徹底的にご紹介していきます!

      コメント

      これがストレスサインっていうのを頭に入れておくと、すぐに愛猫のストレスを察知することができて、対処ができるので、日々の生活をより良いものにできるのではないかと思います。ストレスは誰にとっても、いいものではありません。

      16114
このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!