犬は骨が大好き!その理由と気をつけたい与え方について

犬は骨が大好き!その理由と気をつけたい与え方について

2387
update

犬と言えば「骨」をイメージする方はどれほどいるでしょうか?ほとんどのかたではありませんか?犬=骨といってもいいほど犬は骨が好きです。なぜ犬は骨が好きなのでしょうか?そんな理由について詳しく見てみましょう。

2387
update

犬は骨が好きなイメージ

black labrador lying on meadow and eat bone

schubbel/shutterstock.com

犬と言えば骨をイメージする方は多いでしょう。

それほど犬は骨が大好きな動物です。

骨を与えられると、ずっとガシガシかじっていますね。

では犬が骨を好きな理由や効果、注意点について見てみましょう。

犬が骨を好きな理由

犬が骨を好きな理由は何ですか?

味が好きだったり、噛むことで何か影響があったりするのでしょう。

では具体的に見てみたいと思います。

骨についている肉の味が好き

犬が骨好きの理由には「味」があります。

純粋に骨の味が好きなのです。

骨の周りについている(ついていた)肉の味やにおい、骨髄のにおいが大好きなんです。

歯に刺激を与えたい

犬が骨好きの理由は「刺激」です。

犬は本能的に硬いものをかじりたい欲求があります。

骨の食感が犬にとってはちょうどいい感触なのでしょう。

かじることで歯に刺激になって血行が良くなりちょうどいいのです。

ストレス発散になる

犬が骨好きの理由は「ストレス発散」があります。

ガシガシ噛むことでストレス発散ができているのです。

骨は犬にとってちょうどよい遊び道具にもなっているのです。

犬に骨を与えても大丈夫?

犬が骨を好きな理由はわかりましたが、実際のところ犬の骨を与えても大丈夫なのでしょうか?

骨を食べて消化器官を傷つけないのか心配になりますね。

そんな心配は無用です。

犬に骨を与えても大丈夫なんですよ。

ではその理由について見てみましょう。

犬は胃液が強力である

犬は人間と違う形の消化器官をもっています。

消化器官が短く、犬は人間よりも強力な胃液を持っています。

ですから5時間もあれば骨は完全に消化されてしまうのです。

必ずしも消化器官を傷つけてしまうわけではない

ですから骨が刺さって消化器官を傷つけてしまうということはないのです。

とはいってももちろん気をつけなければいけない点はあります。

犬は夢中になっていると骨を丸呑みしてしまうことがあります。

そうすると骨が詰まってしまうことがあるので、骨を与えているときは様子を見ながら与えるようにしましょう。

気をつけていれば、骨を与えても問題はありませんよ。

様々な効果が期待出来る

また骨を与えることで、様々な効果が期待できます。

骨を噛むことで歯のケアができたり、あごを鍛えたりできるのは大きなメリットではないでしょうか?

犬に骨を与えた場合の効果

では犬に骨を与えることでどんな効果が期待できるのでしょうか?

具体的に見てみましょう。

歯や顎を強くする

一つ目のメリットは歯やあごの強化ができるということです。

骨のような固いものを噛むことで歯やあごが鍛えられます。

あごまわりに筋肉がついて丈夫な顎にすることができるんです。

噛むことで血行も良くなり、脳の活性化にも役立ちます。

歯磨きが不要になる

二つ目のメリットは歯磨きがわりになるということです。

犬を飼っている方が苦労することの一つに、犬の歯磨きをあげることができます。

歯磨きを嫌がる犬は多いですよね。

しかし歯磨きしないと歯石が溜まって虫歯や歯周病になって口臭の原因になったり、ひどくなると膿が出たりします。

骨を食べさせることで歯垢や歯石の除去ができるのです。

骨を与えることでデンタルケアができるのできれいな口腔内をキープできます。

栄養補給ができる

三つめのメリットはカルシウムやリンなどの必要な栄養補給ができることです。

骨の中にはカルシウム、リン、脂肪やたんぱく質が含まれているので、犬にとっては骨をかじることで効率よく栄養補給ができるのです。

犬への正しい骨の与え方・その注意点

犬に骨を与えるメリットもたくさんありますね。

では犬に骨を与えるときに注意することがあるでしょうか?

与え方や注意点を見てみましょう。

与えすぎない

犬に骨を与える際は、量に注意しましょう。

脂っこい肉の骨をたくさん与えるとおなかを壊してしまうことがあります。

また食べすぎると便秘になったり下痢になったりすることがあるので与えすぎないように注意しましょう。

硬すぎる骨を与えない

犬に骨を与える際は、硬すぎる骨は与えないようにしてくださいね。

犬は骨が大好きなので、与えられた骨は夢中になって噛みます。

しかし硬すぎる骨だと力いっぱい噛むので、歯のエナメル質を傷つけてしまうことがあります。

思いっきり噛むことで歯に圧力がかかって、歯が欠けたり折れたりしてしまうこともあります。

大きすぎる骨は与えない

犬に骨を与える際は、大きすぎる骨は与えないようにしましょう。

犬は飲み込める大きさのものは飲み込んでしまう傾向があります。

大きめの骨を丸飲みしてしまうことでのどに詰まらせることがあるかもしれません。

大きすぎてなかなか消化できず胃腸炎になることもあります。

加熱した鳥の骨は与えない

犬に骨を与える際は、加熱した鳥の骨は与えないようにしましょう。

鳥の骨は加熱すると縦裂けて鋭くとがった状態になります。

そのとがった骨で消化器官を傷つけてしまうことがあるので加熱した骨は与えないようにしましょう。

どうしても加熱したものを与えたい場合は、骨が崩れるくらいにするといいでしょう。

いきなり硬い骨を与えない

犬に骨を与える際は、いくなり硬い骨は与えないようにしましょう。

今までドッグフードのような柔らかいものばかり食べてきた犬がいきなり硬い骨を食べてしまっては、胃腸がビックリして消化できず下痢を起こすことがあります。

いきなり硬い骨を与えるのではなく、最初は鳥の軟骨などから与えて慣れさせるといいですね。

まとめ

犬に骨を与えることは犬にとって様々なメリットがありました。

実際犬も骨が大好きです。

しかし体にいいと思って与えていても気をつけないと歯を傷つけたり、おなかを壊すことがあります。

与える際は、注意しながら与えましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

あんな硬いものも消化できるんだ〜!

3 名無しさん
通報

ある程度消化できるんだ。うちはトイプードルで骨も丸呑みしちゃうからあげてなかったけど小さいのからあげてみようかな!

2 有希
通報

骨を消化するほどの胃液って、犬の胃液はすごいんですね。人間だったら骨は消化できないですよね(魚の小骨くらいならできるでしょうけど)。ちゃんと消化されるというのを言われたら、心配なく骨を与えられます。興味深い内容でした。

2 キラキラ
通報

はい、そうです。私も、犬と骨はすぐにつながります。アニメの影響かわかりませんが、犬といえば骨って感じが子供の頃からありますね。骨を与えると、メリットがとても多いというが分かったので、一度出そうかと思います。骨がそんなに素晴らしいものだとは意外ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー