猫が狭いところが好きなのはどうして?理由はあるのか?

猫が狭いところが好きなのはどうして?理由はあるのか?

1760
update

どの猫も狭い場所に入っていることがありますね!狭い場所に何匹も入ろうとしていることもあります。不思議ですね。でもその仕草は見ている飼い主にとっては癒されてしまいます。では猫が狭いところが好きなのはなぜか?理由に迫ります!

1760
update

猫が狭いところに入りたがる理由って何だろう?

猫 狭い ところ

www.flickr.com

猫を飼っていると、え?こんな狭い所になぜわざわざ入るのかって疑問になりませんか?

小さい籠や小さなダンボール、狭いところで静かにしていることがありますね。

そんな姿はとってもかわいいですが、その理由を知りたくなりますね。

猫が狭いところが好きな理由 その1:本能によるもの

猫が狭いところを好きな理由は、やはり猫が持つ本能が関係しています。

猫は元々狩猟動物でした。その名残があるようです。

獲物を狙い、敵からも身を隠し、危険から自分の身を守るために狭いところに入ります。

狭いところが好きというより、本能で入ってしまうんですね。

猫が狭いところが好きな理由 その2:居心地が良く安心できるため

やはり猫が狭いところに入る理由は、居心地が良いからです。

狭いところのフィット感が落ち着けるのでたまらなく安心するようです。

小さくて狭いダンボールを見ると、ついつい入ってしまうのは安心感が欲しいことが理由です。

なんとあの狭い靴の箱の中に、猫が2匹も入っていたということも耳にするぐらいです。

人間からすれば息苦しいのでは?と思いますが、猫にとってはあの狭さが大好きなんですね。

狭くてあったかいのも理由のひとつです。

猫が狭いところが好きな理由 その3:獲物を確保するため

猫が野生で生きていた時代は、獲物を捕ったら狭いところに持っていって確保していました。

獲物は絶対に渡さんぞ!と主張して大切に保管していたんですね。

その名残が今でもあるようです。

またネズミが小さい穴や狭いところにいることも知っていたので、侵入して捕らえることもしていたのでその習性が今も残っています。

猫が狭いところが好きな理由 その4:獲物を取られないようにするため

猫は人間と暮らす前は、大切な獲物を捕ったら、他の猫に取られないように狭いところに隠して生きていました。

そんな名残が残っているので、猫は狭い押し入れに入っているのもごく自然なことなんです。

猫が狭いところが好きな理由 その5:暑さや寒さから逃れるため

猫が狭いところが好きな理由として、暑さや寒さ対策をしていることが分かっています。

特に猫は寒さが苦手なので、狭い場所にいることが多いです。

狭いところに入る事で、体温を外に逃がさずにいられることが理由になります。

狭くて暗い場所は、寒さ対策になり、気持ちも安心できるようです。

猫が狭いところが好きな理由 その6:外敵から身を守るため

猫が狭いところに入る理由は、外敵から自分の身を守ることができるからです。

猫は本能的に狭いところに入っても、すぐに出られる体勢にいるのは敵からすばやく逃げられるためです。

狭いところで周囲に囲まれて安全で隠れていられる・・・。

本能であるとしてもとても賢いですね!

猫が狭いところが好きな理由 その7:一人になりたいため

猫は一人になるのも好きです。

狭いところに入ることで、猫のストレスも軽減されることが分かっています。

つまり猫自体、精神的に癒されることが理由です。

また猫が病気をした時には、狭いところでじっとしている傾向があります。

つまり回復するのを一人で静かに待つわけです。

狭いところにいると安心していられること、敵から見つからないようにいれることでストレスや病気も良くなるわけです。

ですから、飼い猫であれば一人になれる空間をつくってあげると喜びますよ。

愛猫が入れる小さな籠でもいいでしょう。

ドーム型のベッドを置くだけでもいいですね。

猫は好きな場所を探して入るのが得意なので、どこに入るか観察するのも楽しいですね。

まとめ

猫が狭いところに入るのは様々な理由がありました。

確かに、狭いところが好きではありますが、本能で入ってしまうこともあるんですね。

愛猫が狭いところに入る姿は笑いを誘いますね。ぜひ楽しんでください!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー