犬の首輪。正しい選び方やハーネスとの違いを解説。

犬に首輪をつけようと思います。好みで決めたいものですが、犬にとってはどういうものが良いのでしょうか。ハーネスというものもありますが、どちらがいいのでしょうか。調べてみました。

犬の首輪。正しい選び方やハーネスとの違いを解説。

首輪について


首輪は犬の首に着けるものです。   これはお散歩をしているとよく見るタイプですね。   首輪をつけるメリットとデメリットは何でしょうか。

メリット

犬の首に着けているので、首を指示を出すことができるという点でハーネスとは違いメリットです。   その為首輪はしつけがしやすいといわれてメリットでもあります。   ハーネスより装着が簡単であるという点でハーネスと違いメリットです。   またつけっぱなしでもよいという点でもハーネスと違ってメリットです。   ではデメリットは何でしょうか。

デメリット

犬の首に着けているので、首が閉まってしまい、呼吸への負担がとても多いという点でハーネスとは違いデメリットです。   首への指示を強くし過ぎるとむち打ちになってしまったり、呼吸への圧迫が大きすぎると呼吸困難になってしまうことがあるという点でもハーネスと違いデメリットです。   首より頭が小さい犬は首輪が抜けやすくなるというデメリットもあります。   首輪にはいくつか種類があるのでしょうか。

首輪の種類

首輪といってもいくつか種類があります。   その一つの種類としてベルトタイプという種類があります。   これは、昔からある一般的な首輪の種類です。   人間がするベルトと同じ構造になっています。   バックルタイプという種類もあります。   この種類は布製の首輪で両端にあるプラスチックの部分をはめてつなげるタイプの種類です。   値段が安くて、小型犬に着けている人が多いかもしれません。   チェーンチョークタイプという種類もあります。   これはすべて鎖でできてる種類で、大型犬に着けている人が多いです。   ハーフチョークタイプという種類もあります。   半分が布か革で半分が鎖でできている種類です。   プレミアカラーという種類もあります。   ハーフチョークタイプの鎖の部分が布でできているものです。   スパイクチェーンタイプという種類もあります。   チェーンチョークタイプと似ていますが、一部にとげがあり引っ張り癖がひどい犬に使われています。

どんな犬に合っているか

首輪はハーネスと違いしつけがしっかりできるので、しつけがまだできていない犬には首輪をつけることをおすすめします。   首輪によってしっかりしつけをして、コントロールできるようにするなら、後でハーネスに変えても安全だといえます。   子犬などは最初は首輪の方が良いといえるかもしれません。   また首がしっかりしている犬や、頭が大きい犬は首輪が取れにくいいので首輪が良いといえるかもしれません。   ではハーネスはどのような違いがあるのでしょうか。

ハーネスについて


ハーネスは、首ではなく、胴体に着けるものです。   ハーネスは胴輪とも呼ばれていることからもわかります。   もともと馬の胴体に取り付ける手綱などをハーネスと呼んでいたようですが、犬の胴体に取り付けるものもハーネスと呼ばれるようになりました。   ちなみにロッククライミングや工事現場などで人間が使う胴体に着けるものもハーネスと呼ばれていますね。   ハーネスを付けるメリットとデメリットは何でしょうか。

メリット

首輪のように首への締まりがないので、呼吸への負担が少ないという点が首輪と違いメリットといえます。   また首への負担も少ないので、犬が呼吸困難になったりむち打ちになったりすることがないという点も違いがあってメリットでしょう。   楽に犬と歩くことができるのでメリットです。   負担が少ないという点が最大のメリットですね。

デメリット

デメリットはなんでしょうか。   首輪と違って指示が伝わりにくいという点が首輪と違いデメリットです。   止まれや進めなどの指示をしつけようとしてもしつけにくいという点でデメリットなのです。   犬の引っ張り癖がついてしまうこともあるので、別の方法で支持を理解させる必要があるという点もデメリットです。   引っ張り過ぎて事故を起こしてしまうという点でもデメリットになりかねません。   ハーネスの種類にはどんなものがあるでしょうか。

ハーネスの種類

ハーネスの種類も色々あります。   3Dハーネスという種類があります。   これは足を通さずにハーネスを付けることができる種類です。   2Bハーネスという種類もあります。   これも8の字型をしたものでこれも足を通さずにハーネスを付けることができる種類です。   ベスト型ハーネスという種類もあります。   名前の通り、ベスト型をしている種類です。

どんな犬に合っているか

小型犬にはハーネスが向いているといえます。   小型犬は気管が小さいですし、呼吸困難を起こしやすいので、ハーネスの方がいいといえます。   特にポメラニアンやヨークシャテリア、トイプードルなどは気管が狭いのでハーネスがいいといえます。   他には椎間板ヘルニアになりやすい犬種にとってもハーネスの方が良いといえるでしょう。   ダックスフンドやトイプードル、チワワなどが椎間板ヘルニアになりやすい小型犬として知られていますので、それらの種類を飼っている場合はハーネスの方が首輪より良いといえます。   老犬になった小型犬は昔首輪で散歩していてもハーネスに変えることができます。   歩きづらくなっている小型犬の老犬はハーネスによって補助しながら散歩することにより、体への負担を軽くすることができます。   首輪での散歩を続けると、小型犬が疲れてしまったり、首輪に引っかかって小型犬がけがをしてしまうこともあります。   なるべく早い段階で小型犬の老犬は首輪からハーネスへ変更をすることができます。

まとめ

自分の飼っている犬が首輪が向いているのか、ハーネスが向いているのか見極めてしっかりしつけをしていくことができます。   犬の体の為にも合った首輪やハーネスを使うことによっていつまでも健康に散歩することができます。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬の胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法について紹介!

      飼い主のみなさん、愛犬に愛情たっぷりの手作り胴輪をプレゼントしてみませんか?手作りすれば愛犬にぴったりで自分もお気に入りの胴輪になりますよ!おもっているよりも簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。今回は胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法をご紹介します。

      5820

    • パグにおすすめのリードは?リードのしつけ方についても解説。

      パグはもともとあまり豊富な運動量を必要とする犬種ではありませんが、太りやすいパグにとって肥満防止やストレス発散、健康維持のためにはもちろん、社会性を身につける上でも散歩はとても大切な日課です。また、飼い主との絆を深めるためにも、早いうちからリードをつけて散歩をするしつけを行いましょう。

      7145

    • 犬が首輪を嫌がる時の対策やしつけ方を解説!

      飼い犬を散歩に連れて行こうと思った時は必ず首輪をつけなければなりません。リードをつけないで散歩しては制御不能になるばかりか、ほかの人に迷惑をかけかねません。しかし首輪やリードを嫌がる犬は少なくありません。なぜ嫌がるのでしょうか?そして対策やしつけ方について見てみましょう。

      6126

    • 犬の首輪!人気なブランドをご紹介!

      毎日の愛犬のお散歩。せっかくならかわいい首輪でコーディネートして、ワクワク気分でお散歩を楽しみたいものですよね。人気ブランドの首輪の中から、愛犬に似合うお気に入りを見つけてみてください♪

      7932

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      28776

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆